外反母趾を治すために絶対にやってほしいこと。歩き方を改善すること。

スポンサーリンク

外反母趾を治すためにたくさんの方法があります。

1番イメージとして大きいのが手術をして直すというのが一般的ではないでしょうか?

しかし外反母趾になったから必ずしも手術をしなければいけないと言う事はありません。またサポーターやテーピングマッサージ方法等ありますが、どの方法をとるにしても必ず行わなければいけないことが1つあります。

それがどのようなことなのかをこの記事では説明していきます。

いろいろな方法はありますが必ずこれからお話しする方法を行ってからして下さい。

外反母趾を治すためには絶対に歩き方の修正が必要

結論からお話しすると外反母趾を治すためには歩き方と体の使い方を絶対に変えなければいけません。

外反母趾の原因は靴などが1番代表的ではありますが、そもそも靴が悪いと言うのではなくその靴を履いて歩き方が悪いと言うことが問題なのです。

ヒールを履いたからといって必ず外反母趾になるとは限りません。ヒールを履いたり多少足に負担がかかる靴を履いても外反母趾になっているわけではありません。

何が1番左右するかと言うと足と体の使い方によるものです。

どのようなサポーターをしても、どのような素晴らしい施術を受けたとしてもその後のあなた自身の歩き方や体の使い方が変わっていなければ絶対と言っていいほど再発をします。

ダイエットするぞと決めて一生懸命食事管理をしたとしても、ダイエットを成功すると普段の暴飲暴食に戻ってしまうとリバウンドするのと全く同じことです。

体が癖付く状態までしっかりと歩き方を変える必要があります。

外反母趾の方に多い歩き方

外反母趾に多い歩き方の特徴として3つあります

①指が地面から浮いてしまっている

②小指側に重心がかかっている

③膝が伸びていない

この3点が外反母趾に多い特徴です。

1つずつ説明をしていきます。

①指が地面から浮いてしまっている

浮指と言われるものですが、書いて字のごとく指先を使わずに地面から浮いてしまっている状態のこと浮き指と言います。

本来はかかとと足の付け根と指先の3点で地面を踏みしめてバランスを取るのですが、歩き方が悪かったり指の使い方が悪かったりすると指を動かしてかかとと足の付け根だけで歩こうとします。

3点でバランスを取るのが本来の状態なのですが、それが2点になってしまうので重心がばらけてしまいます。

重心がばらけてしまうと外側のほうに逃げてしまうので重力に負けて外反母趾になってしまいます。

外反母趾になってしまうと必ずと言っていいほど力が地面から浮いてしまっています。

下にある写真のような状態になってしまいます。

 

②小指側に重心がかかっている

上記の指が地面から浮いてしまっていることによって重心が外側に見えてしまうというのが1番の原因です。

その他にも女性の場合内股になってしまっていることがよくあるので、小指側に重心が寄りやすい傾向にあります。

重心が外側に寄ってしまうので結果的に指が浮いてしまい外反母趾を助長してしまいます。

靴の裏を見てもらうとよくわかりますが外側がよくすり減ったりする方は小指側に重心が寄っている証拠です。

自分の中ではそんな事はないと思っていても実際に靴の裏を見ると減っているということがよくあります。

下の写真のような状態です。あまりにもすり減りがひどい場合はどれだけ頑張っても外側に重心が見えてしまうので靴を買い換えた方がいいです。

外側が極端のすり減っています

上のような写真は新しい靴にしましょう。

 

 ③膝が伸びていない

外反母趾に限らず足の疾患を患っている方は膝が伸びていないと言う方が非常に多いです。

下の写真のような状態ですが、下腹を突き出すような姿勢になり顎が前に突出してしまい膝が伸びていない状態になります。

 

このような姿勢になると手を振らずに足を上げずに引きずるような形で歩いてしまいます。

よく猫背だから姿勢をまっすぐにしましょうと言うふうに言われますが、本来は姿勢をまっすぐにするのではなくお尻をしめて膝を伸ばす状態にしないと姿勢はまっすぐにすることができません。

スポンサーリンク

猫背の方は見た目が猫のような形だけであって原因は膝が伸びないことにあることがほとんどです。

例に猫背があると感じている方がいらっしゃったら膝をわざと伸ばしてください。

明日と骨盤がまっすぐに立ち姿勢が伸びるのがわからないでしょうか?

外反母趾になると痛みがあるので極力足を使わないようにと思い膝を曲げて忍び足のような感覚で歩きます。

初めは痛みに変わる事はありませんが、この状態が徐々に続いていくと痛みに変わってきます。

 

 外反母趾を治すための歩き方とは

次にお話しする内容は歩き方ですが、歩き方を修正する前に行うことがあります。いきなりストレッチや体操をするのではなく体の状態を整えてから行っていきます。

 ①歩く際に体を必ず振る

歩くときにやってしまいがちなことが手を振らずに歩くことです。荷物がたくさんあるから来れないと言う方もいらっしゃると思いますが荷物がなくても手を振らない方が圧倒的に多いです。

第一段階として手をわざとらしくでも構わないのでよく降るようにしてください。

実際に振ってみるとわかりますが、振ることによって足が大きく上がり歩幅が増るのがわかると思います。

体をしっかりと振ることで姿勢がまっすぐになることと足を踏みしめながら歩くことができるので自分の中で大げさな位わざとらしく歩いてください。

外に行く時は荷物を持つのでどうしたら良いかと言う質問をよく受けます。

片方の手だけでもいいので降っていただくが、家の中だけ振るようにするなど少しの時間だけでもいいのでクセづけることが大切です。

 ②膝を伸ばす練習をする

次の段階として膝を伸ばす練習をしていきます。上記でお話しをしたように外反母趾になると膝が曲がる傾向にあります。

膝が曲がってしまうとお尻の筋肉を使わずに歩くために筋力が低下してしまいます。 厳密に言うと筋力が低下すると言うよりは筋肉が使えなくなってしまうと言うのが正しいです。

歯磨きをする時だけでもいいので、写真のようにかかとを揃えて股の間に鉛筆を挟みます。

太ももの力はできるだけ使わずにお尻だけの筋肉を使って鉛筆を挟みます。

鉛筆が落ちないようにしっかりと挟みます。

このときの注意点として膝を伸ばし曲がっていない状態をつくります。逆に言うと膝が曲がってしまうとお尻の筋肉が入りにくいので初めに膝を伸ばすことから意識をしてください。

 

③指を使って歩く練習をする

指先を最後使います

次に行う事は歩くときに指を使っていきます。

この方法はとても難しいですが歩き方の基礎となります。

踵からついて地面を切り出す時に親指と人差し指が地面に触れている感覚を感じながら歩いてください。

指を踏みしめるのではなくあくまでも最後に地面を触れている感覚だけあればオッケーです。

もちろん指を使って歩くときには膝を伸ばすことと手をよく振る事は同時に行う必要があります。

指を使って歩く練習をすると言うのは外反母趾を治す上で最も大切になってきます。

最終的には浮き指を治して、地面を蹴る状態を作ることが1番大切になってきます。

 

④歩幅を大きく取る

1番最後にやっていただくことが歩幅を大きく取ることです。

普段歩かれている歩幅よりも5センチでも10センチでもいいので前に大きく出していきます。

いきなり大股で歩こうとする方がいらっしゃいますが、体をよく振っていなかったり膝が伸びていなかったりすると体がしんどいだけなのであまり効果がありません。

あくまでも①番から③番までの順番を終えてから最後の歩幅を大きくとって下さい。

何も体にしていない状態でいきなりここからスタートするとかえって痛みが出てしまう可能性があります。

順番はきっちりと守って実践してください。

 

まとめ

今回は外反母趾を治すために歩き方を変えないと絶対にダメと言う話をしていきました。とても大げさなイメージを持たれた方もいらっしゃるかもしれませんが、最終的に外反母趾になってしまう原因と言うのは歩き方がとても大きな原因があります。

例え話でダイエットのお話しをしましたが、どれだけ良いマッサージ方法をしても足に良い靴を履いたとしても自分自身の歩く意識が向かなければ正直難しいです。

ほとんどの確率でリバウンドをしてしまいます。

たくさんの方法があるので色々と試される事は非常に良いことですが、今回の歩き方と言うのは必ず守るようにしましょう。

スポンサーリンク

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。