これはやめて!!O脚の間違った治し方

スポンサーリンク

あなたはO脚を直す方法いろいろな方法を試し思います。

インターネットで検索をしたり、YouTubeの動画を見たり、本や雑誌の情報試してみようと思い行っていませんか?

自分で何度がしてO脚を改善しようと言うのは非常に素晴らしいです。

しかししかし多くのサイトでは間違ったO脚の矯正方法を伝えているものが多すぎます。

今回この記事では間違った O脚矯正にたいした知識をお伝えしていきたいと思います。

 

これだけはやめて間違ったO矯正方法

それでは早速お伝えをしていきますが、やって欲しくないO脚矯正のポイントを2つお伝えします。

①紐でO脚の部分の膝を縛る

②O脚グッズの靴を履く

 ③自力で膝をくっつけようとする

この2点が O脚を矯正するときに行って欲しくないことです。1つずつ説明をしていきます

 

紐でO脚の部分を膝で縛る

O脚と言うのはそもそも見た目が横に広がっていて起こっているように見えますが、実際は単純に広がっているだけではありません。

股関節とすねの骨がねじれてしまっているからこのような状態になってしまいます。

紐を縛る時と言うのは単純に横に広がった骨を下に戻そうとすることを目的に行いますが、そもそもねじれが出ている状態を元に戻すと、膝の関節を痛めてしまう可能性があります。

膝を無理矢理内側に閉じると言うのは絶対にやめましょう

O脚グッズの靴を履く

O脚グッズの靴と言うのは理論的に間違ってはいません。

ほとんどの場合小指側を浮かして親指に体重をかけるようにする靴が大半を占めます。

これ自体は決して間違ってはいないのですが大きな問題点が1つあります

自分の力ではなくあくまでも靴の力を借りているだけ

靴を履いて確かに治ったとしても、それはきっちりと治っただけでなくただ単に靴のおかげで治ったように見えるだけなのです。

足をきれいに見せるために履いたりをするのは間違いではありませんが、O脚をしっかり直そうと思ったときにはO脚グッズの靴に頼るのは良くありません

O脚になると小指重心になってしまうために足首が内側に折れてしまいます。それによってO脚だけでなく外反母趾にもなってしまうので矯正と言うのが絶対に必要になります。

スポンサーリンク

 

自力で膝をくっつけようとする

O脚を改善するときには自分自身でも気を付けてもらう点がいくつかあります。

しかし開いた足を単純にくっつけようとするのは全く効果がありません。

それどころか、逆効果になってしまうこともよくあります。

紐で縛ると言うのと非常に似ていますが、O脚と言うのは単純に膝が開いているのではなく足首と股関節と脛の関節のねじれによって起こります。

これらを理解しないまま無理矢理膝をくっつけようとすると、逆に膝の関節を痛める可能性があります。

 

そもそもO脚の原因って何?

そもそもO脚の原因を知らないと上記がなぜ間違っているのかがわからないと思います。

大きく分けて原因は3つあります。

①内股になっている

②小指側に重心がかかっている

③お尻の閉まりが悪い

以上3点が O脚の方に必ずある3つの共通点です。

この3つがあるから紐で膝を縛りましょう。

小指側に体重、重心がよっているから靴を小指側が高い靴を履きましょう。

と言うのがあります。

しかし、これらは対処であって治療ではありません。

1日中紐はつけられません。靴を一生履き続けることはできません。

この様な理由から治すのではなく、あくまでも一時的な対処にしたかならないという事です。

これらの共通点を解消する方法は下記に載せていますので是非一度参考になさって下さい。

O脚を治す時に必ず行なって欲しい3つの事

まとめ

O脚の間違った治し方についてお話をしました。

O脚を治す方法って実はとてもシンプルです。しかし、正しい情報があまりありません。

靴を買う

、紐で縛るなど効果が不明なものや、続ける事でひどくなる方法は情報として出回っています。

この記事を読まれているあなたにとって少しでも有益な情報になれば幸いです。

ひこばえ整骨院ではO脚の治療をとても得意としています。

上記でご説明した通り悪い痛い部分だけを見るのではなく姿勢から全て改善して体にかかる負担をできるだけ減らすようにしていきます。

もしあなたがO脚で悩まれているならば一度下記をご覧ください。

スポンサーリンク

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。