糖質ダイエットの正しいやり方

スポンサーリンク

ダイエットの方法と言う手もたくさんの種類があります。

一般的に多いのがカロリーダイエット。

単純にカロリー制限して摂取カロリーと消費カロリーのバランスをとることでダイエットをしています。

その他にもプロテインダイエット、サプリメントを使う、運動、パーソナルトレーニング。などいろいろな方法があります。

どれがよくでどれが悪いかの判断はなかなかつきにくいのでとりあえず全部やってみようと言う風になると思います。

今回はその中でも糖質ダイエットについて詳しくご説明をいたします。

なぜたくさんあるダイエット方法から糖質ダイエットを選ぶの?

インターネットで糖質ダイエットや糖質制限ダイエットと検索をすると非常に多くの内容が書かれたサイトがあります。

しかし実際に何がよくて何が良くないのかのよくわからないと思います。私個人としては糖質ダイエットお勧めをします。

糖質ダイエットも凄く良いと言われる方もいらっしゃれば逆に通すダイエットはダメだと言われる方もいらっしゃいます。また糖質ダイエットにもいろいろな名前の呼び方をします。

例えば糖質制限ダイエット、炭水化物ダイエット、ケトンダイエット、ケトジェニックダイエット。呼び方はたくさんありますがどれも微妙に違った解釈をしています。

今回はその微妙に違ってダイエット中でも体の王道に合ったやり方をお伝えしていきます。このやり方を理解するといろいろな名前がある中で違いが自分でわかるようになります。

糖質ダイエットを選ぶ理由と言うのは、 1番体が効率的に痩せることができて栄養不足を解消することができるからです。

例えばカロリー制限ダイエットでしようと思うとどうしても量が極端に減ってしまうので栄養不足がちになってしまいます。またサプリメントやプロテインを飲むダイエットにしてしまうと、ものによっては大丈夫と言うものがあるかもしれませんが、そのサプリメントやプロテインを一生飲み続けなければいけないと言う状態になりかねません。

だからこそ食事の内容を変える通すダイエットを推奨します。

炭水化物とはそもそもどのようなものなのか?

まず誤解を解いてもらうために言葉の統一から出きたいと思います。

まず糖質と言うのは、砂糖とかではなく炭水化物から食物繊維を引いたものが糖質です。

よく炭水化物ダイエットと言う言葉を聞きますが正しくは炭水化物を抜くのではなく、糖質抜いていて食物繊維は別で取らなければいけません。

よく新聞広告や、インターネットで炭水化物ダイエットをすると逆に体調が悪くなったと言う記事を目にしますがそれは当たり前のことなのです。

炭水化物と糖質と食物繊維を別考えてる方が多いので、炭水化物だけを極端に減らすと体調を崩します。ここだけは絶対に忘れないようにしてください。

例えば、ご飯は炭水化物ですがご飯の中には糖質と食物繊維がとても豊富に含まれています。

糖質ダイエットん時に1番のことが多いのがご飯なのですが、ご飯を抜くことで足も繊維が取れなくなってしまうので食物繊維だけはご飯以外のものでとらなければダイエット効果には。糖質ダイエットの時に1番のことが多いのがご飯なのですが、ご飯を抜くことで足も繊維が取れなくなってしまうので食物繊維だけはご飯以外のものでとらなければダイエット効果にはなりません。

この機会に炭水化物、糖質、食物繊維をしっかりと覚えてください。

ケトンダイエット、ケトジェニックダイエットとは

少々難しい話になりますが、ケトン体というものが存在します。よく糖質制限もしくは糖質ダイエットをしているとこのケトン体が体から出てきて、ケトン臭がすると言う方もいらっしゃいますがどうせダイエットをする位でケトン臭が出る事はまだあり得ませんこれは間違いです。

ケトンダイエットも豆腐ダイエットの理論とほとんど一緒なので名前が違うだけですあまり惑わされないようにしていきましょう。

糖質ダイエットやケトンダイエットでで痩せる手順をご説明出します。

栄養素の中で1番爆発的にエネルギーを消費するものが糖質です。糖質は取ったその場からエネルギーに変換することができます。特に脳は糖質の中でもブドウ糖と言うものがありますが、それを主成分として使っていきます。

しかし、取りすぎた糖質と言うのは肝臓で脂肪と言う形に変換して蓄積をされます。少量もしくは適正な糖質の量だったら脂肪に変わらずにすぐ使うことができるのですが、取りすぎた糖質と言うのは、すべて脂肪と言う形に肝臓もしくは身体に蓄積されていきます。

これが糖質を取った時に太る理由なのですが、やってる時にはこれと逆のことが起こります。先ほど、 脳はぶどう糖しか使えないといいましたが実はこのケトン体というものが使えるということがわかっています。

ご飯や糖質を取らない時に体には糖質が必要になってきます。この時には先ほどと逆のことが起こります。糖質をたくさんとると余った分はすべて脂肪に変換するとお話しをしました。

今度はその逆のことが起こります。糖質が足りない時は脂肪が分解されてそこから糖質と呼ばれるものが出てきます。

スポンサーリンク

そこから出てきたものがケトン体と言うものが出てきます。このケトン体というのは脂肪が分解されたものなので、この時に蓄積された内臓脂肪やもしくは体脂肪などが使われて外に排出されていきます。

ケトン臭がすると言うのはこの時出てきたものが体臭として感じると言うものですが、これぐらいの少ない量でケトン臭がするのはありえないので安心してください。

以上がダイエットの違いなりますがケトン体ダイエットやケトジェニックダイエット、糖質ダイエット等は全て同じ意味合いがありますので、名前などに惑わされないように気をつけてください。

糖質ダイエットの正しいやり方

さて知識はこれぐらいにしといて、糖質ダイエットの正しいやり方をご説明いたします。

先ほど糖質と食物繊維、ケトン体のお話をしましたが糖質ダイエットではこれらの3つが非常に重要な指標になってきます。

糖質ダイエットの非常な簡単な理論としては

いかに糖質を減らして血糖値を上昇させなくが1番のコツなのです

例えばご飯を大量に食べ、お肉も大量に食べてしまうと血糖値が上がります。糖質自体は非常に効率的に爆発的な力があるとお話しをしましたが、たくさん取ることですべて脂肪に変わってしまいます。しかも、お肉なども大量に食べてしまうことでそれらを使用することなくすべて脂肪に変わってしまいます。

この状態が続くと、ダイエット効果としてはほぼなく逆に太る要因となってしまいます。

糖質ダイエットは血糖値を上げないことが重要なので1番基本的にはご飯を抜くことが主流です。そしてその他のお肉、魚、野菜などを中心に食事をとっていきます。

しかし野菜の中でも糖質が高いものがあります。例えば根菜類などは高いものが非常に多いです。じゃがいも、里芋、さつまいもなどは野菜に入りますが糖質量が非常に多いために食べるときには注意が必要です。

それと食物繊維を豊富に取るために足も繊維が多い食品を選ぶ必要があります。

食物繊維が多い食品としてキクラゲ、おから、大豆系、豆腐、グリンピース、ニンニク、ひじき等に豊富に含まれています。ご飯やさつまいも、じゃがいもなど炭水化物のものを抜く時にはその代わりとなるような食物繊維必ず同時に取るようにしてください。

お魚やお肉に関しては基本的に制限と言うものはありません。

実は糖質ダイエットと言うのは気をつけるポイントは2つしかありません。

①糖質を抜く代わりに食物繊維を豊富に取る。

② 食事をするときには血糖値が上がらないように気をつける

この2点を気をつけながら食事をとると体重と言うのはみるみるうちに減っていきます。

この時に絶対にして欲しくないことがあります。痩せたいからと言って欠食をする方がいらっしゃいますがこれは絶対にしないでください。詳しくは下記にリンクを貼っておきますのでそちらのほうも併せてご覧ください。

ダイエット中に食事減らすと太る!?その理由とは?

血糖値を上げないためのコツ食べる順番を変える

食べ順ダイエット言う言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、糖質ダイエットをする上では食べる順番を気をつける事は非常に大事です。

食べる順番を変える理由も先ほどお話しした血糖値を上げないために行っています。

やり方は非常にシンプルです

①野菜から食べる

②植物性タンパク質を取る

③動物性タンパク質を取る

④最後に糖質を取る

 

 

この順番でしていきます。①から③まで普通に食べていくのですが③から④までは10分から15分程度間隔を開けることが1番重要です。

何故かと言うと1口目に食べたものが1番吸収されるので、栄養素や食物繊維をしっかりと吸収させるためにも一口目には野菜から食べます。

そうすることで1番最後に糖質を取ったとしても吸収をせずにそのまま使ってくれる可能性が高いので血糖値が1番高くなる食後15分程度の増大の時まで糖質を取らないということが1番大事です。

②と③の動物性タンパク質と植物性タンパク質ですが、動物性タンパクというのはお肉やお魚のことをいいます。植物性タンパク質というのは大豆などが主流になってきます。食べ物としては納豆や豆腐などが1番効果的です。

このように少しだけでも食べる順番を変えてあげることで、血糖値上昇を防ぐだけでなくダイエットにも非常に効果的です。

まとめ

今回の記事は非常に長文となりましたが、糖質ダイエットの話身に付けていただきたく記事にしました。糖質ダイエットもたくさんの呼び名がありますがこれらを混合しないように全て一緒ですのであまり不安にならないようにしてください。

食べる順番は非常に効果的でご飯の量を減らすのではなくご飯の質、もしくは内容を少し変えてあげるだけで体重が減ることもよくあります。

実際に私がアドバイスを押すだけで4、5キロ体重が減ったと言う事でもたくさんあります。

もし今あなたがダイエットで困っているのであればこの糖質ダイエットを理論を当てはめてご自身でやってみてください。きっと成果につながることをお約束します。

スポンサーリンク

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。