整体師が教える便秘解消におすすめのサプリメント

あきこさん
毎日スッキリ便出れば体も軽くなるし楽になのに。本当に便秘辛いから…下剤には頼りたくないし。
さいとう

あきこさん。そうですよね。便秘は辛いですよね。下剤や便秘薬は腸に負担がかかるからできれば取りたくないです。

あきこさん
そうです。そんな私でも便秘解消する方法ってあるのですか?
さいとう
大丈夫ですよ。まず便秘の原因から紐解いて、自分自信の体を知ることも大切ですね。

女性に一番悩みの多い便秘

一般的に便秘を解消する方法として座薬に通ったり便秘薬を飲んで解消しようと思われている方が多いのではないでしょうか? 

もちろん短期的に考えたとき便秘薬を飲んだり下剤を使って便秘を解消するときの方法は良さそうな感じがします。

しかしその副作用として、胃がいたくなったり便が出にくくなったり薬の量を増やさなければ体が反応しないと言う状況に陥ります。

今回はそのような状況にならないためにもサプリメントを1つの方法として、解決方法に取り入れていただきたいと考えております。

 

便秘の原因とは?

さいとう
まずは、便秘の原因を知る事が改善への近道です。

通常は食事を食べてから1日以内に便を排出します。

通常で考えると毎日出るのが理想的です。

24時間以内に出すのが通常ですが、便秘気味と言う形では2日に1回、ひどい方になると1週間便が出ていないと言うような状態も珍しくありません。

 1週間出ていないとお腹の張り感が出てとてもしんどいです。

便秘の原因は大きく分けて5つに分かれます。

  • 食物繊維の不足
  • 水分の不足による便が硬くなる
  • ストレスによる腸機能の低下
  • 加齢による腹筋力低下
  • 腸内環境の低下(便秘薬の常用)

これら5つの原因が便が出ない原因とされています。

 1つずつ説明をしていきます。

①食物繊維の不足

食物繊維をたくさん取ると便秘を解消できるという事は1度は聞かれたことがあると思います。

バナナやヨーグルトを食べると朝にとても良いと言うのも一般的だと思います。

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類に分かれます。

とても難しい言葉ですが簡単に言うと、腸内の善玉菌を増やす効果があってお腹の中でゲル状に柔らかい便を作る働きがあります。

これが水溶性食物繊維の特徴です。

不溶性食物繊維と言うのは腸の中で水分を吸収して膨らみます。

便を大きく増やして、朝のぜん動運動を活発化させて便通をよくします。

ぜん動運動と言うのは腸が絞り出す動きのことをいいます。

腸の動きをよくすることによって便通をよくするのが食物繊維の働きです。

ただし食物繊維を摂りすぎると腸を傷つけたり下痢になりやすいと言う傾向もあります。

 

食物繊維が体の中からすくなってしまうと上記と逆のことが起こります。

腸のぜん動運動を起にくくなるので余計に便秘気味になってしまいます。

そしたら、単純に色も繊維が入った野菜をたくさんとればいいのかと言われればそうでもありません。

次にお話をする水分不足も食物繊維と重要な接点があります。

 

②水分不足により便が硬くなる

水分が足りなくなると便が硬くなるのは容易に想像できると思います。

食物繊維をとって腸の動きを活発化させようと思うと体から水分を吸収する必要があります。

吸収しようと思ってもそもそも体に水分が足りていないと吸収する成分がなくなってしまうので便が硬くなってしまいます。

そうすることによって本来は必要な水分量が足りないため腸の中でつまります。

野菜をたくさんとっていますと言う方がいらっしゃいますが、野菜だけとっても水分量が足りていなければ便通は改善されません。

1日の目安として1.5リットルから2リットル程度水分を取る必要があります。

水分と言ってもコーヒーや紅茶お酒などのアルコール類は水分には含まれません。

純粋にお水もしくは麦茶などを水分として考えて下さい。

 

③ストレスによる便秘

ストレスが積み重なっても便秘になることがあります。

例えば仕事が忙しくなったり生活習慣が乱れてしまったり、睡眠不足になってしまっても同じように腸の動きが悪くなってしまいます。

内臓はストレスの影響大いに与えます。

腸の動きが悪くなってしまうことによってぜん動運動がスムーズに行われないために便秘になってしまうケースです。

腸内環境も悪くなってしまうためより悪化するケースが多いです。

 

④加齢よる腹筋力の低下

運動不足によって筋力は著しく低下してしまいます。

例えば1日中家の中でじっとしていたり、普段の仕事ではデスクワークが多く、運動する機会が少ないという方は便秘になる可能性が多くなります。

排便の時には誰しも腹筋を使います。

腹筋を使うことによってお腹の中の圧、腹圧と言うものが上がり腸が刺激されます。

腸が刺激されることによってお腹のぜん動運動が促進されるので便が押し出されます。

腹筋の力が著しく低下してしまうと朝の動きが悪くなってしまうため、便秘につながってしまいます。

 

⑤腸内環境の低下

腸内環境と言うのは、人の腸には沢山の腸内細菌があります。

聞かれたことがあるかもしれませんが善玉菌と悪玉菌と中間の菌(日和見菌)というのがあります。

これらの菌がバランスをとることによって、腸内環境を整えていきます。1番多いのが中間の菌で次に善玉菌最後に悪玉菌があり、悪玉菌は非常に少数です。

腸内環境が低下するというのは悪玉菌が増殖ししまったときに起こります。

 

そしてもう一つ重要なことがあります。

ダイエットを頻繁にする方が便秘になりやすいのですが、過度な食事制限や絶食をすることによって腸の刺激が少なくなります。

腸の中には絨毛(じゅうもう)と呼ばれる栄養素を吸収する絨毯のようなものがあります。

この絨毯のようなものが多ければ多いほど腸内環境が良くなり、バリア機能が高まるので善玉菌などが増えやすい傾向にあります。

しかし、ダイエットを頻繁にする方は食事量が極端に減ってしまうので、腸への刺激が少なくなってしまいます。

それにより、絨毛の量が減少してしまいます。

その結果善玉菌が減ってしまうので代わりに悪玉菌が増えてしまうと言う悪循環に陥ります。

腸内環境が乱れてしまうことによって、腸自体がが正常に働かなくなってしまいます。

以上便秘になってしまう5つの原因をお話ししましたが、この中でも食物繊維をとることと水分量をよくとることそして腸内環境を整える事は絶対に必要なことです。

 

一般的な便秘解消の方法とは?便秘薬の落とし穴

あきこさん
えっ!?便秘薬ってよくない??
さいとう
そうなんです。使い方を間違えると便秘をより助長してしまうんです。

一般的に便通をよくするための方法として

下剤、便秘薬、ヨーグルト、運動する、水分をよくとる、食生活を整える、などの方法があります。

どの方法も決して間違ってはいませんが、下剤と便秘薬は特に注意が必要です。

下剤と便秘薬を常用する事で逆に便秘を促進してしまいます。

 

簡単に説明をすると、下剤を使って便秘を解消する方法は、腸に無理やり水分を含ませて、絞って便を出すというのが下剤の役割です。

下剤を飲むとお腹が締め付けられる位痛みを感じながら便を出します。

腸のぜん動運動を促進しますが、あくまでも自分の力ではなく、薬によって無理矢理腸を動かしているのと同じ状態が起きてしまいます。

腸の働きが極端に悪くなってしまうなのでオススメできません。

また、便秘薬に頼って便を出していると、腸そのものの機能が低下してしまうので自力で便を出すことができなくなってしまいます。

癖付いてしまうと言うよりも自分の体が弱ってしまっていると考えてください。

 

私が、サプリメントである善玉元気をお勧めする理由

さいとう
便秘の方に私がお勧めするサプリメントがあります。
あきこさん
サプリメントですか?なんか不安です。
さいとう
そうですよね。摂った事がない方にとっては不安ですよね。でも一度サプリメントの良さをみて下さい。
あきこさん
先生が言うなら一度みてみようかな。

私は便秘を解消する方法として、サプリメントをおすすめします。

沢山のサプリメントがある中で私がおすすめするサプリメントがこれです。

善玉元気。

なぜ整体師の私がこのサプリメントをお勧めするのでしょうか?

理由は3つあります。

  1. 副作用がない
  2. 余計な食品添加物が非常に少ない
  3. 毎日続けることができる

これらがお勧めする理由です。

ヨーグルトも善玉菌がたくさんあるじゃないかと思われるかもしれませんが、ほとんどの場合善玉菌は胃酸によって全てなくなります。

胃を通過しなければ腸に直接届くことができません。

また毎日3食とも食事を気をつけることができるかと言われれば現実的に難しいのが大きいと思います。

サプリメントによって食品添加物が非常に多いものもありますが、善玉元気に関しては上記でお話ししたような食品添加物がほとんど入っていません。

副作用については先ほどお話をした様に、便秘薬や下剤に頼ると便秘を解消する為に飲んでいても、逆に便秘になってしまう可能性があります。

それに対して善玉元気は腸内環境を整える事に特化しているので副作用を感じる事がありません。

上記をご覧いただくと実際に使われた方の声なども載っているので一度ご覧になってください。

 

サプリメントを取る際、選ぶ際にに気を付けるもの

あきこさん
腸にはよくても体に悪いものが入っていると体調が心配ですよね。
さいとう
そうですよね。便秘が解消されても体に悪いものが入っていたら意味がないですね。

そうです。全てのサプリメントがいいとは限りません。選び方にも十分注意が必要です!

それが

食品添加物

です。

サプリメントを固める時に食品添加物を使うのですが、いいものが入っていたとしても添加物が多いと腸を傷つける可能性があります。

いろいろな食品添加物がありますが、 代表的なものとして

合成着色料、合成保存料、防腐剤、防カビ剤、酸化防止剤、合成香料、人工甘味料、乳化剤、膨張剤、安定剤、発色剤、光沢財、決着材

沢山あって難しいですよね。

これらのものが有名ですが私がお勧めしている善玉元気が

上記全ての食品添加物を使っていません。

どれだけ腸内環境を良くすると言っても、食品添加物が多いと肝臓などに負担がかかるので一切お勧めできません。

摂取してもいいとはされていますが、それでも体に悪い事に越した事がありません。

サプリメントを選ぶときに効果はもちろん大切なのですが、摂取しても体に悪くないものなのかということを念頭に置く必要があります。

まとめ

便秘を解消するためにはたくさんのことを心がけなければいけません。

毎日忙しい方にとって全てを気を付けると言うのはとても難しいと思います。

サプリメントを活用することで体の外側からだけでなく内側から腸内環境を整えることができるので、効率も良く非常に結果が出やすいです。

今回の記事をご覧になってぜひサプリメントを取ることの参考にしてください。

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。