足を細くするために正しい姿勢と正しい歩き方

スポンサーリンク

あなたは上半身痩せても下半身だけがどうしても痩せないと言うことで悩まれていませんか?

足を細くするためにマッサージをしてみたり機械などを使って足をほぐしたりすることがあるかもしれません。

一時的には非常に気持ちが良くその場だけではすっきりすることがあるかもしれません。

しかし時間が経過したり次の日に仕事をしたりすると、晩にはまた同じようにむくみやだるさが残る事はありませんが?

実はどれだけ自分でマッサージをしたり機械を使っても取れないには理由がきっちりとあります。今からその理由とどのようにして足を細くしていくのかを説明をしていきます。

足が太くなり痩せないのは歩き方のせい

いちど自分の足を見てもらえますか。足にタコができていないでしょうか?

もし足にタコができているしかも小指側にタコがあるならば足が痩せない原因の1つです。

どういうことかといいますと、タコと言うのは同じような刺激が同じ場所に連続的に当たっているときにできるものです。

長時間歩いたりしても足が硬くなったり1部分が凝るような感じになるかと思いますが、過去も同じように小指側にあると言う事は、小指側ばかりに重心が乗っていると言うことです。

足が痩せない人つの理由として立方が悪く歩き方がうまいことできていないということが原因の1つとしてあります。

男性はあまり足だけが太いと言う悩みを持たれている方は少ないのですが、女性は男性に比べて圧倒的に多いと言うのが特徴です。その原因が小指側に重心がかかってしまっていると言うことが1つの要因なのです。

足の裏が地面に着くまで

足の裏が地面につく手順ですがまず、踵から地面についていきます。その後足を蹴り出すような感じで、地面から踵が離れていくのですが、 1番最後足を切り出す時と言うのは親指と小指側から地面に体重が逃げていきます。

本来足の裏にタコができる時というのは親指側にできていると重心がまだ中に入っている証拠なのですが、小指側にあると言う事は外側に逃げてしまっていると言うことです。

重心と言うのは外側で地面に逃す事はできません。基本的には内側の親指と人差し指の2本から地面に体重が逃げていきます。

正しい歩き方をすることで、内側の筋肉外側の筋肉、前後の筋肉をまんべんなく使ってくれますが、小指重視になってしまうことで外側ばかりの筋肉を使ってしまいます。

そうすることで太ももの前の筋肉が発達し、そして外側の筋肉も発達してしまいます。

これが続くことで筋肉が必要以上についてしまう +足が非常にむくみやすい状態になってしまいます。

正しい姿勢とはどのような姿勢なのか

上記で歩き方が悪いと、足が太くなる理由をお伝えをしましたが、ここでは正しい姿勢と言うのをお伝えしていきます。

まず真っ直ぐに立ってみてください。横見たときに、

スポンサーリンク

耳の穴、肩、股関節の出っ張り、中指、膝の外側、足首の外側

この6つが一直線上になったときに1番きれいな姿勢と言われています。この姿勢をスタンダードとして考えていきます。

この正しい状態から歩き出すことが1番ベストです。

しかし、実際正しい姿勢を常に維持することが非常に難しいです。そこでとても簡単な方法をお伝えをします。

簡単に姿勢を正す方法

胸式呼吸で肋骨が上がる位まで息を吸い込みます。

実はこの方法だけで姿勢をまっすぐにすることが可能です。

一度やっていただきたいですが足を肩幅に開いてください。

その状態からみぞおちに手を当てていただいて思いっきり大きな呼吸をしてください。

みぞおちが凹むぐらいまで呼吸が出きるとオッケーです。この時の呼吸は胸式呼吸です。

その姿勢を横から鏡で見てみて下さい。おそらく非常にきれいな姿勢になっていると思います。

姿勢をまっすぐすると言うのはとても難しそうなイメージがあるかもしれませんが、このように深呼吸を1回するだけで姿勢というのは非常にまっすぐになりますのでぜひ日常の中で行ってください。

もしわかりにくい場合は壁に背中を全てつけてください。

頭、肩、背中、お尻、太もも、踵を全てつけることでまっすぐの姿勢になることができます。

全部をあなた体を壁に押し付けるような感じですると正しい姿勢になります。

正しい歩き方とは

次に正しい姿勢を作った状態で正しい歩き方を行っていきたいと思います。

先程の6つのポイントをまっすぐにするという形でも全然大丈夫ですが、もし難しいならば歩く前に大きく深呼吸をしてください。

これで準備が完了です。

地面に1本の線を描くようにしてイメージして下さい。

その線の上を歩くようにしていつもより半歩大きく足を前に出します。

踵からついて、蹴り出しは親指と人差し指から蹴り出す様にして下さい。

足の角度が10°外に向く様にして下さい。

そうする事で綺麗に歩けるとともに、足の内側と外側の筋肉を同時に使ってくれます。

足を細くするのにはこの歩き方が非常に大切になります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

足を細くするために、マッサージをしたりするだけでなく、 1番基本となるのは歩き方です。

歩き方が悪くなってしまうと、筋肉の使い方が全く変わってくるので日々の積み重ねで足がどんどん太くなってしまいます。

逆に言うと日々の歩き方や立ち形が変わるだけで、足を細くすることが十分可能です。

上記のお話をまとめると

①歩く時はいつもよりも少し大股

 ②蹴り出すときは親指と人差し指で地面を蹴る

③正しい姿勢は耳、肩、股関節、膝、外くるぶしが一直線に来るようにします

この3点を理解した上で歩いていくと確実に足は細くなっていきます。

この3点は日常の生活の中で気をつけることができますのでぜひ参考にし実践してみて下さい。

 

スポンサーリンク

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。