体重は減るのに足だけ痩せない理由

スポンサーリンク

 

あなたはダイエットをしてる時に体重は減ったのにおしり、太もも、ふくらはぎだけはなぜ痩せないのだろう?

と感じた事は無いでしょうか。

多くの方が足だけは痩せないと悩まれていることが非常に多いです。実際に体重が減らなくて困っている方ももちろんたくさんいらっしゃいますが、足だけがやってられないと言う方も多いのが現実です。

この記事では、なぜ体重が減っても足が細くならないのかそして、どうやったら足が細くなるのかを具体的にお話をしていきます。

もし今あなたが足だけ痩せないと困っているならこの記事を最後までお読みください。

足が細くならないのは体重は関係ない?

実は足を細くしようと思った時に体重を減らさないといけないと思うかもしれませんが、実は体重を減らさなでも足を細くすることが可能です。

ただしこれには注意点があります。体重を減らすなくても確かに足が細くなりますが、ある一定のところからはもう元の体重を減らすなければいけないことがあります。それを考慮したうえで下記の記事をお読みください。

足がない理由として、冷えやむくみなどがありますが1番の理由は

立っている姿勢と歩いてる姿勢

なのです。

あまり関係ないと思われるかもしれませんが、よく見ていただきたいのですが、足が細い方やスタイルが非常に良い方は姿勢がとても良いと思いませんか?

モデルさんなどはそうなのですが、立っている姿勢や座っている姿勢が非常に美しく綺麗です。

足が細いとはあまり関係ありませんが、年齢の割に見た目が年老いている方、年齢の割に若く見える形の大きな違いは、この姿勢が良いか悪いかによって左右されます。

もちろん服装や髪型、髪の毛の色なども関係ありますが1番印象として決まるのが姿勢です。

なぜ姿勢が悪いと足が太くなるのか?

姿勢が悪いにもいろいろな姿勢の種類があります。特に多いのが猫背の下腹を出し膝を曲げているような姿勢です。

座っている姿勢では足を投げ出しダラットしてるような状態になるのがこれにあたります。

下腹を出しながら歩いていると足が疲れていくのがよくわかると思いますがつま先に重心が寄ってしまいます。

つま先に重心が載ってしまうと言う事はどこよりもお腹が前に突き出ししまいます。

この姿勢が長続きすることで、太ももの前側そして脛の前側がはってくるのがよくわかると思います。

イメージ的には下の写真のような体型になっていることです。

この姿勢になるとお腹の筋肉をあまり使わず、子供の前ばかりを使ってしまうので足は筋肉が鍛えられますがお腹の筋力はどんどん低下していきます。それによって足だけが筋肉がつき太くなってしまいます。

そしてもう一つ大きな要素としては

内股です。

が太くなるのは男性よりも女性の方が圧倒的に多いです。これは内股になることが女性の方が断然多いからです。

今この記事を読まれているなら一度立ってみてください。そして思いっきり内股になった状態で歩いてみてください。小指側に重心がよって外側の筋肉をたくさん使っている感じはありませんか?

この歩き方こそが足だけが痩せない1番大きな要因なのです。重心が前に行き過ぎて内側によることで、外側ばかりの筋肉を使うので外側だけの筋肉がやたらと発達してしまいます。

この状態が長期間続くことで慢性的に内側の筋肉を使わず外側の筋肉ばかりを使うので、足がとても太くなってしまいます。

なぜ姿勢が良くなると足が細くなるの?

上記で説明をした通り歩き方1つで足の太さが変わるのがよくわかったと思います。と言う事は上記と反対のことをすると足は確実に細くなります。

スポンサーリンク

ポイントは

内股にならない

小指に重心が行かないこと

この2点を改善する事がとても大切になってきます。

内股にならず、普通の歩き方をすることで足の内側の筋肉を使うようになります。

そうする事で徐々に足の外側の筋肉を使わなくなり、通常の使い方になります。

これを継続する事で確実に体は変わっていきます。

内股にならないために

仕事にならないために気をつけていただきたい事は

①大股で歩くこと

 ②あぐらをかくストレッチを行うこと

日常ではこの2点に気をつけて行っていきます。

順に説明をしていきます。

 ①大股で歩く

内股になってしまう理由として、小股で歩き方がこと言うことがあります。

女性に多いのですが例えばハイヒールを履いたとき歩幅小さくなってしまいます。

足首やかかとが不安定になっているために、何とかして足をちょこちょこ出しながらバランスを取ろうとします。

これを行っていくことで細かになってしまい外側に重心が寄ってしまいます。

スニーカーなどで試していただきたいですが、大股で歩くと足の先が外側に行くのがわかると思います。逆に内側の状態だと大きく前に出そうと思っても足が前に出にくいということもわかると思います。

大股で歩くことで自然と踵から地面につけることができ親指、人差し指で蹴ることができるので足の内側の筋肉も外側の筋肉も同時に使うことができます。

ヒールを履いている時には少し難しいかもしれませんがスニーカーを履いているときにはぜひ実践してみて下さい。

 ②あぐらをかくストレッチを行うこと

次に行って欲しい事はあぐらをかくストレッチをしていただきたいです。

正確に言うと足の裏を送ってつけて股関節を外に開くようにしていきます。

内股だとどうしても足が開かないと言うことが起きてしまいます。足を外に開いて内側の筋肉をストレッチすることで内股を解消することができます。

手順

①地面に座り足の裏をくっつけるようにします。

②この時点で内側が伸びている場合は足を前後に揺らしながら太ももの内側が伸ばします。

③ストレッチがまだできる方は、このまま状態を前に倒していきます。

この状態のまま10秒間から15秒間キープすることで内側の筋肉がストレッチされます。

このストレッチをいちにち2回から3回行うことで家まだいなっている股関節を伸ばすことと、日常で足が外に向くように事後矯正することが可能です。

 

小指に重心が行かないように

上記に付随をしますが、大股であることで最後に親指と人差し指で蹴り出すことができるので、小指側に重心が行かないようにできます。

大股も親指に重心を見のも同時にすることが難しいと言う場合もあります。その場合は足を蹴り出すときに親指と人差し指が地面に触れていることがわかれば大丈夫です。

この際に1つだけ注意点があります。

親指と人差し指を地面に接したほうがいいと言うことで力を思いっきり入れる方がいらっしゃいますが、あくまでもその二本が切り出す時に触れている感じがあれば大丈夫です。

力を入れすぎてしまうと逆に足の裏が痛くなったり、ふくらはぎの疲労感が増えるだけですので力は入れずにしてください。

まとめ

足が細くならない理由で運動を一生懸命頑張ってみたり、マッサージをしたりしてなんとか足を細くしようと思っているかもしれません。

しかし根本である歩き方や立ち方が変わらない限り足が細くなる事はありません。

一時的に足が細くなったとしても、日常生活の中で筋肉の使い方が悪くなってしまうとまた足だけが太くなってしまいます。

体重を減らす事はもちろん大切になってきますが、体重を減らす事と同時に歩き方の改善も日々行うようにしていて下さい。

スポンサーリンク

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。