ダイエット中に間違っても絶対にしてはいけない5つのこと

スポンサーリンク

ダイエットと一口に言ってもいろんな方法がありますよね。

いろいろとあり過ぎてよくわからない、自分にどれが合うのか、どれができるのかわからない、という方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回はダイエットの方法ではなく、「ダイエット中に絶対にしてはいけないこと」を5つ、ご紹介いたします。

1、カロリーを気にし過ぎてダイエットをする

 

ダイエットするといってまず飛びつきやすいのはカロリー制限のダイエットではないでしょうか。

カロリー制限ダイエットは、簡単にできて費用もかからず手間もいらないため多くの方が意識しているかと思います。

カロリー制限は文字通り、摂取カロリーを大幅に減らして体重を落すダイエットです。

食事を減らしたり、食事を抜いたり、方法はさまざまですが、カロリー制限では主に体に入れる量を減らします。

カロリー制限のメリット

カロリー制限を行うことで、メリットとしては食事を減らすだけで簡単、結果が早く得られる、費用が掛からない、などがあげられます。

カロリー制限のやり方としては、食事を減らす以外にも置き換えサプリメント、置き換えドリンク、カロリー0食品などで摂取カロリーを減らす方法もあります。

比較的簡単で特に知識がなくても初めは簡単に痩せることができます。

カロリー制限のデメリット

カロリー制限のデメリットとしては、空腹を感じやすく我慢しなくてはならない、痩せ方が不均等、リバウンドする、のようなものがあります。

中でもカロリー制限の一番のデメリットはリバウンドしやすいことです。

食事量、摂取カロリーを減らして体重が落ちているのは脂肪だけが減っているわけではないのです。

栄養が入ってこない分筋肉の再生が行われず、筋肉量は低下します。

筋肉量が低下するということは基礎代謝も低下します。

そうすると体の活動が省エネモードとなり、脂肪を燃やすより蓄えることを優先する状態になってしまいます。

カロリー制限ではある程度体重が減ったところで止まってしまい、それ以上体重を減らすためにさらに摂取カロリーを減らしていかなくてはならず、そうなるとずっとその食生活を続けなければいけないことになります。

この状態で、食事量をダイエット前に戻すと、代謝がもとの摂取カロリーを下回ってしまうことになるので、徐々に体重が増えていき、リバウンドしてしまうのです。

さらにカロリー制限の初期は体重が減りやすいですが、だんだん体重が減りにくくなっていき、続けていくほどダイエット中のメリハリもなく、だらだらと食べたり我慢したりを繰り返してしまい代謝だけが下がっていく、という状態に陥りやすいため成功しにくいのです。

 

2、食事を摂らないのは絶対ダメ!!

食べなさすぎて太る?!

カロリー制限とほぼ理由は同じです。

欠食することで栄養が足りなさすぎて筋肉量が低下し代謝も下がってしまう為、痩せにくい体をつくってしまいます。

特に欠食になると体が飢餓状態になり、次に食べた食事の吸収率を高くしてしまいます。

そのため朝ごはんを抜いていたり、一日2食の生活をしていると、全体の食事量は少ないのに体重が減りにくい、むしろ増えてしまう、という状態になってしまうのです。

例えがあまり良くないかもしれませんが、お相撲さんは体を大きくするために一日2回のドカ食いリズムをわざと行なっています。

痩せたいのにお相撲さんと同じリズムで食事はしない方がいいですよね。

カロリー0に騙されないで

もう一点。

カロリー制限にも共通しますが、体に入れるエネルギーが少なすぎても燃焼反応が起こりにくいのです。

カロリー制限のところでもあげたようにダイエット食品やカロリー0食品、カロリー0飲料に関しては、確かに摂取カロリーを少なくしてくれるものです。

ですが食品のカロリーというのは、その食品が体の中で燃やされるために必要な熱量のことを言います。

自然界にはカロリー0のものは存在してません。

そのためカロリー0と表記しいているものは人工甘味料、添加物を使用してつくられたものなのです。

体はカロリー0のものに関して、「燃焼しよう」という反応が起こりません。

つまりカロリー0は体の中で燃えない食べ物、飲み物なのです。

燃やされなくても吸収されずに体の外に出るからいいのでは?と思ったあなたは大きな間違いです。

確かにダイエット食品など自体には、吸収されずに体から排泄されます、といった表記があります。

ですが体には人工調味料や添加物を分解・消化する酵素は持ち合わせていません。

そのためこれらは体の中に蓄積してしまうのです。

これらが積み重なっていくと食べたものを燃やす、という反応が体の中で起こらない=代謝が行われない、ということになるのでどんどん代謝は落ちていき、痩せにくい体ができあがってしまいます。

食事を抜くのも、カロリー0の食品・飲料に頼るのも、ダイエット中は絶対にしないでください。

 

3、運動したからたべてもOKは迷信

運動で得られるカロリー消費は思っているほど多くありません。

例えば、1㎏減らしたい場合。

スポンサーリンク

1㎏=7400㎉になりますので、これはフルマラソン3回分の消費カロリーの目安です。

もしくは速歩のウォーキングを毎日80分1ヶ月間を続けてやっと1㎏減るくらいです。

つまり自分が思っているよりも運動で燃やせる脂肪は少ないのです。

それで運動したからと言って少し多めに食事してしまうと、運動したのに体重が変わらなかったりむしろ増えていたりするのです。

運動してるからいっぱい食べなきゃ、という考え方は危険ですので気を付けましょう。

ダイエット中は特に、食べる量自体が減っていることや食事内容の改善も行なう為、激しい運動はおすすめできません。

ダイエット中の体は代謝を節約して動こうとしています。

そこに急な激しい運動をしてしまうと大量のビタミンやミネラルを使うことになるため、食欲が逆に増してきてしまうのです。

適度に家の片づけ、掃除、自宅でも出来るトレーニングやウォーキングなどの有酸素運動を3日に1回行うくらいのペースで行なうと、体が節約モードになりきらないように保つことができます

 

4、結果を直ぐに求めるのはちょっと待って

ダイエットに期間は必要なものです。

1~2か月以内の短期間での成果を求めるのならばリバウンドが必ず待っていると考えてください。

ダイエットになぜ期間が必要なのか

全身の細胞の生まれ変わりの周期がだいたい3ヶ月間かかります。

ダイエットはその周期に合わせて行うと痩せた状態が体に記憶されやすくなります。

つまり1~2週間で激やせ!といってもそれを3カ月先まで維持できているのか、が大事になります。

つまりリバウンドしないダイエットを行うのであれば、短期的な結果を求めるのではなく、最短でも3ヶ月の期間をみて緩やかに体重を落としていくのがベストです。

1週間で3㎏落ちてもその翌週に元に戻っているのであればダイエット成功とは言えませんよね。

一ヶ月間で体重が減っても体の環境に影響が出ない範囲は、今の体重の5%です。

これ以上体重が減ると、体の中で恒常性と言われる生命維持反応が作用して、停滞期に陥りやすくなります。

ダイエットと停滞期

基本的に体は恒常性という生命維持反応によって常に体温や血圧、脈拍などを一定の状態を保てるようにして生きています。

体重も然り。

急に1週間で3~4キロも体重が減ってしまうと体が「異常が起こった」と認識してしまい、頑張って元の状態に戻そうとします。

これが停滞期が現れる大きな要因なのです。

ダイエットの途中で食べるもの飲むものの量や内容を変えていないけれど前の日よりも体重が1~2㎏増えている、という日はこの停滞期の影響によるものだと考えられます。

こういう時は減らないからといって食事量をもっと減らしてみたり、食事を抜いてしまったりなどはしなくて構いません。

しばらくすると、今度は何も変えていないのに急に体重1㎏くらいがすとんと落ちる日が出てきます。

この停滞期は摂取量と消費する量が調整されている時期であるため、また食べる量を変えてしまったらストンと体重減るタイミングがなくなります。

慌てず、凹まず、落ち込まず、なるべくいつものペースを崩さないように、まずは1週間変化がないかを確かめるようにしましょう。

 

5、すべて好きなものをなくすのは逆によくない!

ダイエットはどれだけ我慢ができるかが大事だと思い込んでいませんか?

ダイエット中、確かに甘いものは控える方が結果が得られやすいこともあります。

ですが一気に全てをなししにてしまうと、ダイエット終了後の反動が強く出てしまうこともあります。

あくまでダイエット中なので、好きなものにもよりますが、今までよりも少しずつ量を減らしたり、食べる日を1週間の中で決めてみたりして、気分転換を図るのもいいでしょう。

充実してきている糖質オフ商品

お菓子が好きな場合、自分で作ってみたりすると砂糖の量を調節したり材料に気を使えるのでいい方法ですね。

最近では、スーパーやコンビニでも糖質オフのスィーツやパンなどを扱っているところが増えています。

ローソンでは低糖質パン、低糖質のお菓子、サラダやサラダチキンなどの商品には糖質表記をしてくれています。

スーパーでは糖質ゼロ麺、とうふそうめん、こんにゃく麺などで一人分でも食べやすい商品を置いていたり、モンテールから出ている糖質オフスイーツも置いてあります。(店舗にもよります)

糖質ゼロ、オフのチョコレートなんかも少し甘いものが欲しいとき、一週間のご褒美に、という感じでストレスが溜まらないように自分の気持ちと相談しながらダイエットを行いましょう。

 

まとめ

今回はダイエット中にしてはいけない5つのこと、と題してお話していきましたが、いかがでしたでしょうか?

ダイエット中は痩せる為に、と必死になってしまいがちですが、躍起になってやり方を間違えてしまわないように気を付けましょう。

ダイエットの仕方も個人個人で何が一番向いているか、何が効果的か、悩みを解決する為に何が有効か。

実際やってみないとわからないことも多く、ダイエット中に痩せなくて悩んでいてもなにが間違っているのかに気が付けない方も多いものです。

もしダイエットのことでお悩みがあれば、是非一度ひこばえ整骨院にご相談ください。

 

 

 

スポンサーリンク

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。