偏平足を治す為にはインソールは必要なのか?

スポンサーリンク

整形外科でレントゲンを撮ったり、検査を行なった際に

「偏平足ですね。仕方がないんので様子をみましょう。まずはインソールを作っておきましょうか」

こんな風に言われた事はないでしょうか?

偏平足は一般的には治らないと言われていますが実際には本当に改善しないのでしょうか?

またインソールをつけなければいけないのでしょうか? 

偏平足に対してインソールの必要性の有無と治るのかについて詳しく解説していきます?

 

なぜ偏平足のインソールをつけなければいけないのか?

初めに結論から申し上げたいと思います。私は個人的にインソールの必要性は

必要ないと考えています

ただし初期の段階では効果があるので使用しても良いですが治すためにはインソールをつけないほうがいいと言うことです。

なぜそのようなことになるのかを順に話していきます。

 1番初めの疑問なぜ偏平足になるとインソールを勧められるのでしょうか? 

実は偏平足になって症状が出たり足がむくんだり、人よってはこむら返りが起きたりするのですが偏平足にはインソールしか方法がない。

これがインソールをつける理由です。

特に決まった治療方法があるわけではなく偏平足になると必ずタオルギャザーと言ってタオルを引き寄せる運動するか、インソールをして土踏まずを作りましょうのどちらかでしか言われることがありません。

偏平足の対処方法にインソールが良いのではなくインソールしかないというのが正しい言い方になります。

 

インソールとは?

インソールと言うのは中敷きのことで靴の中に敷きます。

インソール自体は非常に良いもので足のクッション性を高めたり、足のバランスを保つ効果があります。

偏平足になったときに行う理由として土踏まずがなくなっているから土踏まずの部分を盛り上げて強制的に作ってあげるようにしてあげます。

クッションの役割をすることもできますし歩きやすい状態を足に作ってあげる効果もあります。

そう考えると偏平足にインソールをつけるというのは非常に有効ではないのか?ということが考えられます。

しかしよく考えていただきたいのですが、インソールをつけて偏平足を改善したとしてもあくまでもインソールをしているからであって治っているわけではありません。

ここに 注意するポイントがあります。

 

偏平足の原因とは何なのか?

では一体偏平足の原因は何かと言うお話をしていきたいと思います。

実際に私が扁平足の治療を携わっていて必ず共通する部分があります。男性女性関係なく必ず起こります。

1)の柔軟性が極端に少ない

偏平足に共通する部分として1番大きなところは、足首の柔軟性が極端に少ないと言うことです。

下の写真を見ていただきたいですが、足首はほんとに90度以上曲がります。

しかし偏平足で足首に柔軟性がないことというのは90以上曲げることができません。

また偏平足になっている方は、和式座りができません。

下の写真のような座り方です。

足首が固いので座ることができないため柔軟性が極端に損なわれています。

 

2)歩く時に外側に重心が行き足が上がっていない

偏平足の方のもう一つの共通点として重心が外側によってしまっていることと、足が上がっていないと言うことが挙げられます。

言い方は非常に悪いですが歩くときにダラダラ歩くような形になっています。

何もないところでよくつまずいてしまったり靴の裏を見たときに外側だけがとてもすり減ってしまっていたりします。

その状態が続くことで足の裏の筋肉を使わずに偏平足になってしまうというケースです。

スポンサーリンク

上記の位外側がすり減ってしまっていると靴の買い替えが必要です。

 

3)指の付け根にタコができている

最後は指の付け根にタコがあると言うことをお話しします。

俗に言う、浮指と呼ばれるものです。

指先を使わずに指の付け根ばかりを使ってしまうので過度に負担がかかり皮膚を守ろうとするのでタコができてしまいます。

本来はかかと足の付け根、指先を使って歩行しますが、浮指になってしまうとかかとと足の付け根しか使うことができません。

指先を使わない状態になってしまいます。

この状態が続くのが足の付け根にタコが出きてしまいます。

そして、足に負担がかかり過ぎて偏平足になってしまいます。

親指と人差し指の間に白い塊があります。これが浮足になっている証拠です。

 

上記の原因を考えてインソールは必要か?

冒頭でお話をした通り、この様な理由があるからこそ偏平足にインソールが必要かどうかの判断が理解できると思います。

インソールはとても良いツールなのですが偏平足を治すと言う意味ではあまり効果を発揮しません。

あくまでも対処方法の1つなので上記の原因を1つずつ改善することが最も重要にいます。

正しい治し方は下記にリンクを貼っておきますのでそちらを詳しくご覧ください。

偏平足を改善する際に絶対にしてほしい事

偏平足は遺伝するのか

よく来られることに偏平足は遺伝をするのかということを聞かれますが、 偏平足は基本的に遺伝をしないと言われています。

顔の形や体型顧客等は確かに見ることがありますが、偏平足になる原因は人それぞれなので必ずしも遺伝はしません。

先天性の偏平足の方も遺伝ではなく原因不明の状態で偏平足になってしまうということが考えられます。

ただし親子なので同じような日常生活を暮らしていたある女性同士だと靴ファッションなどが親と見ていくので先天的な遺伝ではなく日常生活の積み重ねで同じような症状が出ると言う事はあるかもしれません。

とても曖昧な答えになってしまいましたが、基本的には偏平足は遺伝しないと考えてください。

 

偏平足の方は必ずしも症状が出てくるのか

足がよくこむら返りをしたり、長いこと歩くと足の裏に痛みが出てきたりすることがありますが偏平足=痛みにつながるのでしょうか?

実際に偏平足の方でも痛みを全く感じなかったり自覚症状が一切ない方もたくさんいらっしゃいます。

個人差がありますと言えばそれまでなのですが、ほとんどの場合は上記で説明した通り使い方によるものが原因です。

足首の柔軟性が極端に少なかったり、指先を使えていなかったり、正しくあるけてないことによって結果的に足が痛くなったりつってしまったり、中には外反母趾、O脚につながる方もいらっしゃいます。

偏平足だから必ずしも自覚症状が出るのではなく、偏平足になってしまう位足に負担がかかる日常生活を送っていることが問題なのです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか? 

今回は私の個人的な意見も多く入れました。インソールは基本的に私個人としてはあまり必要ないと考えています。

初期の段階ではインソールをすることで足の痛みなどが軽減する事は間違いないのですが、対症療法と治療と言うのはきっちりと分ける必要があります。

原因をしっかりと見極めた上でインソールをつけるのか、もしくは日常生活から全て変えてしまうのかを判断していきましょう。

この記事を読まれて疑問や不明点があれば下記にコメントを残してください。

スポンサーリンク

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。