ダイエットに停滞期はなぜあるのか?

スポンサーリンク

 

ダイエットをしていると必ず訪れのがこの停滞期です。

1番理想は停滞期がなくどんどんどんどん体重が減ってくれるのが1番理想では無いでしょうか?

しかし実際はほとんどの場合停滞期を迎えてしまいます。多くの方は停滞期=悪いと思われている方が非常に多いですか実はこの停滞期は必ず痩せるためには必要なものなのです。

逆に言うとダイエットを成功させるためにはこの停滞期がなければ成功することはできないと言っても過言ではありません。

今からなぜ停滞期が必要で停滞期が来るのかを詳しくご説明いたします。

停滞が来る本当の理由

できれば停滞していうのは来て欲しくないと思うでしょう。しかし停滞期とは簡単に言うとその状態を体が覚えている期間なのです。

停滞期で特に多いのが1番初めは5キロ10キロ痩せたけどもそこからがなかなか痩せないと言う悩みが非常に多いです。

しかし逆に言うとその状態から変わっていないのであれば体がその状態を覚えたと言うことになります。

停滞期は人によって短い長いと言うものがありますが、いちどその状態に体重が減ったのを体になじませ身体に危険じゃないよと言う信号を頭に送ります。

実はこれが停滞期なのですが、体はどうしても体重が減ってくると危機感を感じてしまいます。

「もしかしたらこのまま体重が減り続けると体はやばい状態になるんではないだろうか」

と体は勘違いをしてしまいます。

サプリメントや短期的な無茶ダイエットをされてる方は、晩年停滞期と呼んでもおかしくはありません。

何故かと言うと体が急激に痩せようとする意思に対して体自体がストップをさせているからです。

一気に痩せてしまってるとかすると体はびっくりしてしまいますので痩せないようにと一生懸命努力をします。この結果少しのご飯の量などでも簡単に太ったりとかします。

 

停滞期の間はどうすればいいのか

停滞期は短い人だと2週間ぐらい長い人だと2カ月間位の期間が開いてしまいます。

もしこの期間中に何も変化は無いのであればまずはそのまま1ヵ月から2ヶ月間少し我慢をしてください。

この間に体が変化を受け入れているからです。

それでも全然変化がないのであればいちど食事内容を変えてみます。

なかなか勇気のいることですが例えばずっと甘いもの控えていたとしましょう。

1日2日だけチョコレートやそこまで糖質カロリー数が多くないものを選びそれをいちど食べたりをします。

すると体や脳が反応していくのでそこから一気に停滞期がなくなると言う場合もよくあります。

甘いものを食べる以外にもお肉を食べていない方はお肉を食べてみたりとか、魚があまり得意でない方は1口魚を食べてみるなどいつもの食事どう変えるということが大切になってきます。

甘いものを食べるときは消して食べ過ぎないようにだけ注意をしましょう。

スポンサーリンク

せっかく減ってきた体重が元に戻っては意味がありません。あくまでも1口2口ほんの少しだけで刺激を入れると言う意味で摂取するようにしてください。

しかし、注意することが1つだけあります。

ある程度体重にも適性と言うものがあります。実際永遠に体重が減るものではありません。

たまにですがとても細い方でこれ以上痩せることが難しいと言う形でももっともっとといい痩せることをしようとします。

ある一定のところまで行くと体は痩せにくい状態に行くのは自然なことなのです。

停滞期をきっちり把握することがダイエット成功につながる

ここでぜひ行って欲しいことがあります。それは

食べた物や体重を必ず毎日図るようにしましょう。

これだけでも体重の変化が出る方が実際にいらっしゃいます。まずほとんどの方は自分の体重を把握されてない方が非常に多いです。

把握してないと言うよりもできるだけ見たくないようにするイメージです。

しかし停滞期のことを考えるといつから停滞期が始まりどんな体重の変化を起こしているかをきっちり把握する必要があります。

お勧めの方法を下記に記します。

まずは朝昼晩の食事内容をすべて書き出してください。もし感触などをした場合は感触なども全て書き出していきます。もし(とが面倒ならば写真などを撮って目ですぐに見れる状態わかる状態にしていくことが1番オススメです。

そして次に体重は必ずいちにち2回図るようにしていきましょう。

朝も晩もそうですができるだけ一定の時間でわかるようにしてください。

例えば朝だったら朝起きてすぐ測ると言うのもいいですし、朝トイレに行ってから測るなどのように必ず一定の時間内や行動を行った後にわかるようにしてください。

あまりお勧めできないのが食後に体重を計ると言うことです。食後に図ると食べた分の量が出てしまうので実際に増えたのか減ったのかの継続計測がしにくいと言うデメリットがあります。

そしてもう一つは晩に体重を測ります。

晩もできるだけ同じ時間に測るのがいいですが、夜の場合は食事の後に図られることをお勧めします。そして朝と晩の体重差が 500グラムから700グラムまでの間の増え幅だったら食事の量は間違いありません。

もし朝と夜の体重の差が1キロ以上ある場合は食事の量が多すぎると言う可能性があります。

この体重の差をグラフ上に書いておくことで何をしたときに体重が増えて何をしたときに体重が減るのかというのが一目瞭然で見てわかります。

停滞期に入った場合でもその減ったところがきっちりとあるならば慌てる必要は一切ありません。

このような理由から日々体重夜食べたもので停滞期でも慌てない状態を作ることができます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

停滞期の見方が少し変わったのではないでしょうか?

停滞期と言えばあまり良いイメージを持たれない方も多いとは思います。

しかし実際は停滞期が全て悪いということではありません。体がその体重をしっかりと支えてくれてると言うことに他なりません。

停滞期は決して悪いものではなく体が慣れていく過程ですのでその過程を楽しむようにしていってください。

スポンサーリンク

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。