なぜダイエットをするためには期間が必要なのか?

スポンサーリンク

あなたはふと疑問に思った事はないだろうか?

なぜインターネットで調べたときに短期的にダイエットができますよと言う謳い文句と、短期ダイエットはダメですよと言う2つがあるのは不思議だと思いませんか?

私は一切短期ダイエットを推奨していません。

痩せると言うことだけにフォーカスをすると正直、短期ダイエットだろうが長期ダイエットだろうがどちらでも痩せることができます。

しかし、しっかりとしたダイエットを考えるってるのであれば短期ダイエットは私は反対です。なぜダイエットをするのには時間が必要なのかをご説明いたします。

あなたは細胞の生まれ変わりの周期を知っていますか?

人間には約60兆個の細胞があります。その細胞の大元は幹細胞と呼ばれていますが、この細胞がいろいろな部分に変わっていきます。

例えばある細胞は髪の形なったり、ある細胞は心臓になったり、ある細胞は骨になったりと細胞の種類は変わっていきます。

体を根本的に変えていこうと思うとこの細胞を変えていていく必要があります。

こに細胞の情報は脳でインプットされています。

あなたは、日々癖でしていることがあると思います。例えば貧乏ゆすりをする人もいれば、癖で足を組んだり腕を組んだりしてしまうこともあります。またタバコを吸わないとリラックスできないと思っている方もいらっしゃいます。

これらは全て脳で記憶され細胞でそのように体に働きかけています。

体質を変えると言う事は脳にインプットされた情報を書き換えるという役割もあります。

あなたは細胞の生まれ変わりの周期を知っていますか?

例えば血液で言うと120日間約4カ月間で入れ替わると言われています。という事は体の血液だったり中身を変えようと思うとどれだけ少なくとも4カ月間は必要ということがいえます

他にも肌の細胞は28日、心臓の細胞は22日、胃腸は3日から7日、骨は2年。各部位によって細胞の生まれ変わりは変わってきます。

全身の細胞が生まれ変わるには男の人で8年、女の人では 7年かかると言われています。

体の細胞の中で1番多いのは赤血球です。約3分の2を占めていると言われています。

と言う事は、ダイエットを成功させてそれを習慣がさせようと思ったらどれだけ少なくても90日間から100日間必要になってきます。

短期ダイエットの落とし穴

スポンサーリンク

短期ダイエットと言うと思い浮かぶのは2つあります。1つ目がプロ前夜サプリメントを使った置き換えダイエット。もう一つがファスティングダイエット。これは断食のことです。

正直言うと食べなければ太る事はまずありません。確実に痩せていくことでしょう。

しかしこれは体が覚えたのではなくただ単に置き換えダイエット、ファスティングダイエットをしたと言うだけのことであって元に戻せばほぼ確実に元の状態に戻っています。

どうしても目先の体重を落としたいと言う方も中にはいらっしゃいますが、その代償はあまりにも大きすぎます。

このような理由から短期ダイエットというのはお勧めはしません。

目標値が高すぎても長続きをしません

なかなか継続されない方の特徴として、非常に目標が高すぎる方がいらっしゃいます。

例えば現在70キロの体重があるとします。目標は50キロまで到達すること。もちろんこの目標持つ事はでも大事なのですが、現場から20キロ痩せると言うのは正直言うとすぐにできるものではありません。

言うならば現在の3分の1程度体重を減らすのと同じような状態になってしまいます。

ここまでハードルが高すぎると途中で挫折をしたり、停滞期に入ったときに諦める方が非常に多いです。

例えばですが70キロ体重がある方が、1ヵ月後には67キロになると考えるとおそらくそんなに難しいと思われないのではないでしょうか。

1ヵ月間にそしたら2キロから3キロ減らそう。これも非常に現実的ではないでしょうか。

1ヵ月間で考えると2キロ3キロですが単純にこれを3カ月間続けると6キロから9キロ減る形になります。

また1ヵ月間で3キロ減らそうと考えたときに1日で減らすべき体重の量は100グラムで済みます。

ここまでくると現実的になってはきてないでしょうか?このように大きな目標を立てるのではなく、1番初めはベイビーステップで少ない確実な数字を目標にすることがダイエット継続には重要なのです。

ダイエットはあくまでも短期的ではないので継続的にやりやすいしかもストレスが溜まりにくい方法を考えておかないと上記で説明したみたいに細胞が生まれ変わる周期でダイエットをすることができません。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は短期ダイエットではなく長期ダイエットをする理由についてお話しをしました。

あまり日常的に細胞の事や体の周期のことを説明する事は少ないかもしれませんが、このように可能なところから始めていくとより現実的によりノンストレスにダイエットをすることができます。

なんでもそうかもしれませんがきつくストレスのたまるものは長続きしません。できるだけ楽しく目標値を低く時間をかけて徐々に成功する形を作りましょう。

スポンサーリンク

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。