ダイエットにサプリメントを使わない方がいい理由

スポンサーリンク

 

今テレビを見るとたくさんのダイエット食品やサプリメントがあると思います。

もしかしたら今この記事を読まれてであなたも1度ぐらいはサプリメントを飲まれたことがあるかもしれません。

新聞の広告や電車の中の広告などにもサプリメントの広告が載っていることがあります。

実際に多くの方がサプリメントなどを飲まれて痩せたとか1週間でマイナス10キロなどとても誘惑的な言葉が並べられています。

実際に痩せたのでしょうし、嘘をついているわけではないと思います。

しかしサプリメントでダイエット成功した場合とても危険なことが待っています。

それが何かを今からご説明いたします。

サプリメントで痩せた場合はほとんどの場合リバウンドをします

これはサプリメントだけでなく他の短期ダイエットにも共通して言えることですか、短い期間でダイエットをした場合は体がついていかないためリバウンドをする可能性が非常に高くなります。

サプリメントの場合は食事内容や体が変わっているわけではありませんあくまでもサプリメントを飲んでいるから痩せたと言う結果が待っているだけです。

置き換えダイエットなどもそうですが今まで食べていた分のカロリー数を減らしてその分サプリメントで低カロリー高タンパクなものを食事してとっていきます。

しかし実際は低カロリーで高タンパクのものを常に食べ続けると言う事は現実的に不可能です。

サプリメントがダメと言うわけではなくサプリメントを飲み続けなければその体型や体重を維持できないと言うことになります。

例えばずっとサプリメントを今後も飲み続けるということに対してはサプリメントでダイエットをすることが非常に良いことだと思います。

しかし痩せるためにサプリメントを飲みダイエットが終わるとまた普通の食事に戻すと言う場合は正直言うとあまり意味がありません。

そしてもう一つ注意をしなければいけないことがあります。

それはダイエットをしていくら体重が減ったとしても脂肪が減ったのが筋肉が減ったのかをしっかりと見極める必要があります。

例えば体重は減ったけども体脂肪率は変わらない。逆に体脂肪率が増えたと言うこともよくあります。

この体重は減ったけども体脂肪率が増えたと言うのが1番恐ろしいということなのです。

単純に筋肉が落ちてしまって脂肪が増えて体重が減ったと言う事にしかなりません。そうなると下の筋肉量まで増やそうと思うと運動が必要になってきます。ダイエットのためにサプリメントを始めたのに結局は筋肉量を減らしてしまうとリバウンドをするだけでなく今度は痩せにくい体質を自分で作ることになってしまいます。

サプリメントがダメなのではなくその大元のサプリメントに頼らなくても体重が減る体にしていかないといけません。

 

サプリメントは食品添加物まみれ

よく考えていただきたいと思います。CMや広告なのでよく1時の野菜の約8割の栄養素が取れます。しかも金額は一食100円と言うようなものがよくあります。

しかし実際売っている野菜はそんなに安いものはありません。

1日の栄養素をそれだけで取れるのであればもっと金額が言ってもおかしくないはずだと思いませんか?

スポンサーリンク

実際にそのサプリメントを調べるとその栄養素は入ってるかもしれませんがそれ以外のほとんどの中身をと言うのは食品添加物で固められています。

スナック菓子やチョコレートなどを食べることを比べるとずっとマシですが、しかしサプリメントも食品添加物や人工甘味料を使っているので体に決して良くありません。

あまり常用して飲み続ける事は私個人としてはお勧めはできません。

 

短期ダイエットの落とし穴

サプリメントでよく歌われるうたい文句と言うのが短期ダイエットです。

短い期間で何もせずこれだけ飲めば大丈夫と言う甘いキャッチコピーに誘われてサプリメントなので短期的に痩せようと思われる方も多いのではないでしょうか。

これだけ短期間で簡単に痩せ痩せられると非常に嬉しいと思います。しかし体には恒常性と言う機能があります。これは外からの刺激に対して体が守ろうと言う反応なのです。

一気に体重を戻すと体がびっくりをします、なんでこんなに一気に体重が減ったのだろうか?このまま体付けると体が危ない状態になるんじゃないだろうか。

と思い逆に脂肪を蓄えるように反応していきます。こうなるとどんどんどんどん痩せにくい体に変わっていってしまいます。

体はそんなに一瞬にして変わる事はまずあり得ません。サプリメントで端的にダイエットをして成功してもこの体の反応が出てしまうために食事を下に戻した瞬間に一気に脂肪や体に不必要なものを蓄えようとする機能が働いていきます。

これがよく言われるリバウンドです。

リバウンドの1番ややこしいところは、もともとあった体重よりもさらに増えてしまうことが1番大変なのです。

しかも減った中身が脂肪ではなく筋肉だった場合に上にダイエットを頑張ろうと思ってもほとんど痩せることができません。

これがよくあるリバウンドを何度も何度も繰り返して最終的にもともとの体重もいらなくなってしまう方のパターンです。

ではサプリメントはどのようにして使うのが

あくまでもサプリメントやプロテインは栄養補助食品として使ってください。例えば仕事が忙しくてどうしても食事がままならない時間帯があったりとかそういう日がある場合はサプリメントやプロテインを飲んで栄養補給を早めていきます。

そしてしっかり取れるときはサプリメントやプロテインに頼らず普通の食事できっちり栄養が取れる状態にしていきます。

そうすることで体に癖付くことがないので上手にサプリメントやプロテインを飲みながらダイエットを成功することができます。

しかしあくまでもサプリメントやプロテインはあくまでも補助食品ということを忘れず基本的には食事で栄養などをとるようにしていきましょう

まとめ

いかがだったでしょうか?

サプリメントやプロテインは決して悪いわけではありません。

しかし使い方を少し頭を間違えてしまうと体にとって悪いことですか起こりません。

特に筋肉が減ってしまった場合非常にそれを元に戻すことが困難となってきてしまいます。

筋肉が落ちる事は非常にもったいないことなので絶対に筋肉を落とさずにしっかりと体重を減らすようにしていきましょう。

スポンサーリンク

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。