ダイエットは食事が9割、運動が1割

スポンサーリンク

ダイエットで言えば多くの方法が思い浮かぶと思います。例えば運動でダイエットをする、食事を減らす、酵素飲む、サプリメントを飲む、エステに通う、リンパマッサージなので流す。など今挙げただけでも6つの方法があります。

これだけ多いと選ぶのも大変ですし、何がいいのか何が悪いのかが判断がつきにくいのが現状です。

どのチラシを見てもどのホームページを見ても必ず痩せた体験談が載っています。

しかし、どの方法でも共通していることがあります。

タイトルでもご説明した通り食事が9割で運動が1割と私は言っています。

なんでそれだけはっきりと物事を言えるかを今からご説明いたします。

すべてのダイエット方法に共通すること

結論から言いますと

食事量を全てコントロールをする

と言うことです。すべてのダイエットに共通していますが、食事をコントロールすると言うのは切っても切り離せない関係があります。

いろいろな方法やいろいろな手段はたくさんありますが、結局のところ大元の食事をコントロールすると言うところはどう頑張っても無視することができません。

悪ダイエットその1運動して体重を減らす

運動をする理由として2つあります

①筋肉をつけて基礎代謝量を上げる

②消費カロリーを増やす

運動には大きく分けてこの2つの目的しかありません。

基本的に体重が増えたり減ったりするときは、自分の基礎代謝量+一定の代謝量が食事よりも上回ったときに体重と言うのは基本減っていきます。

逆に自分の日常の代謝量よりも食べる量の摂取カロリーが増えてしまうと体重は増えてしまいます。

この2つをコントロールするときに運動をして基礎代謝量を増やすということをしながら体重を減らすということが1番の目的です。

これ自体がが良いとか悪いとかそういう話ではありません。

最終的には食事をコントロールしながら運動を適度に行うと言うのが1番最適になってきます。

どれだけ運動したとしても食事量を全く変えなかったり、運動したからどかか食いをしてしまうと全く意味はありません。

そして1番のデメリットは

運動やめると元に戻ってしまう

これが1番大きなデメリットです。運動を必ずできれば良いですが、どうしても生活の中で用事ができたり忙しくなったりなど生活習慣は必ず変わってきます。

その中で継続的に運動ができればいいですが正直1番初めに減らすのが運動になってしまいます。

よくあるダイエットその2酵素を飲む

今インターネットの広告や新聞の折り込みでは酵素ダイエットが非常に流行っています。

酵素とは簡単に言うとタンパク質の塊です。置き換えダイエットに似ていますが、一食減らして酵素を飲んで体重を減らすと言う方法です。

この中には酵素は凄いんですよ、酵素の効果はこれだけあるのでだから痩せるんですよ。というのがうたい文句であります。

酵素自体の内容はもしかしたら素晴らしいものかもしれません。

しかし、そもそも一食食べずに酵素に置き換えているだけなので糖質の量やカロリー凄極端に減らしているだけに過ぎません。

酵素自体の影響ももちろんありますが、今まで食べていた食事量がなくなるので単純に摂取カロリーが著しく入っています。

これによって痩せることができます。

ここでも結局のところ食事量を減らしてその代わりに酵素を飲むと言う手段に振り替えているだけです。

デメリットは運動と同じように

一生飲み続けなければその状態を維持ができない。

これが大きなデメリットです。

もちろん健康のためにとかダイエットを継続するために酵素を飲むと言うこと自体は非常に問題ありませんが、ダイエット方法方が正しく体に身に付いたかと言われればそれは疑問に近いです。

よくあるダイエット方法その3サプリメントやプロテインを飲む

ここまでくるともうお分かりだと思いますが、サプリメントやプロテインを飲むと一時的に体重は減少します。

1時テレビでも流行りましたが、一食もしくは二食置き換えるだけでダイエットに成功します。

と言う謳い文句で宣伝をしています。芸能人も実際に痩せてすばらしい効果を出していました。

しかしその方たちもテレビで見るとリバウンドをしている方もちらほらいらっしゃいます。

非常に悲しいことですが酵素ダイエットと一緒で、食事を減らしているから減っているのであーって食事を根本的に変えているわけではありません。

自分自身でも太る仕組みや痩せる仕組みを理解していないとなぜ太ってしまったのかということが全くわからなくなってしまいます。

サプリメントを一生飲み続けると言うならば決して悪くはありませんが、もう一つ忘れて欲しくないのが

スポンサーリンク

食品添加物の存在です

ドリンク系には必ず乳化剤と言うものが入ります。これは粉末などを溶けやすい状態にするための添加物ですが、それを毎回丸呑みしているようなものです。

始めは調子が良かったけれどもだんだん調子が悪くなってきたと言うことも実際にはあります。

 

よくあるダイエット方法その4エステやリンパマッサージなどに通う

これも非常に多い方法ですが、体を一生懸命揉みほぐしてもらったり、暑いところに入って汗をかいて体重を減らしたり、電気を当てて痩せさせると言うことを行います。

エステやリンパマッサージを行う事は決して悪いわけではありませんが、エステに行くと必ずと言っていいほどサプリメントを勧められます。

そしてCMでもよくしている運動を行う場所でも必ずサプリメントやプロテインを勧められます。

と言う事は痩せるためにはそれらがないと効率的に痩せないと言うことなのです。

マッサージをして痩せるのはその時や一瞬だけであって、常に持続するわけではありません。

かといって痩せていないわけではなくて、い一度やったとしてもそれを維持する能力が体にはまだないと言うことなのです。

痩せることができたのならば、それを維持するために絶対に食事を変えなければなりません。

リンパマッサージやエステを受けて体重や体型が変わったとしても以前から知っている日常生活を送ると必ず元に戻ってしまいます。

 

そしたらどうすればいいの?


まず考えなければいけない事は、どの方法で行ったとしても食事は切って切り離せない存在にあると言うことをまずは認めてください。

その上で残りの1割から2割をどの方法でダイエットするかで決めていきます。

ここからは私個人の意見になりますが、サプリメントやプロテインで痩せたものに関しては正直再現性も持続性もないのでやめたほうがいいです。

飲まなくなると必ず体重も体型も戻ります。

それ以外の中で自分は何が続けられそうかを決めていきます。

運動の場合

運動の場合はジムなどで体を動かす時間があるならばそれはそれで構いません。

しかしそんな時間が取ることができないのならば普段の通勤時間や休みの日に確実にできる方法をとっていきます。

本当に簡単なことで構いません。

エレベーターやエスカレーターを使っているところを階段で上り下りをしたり、一駅分だけ歩いてみたいなど日常の中でくにならずある程度忙しくなっても続けられる方法を考えていきます。

しんどくでやりたくない事は絶対に続きません。

サプリメントやプロテインで痩せる場合

正直私はあまりオススメをしていませんが、これで痩せたいと思う場合はある程度リバウンド覚悟した上で行ってください。

サプリメントやプロテインをとって痩せたことに満足するのではなく、なぜ太ってしまうのかなぜ痩せてしまうのかをしっかりと理解してください。

この2つさえきっちりと理解できたら痩せる事は十分に可能ですしリバウンドの可能性も十分減ってきます。

詳しいやり方や考え方は下記をご覧ください。

痩せる方が必ずやっている3つのこと

痩せられない方が必ずやっている3のこと

エステやリンパマッサージで痩せる場合

最後にエステやリンパマッサージで痩せる場合の注意点を書いていきます。

前提条件として

やせさせてもらうのではなく、一緒に痩せるようにダイエットを継続する

このように考えてください。高いお金を払ったから大丈夫だろうと言うのは全く幻想に過ぎません。

どれだけ良い方法してもどれだけ最新の機械を使ったとしても、自宅に帰って今までと同じ生活をしていると、よく今までと同じような結果にしかなりません。

相手の方にもそうですが正しい知識を提供していただき、詳しい方を後やり方で、楽しくダイエットをするとリバウンドする可能性はない状態まで下げることが可能です。

その時に理解していただきたいのが、ただ痩せるだけ頭が細くなりたいのではなく痩せる理由や太る仕組みなどがわかるとより自分自身で意識することができます。

そんなことまでしないといけないのかと思われるかもしれませんが、逆に言うとそれさえすれば痩せる事は決して難しいことではありません。

まとめ

いかがだったでしょうか?

途中内容から外れてしまったものもありますが、運動が1割で食事は9割と言うのは忘れないでいただきたいです。

どうしても魔法のようにこれをすれば全てオーケーと言うものを探してしまいますが、はっきり言いますがそんなものはありません。

あれば非常に嬉しいですが、食事というのは必ず取りますし食事が体の源になっているのは間違いありません。

いろいろな方法や広告なので魅力的に歌っているように思いますが、最終的には正しい知識とご自身が自分の体をコントロールすると言う意思が必要になっています。

この記事があなたのダイエットに少しでも役立てればと

スポンサーリンク

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。