扁平足で足の裏、ふくらはぎが痛い。解決する為の3つの方法

スポンサーリンク

偏平足で足の裏、ふくらはぎが痛い。解決する為の3つの方法

自分の足を見た時に扁平足になってしまっていて、そのせいで歩くと足の裏やふくらはぎに痛みを感じてしまう。

歩いていると足をつってしまう。

長時間歩いていると暗くて途中に休憩しなければいけないぐらい足が痛くなってしまう。

扁平足を治すためにインソールを吐いたり靴を変えてみたりしてみたが改善する方法がいまいち見つからない。

このまま痛みが強い状態で日常生活を暮らすのはとてもつらい。

そんな悩みを持たれている方に対応するための解決する三つの方法をお伝えしています。

もし扁平足で足の裏やふくらはぎが歩いた時に痛いと感じる方はこの記事を最後までご覧ください。

 

扁平足とはどのような状態のことを言うのか?

扁平足になっているというのはよく聞くと思いますが扁平足とはどのような状態のことを言うのでしょうか? 扁平足とは土踏まずがなくなった状態のことを言います。

土踏まずには三つのポイントがあります。

横アーチ

内側のアーチ

外側のアーチ

3つのアーチができることで土踏まずが形成されています。

この中の一つ、どれかでもアーチが崩れている状態を扁平足と言います。

特にこの中でアーチが崩れやすいところというのは横アーチと内側のアーチです。

土踏まずともアーチともいいますが役割というのを説明していきます。

本来は鉛筆を足を裏に入れて1本入ると通常ですが扁平足になると鉛筆が全く入りません。

一つの指標として見ます。

内側のアーチがなくなると隙間が極端に減ってしまします。

 

土踏まずの役割

土踏まずは下半身の体重を全て担う役割があります。

唯一地面に接しているのが足の裏で四足動物のように手をつけるわけではありません。

土踏まずがあることでクッションの役割をしてくれるので下半身や体の負担を全て足の裏で軽減させてくれます。

しかし、土踏まずがない状態で普段の生活を送っていると体の負担がすべて足の裏にかかってしまいます。

布団がすべて足の裏にかかってしまうということは体の重心が地面に逃げないということです。

全ての負荷が体に溜まってしまうのでふくらはぎや足の裏に痛みを感じてしまうというのが土踏まずで症状がでるわけです。

体重が重たくなればなるほど体の負担はかかってしまうので足の裏の疲労感がたまる一方です。

扁平足の特徴として体重が増加してしまうことにより症状が出てしまうということも少なくはありません。

治すためには体重のコントロールが必要になってきます。

 

なぜ扁平足になってしまうのか?

扁平足を治す前に原因をいくつか お伝えをします。

原因がわかれば基本的に反対のことをすれば治る可能性があるからです。

正しい方法と間違った方法を両方とも覚えてください。

 

①歩き方が悪い

扁平足になってしまう原因として必ず起こるのが歩き方の問題です。

扁平足で悪い歩き方の特徴として

1) 外側に重心が寄っている

2)指先を使っていない

3)歩幅が小さい

ような3つの特徴があります。

上記でご説明を通り、アーチが崩れてしまうので指先を正しく使うことができません。

本来正しい歩き方と言うのは

踵からついて指の付け根で地面に触れ、最後に指先で地面を蹴ると言うのが正しいやり方です。

親指と人差し指で地面をける

このような歩き方が全くできていないと扁平足になってしまいます。

扁平足の方は指先を使わずに付け根で止まってしまいながら歩きます。

本来は3点歩行なのに2点しか使っていない状態で歩くので足の負担が極端に増えます。

耐えきれなくなることで足の骨が下に沈んでしまい扁平足になります。

 

②体重が増加している

次に多い原因として体重が増えてしまったと言う方です。

 今までの体重が55キロだった子は1年間で62、3キロに増えてしまい足の裏に痛みを感じるようになった。

このような事例はとても多いです。

増えた体重を減らすのはとても難しいことですが、これが本当の原因ならば体重を減らすしか改善する道はありません。

体重が増えると単純に足の負担が増えてしまうので結果的に大きな痛みを感じてしまいます。

当たり前と言えばそうなのですが、そこを無視して扁平足を治そうとする方もいらっしゃいますので、耳がとても痛い話ですが体重の増減もしっかりと把握してください。

 

③履いている靴がとても悪い

最後は靴の話をしていきます。

いい靴を履きましょうと言う話ではなく上記でお話ししたように外側に重心がかかっている方は外側の靴ばかりがすり減ってしまいます。

バランスが悪いことで歩いたりするとどれだけ気をつけても足首のバランスがうまいこといきません。

扁平足を直すときには基本的にスニーカーがお勧めです。

しかしスニーカーも極端にすり減っている場合は新しい靴に変える方がオススメです

また仕事上どうしてもパンプスを履いたり、ヒールを履いたりする方もいらっしゃると思います。

その場合はスニーカーでと言うわけにはいきませんので自宅でのストレッチや歩き方、休日などは極力スニーカーを履いてヒールやパンプスははかないようにするなど少しの工夫は必要です。

 

扁平足を治す為の3つの方法

①歩き方を変える

歩き方を変えるときに上記でお話をした時と同じように指先を使う歩き方に変えていきます。

地面を蹴る時に指先を使っていくのですが多くの方が間違っている方法を教えします。

指先で地面を蹴るようにと言うと、地面を踏みしめるように強い力で蹴る方がいらっしゃいます。

指を縮めた状態で地面を蹴ってしまうと指が浮いてしまう浮き指と言うものになってしまいます。

扁平足と浮き指を同時に啓発してしまうと治りが非常に悪くなります。

浮き指と言うのは下の写真のような状態です。

スポンサーリンク

人差し指が浮いてしまっているので親指が内側に曲がっているのがわかるでしょうか?

外反母趾の原因もこれとほとんど一緒なのですが、指が浮いてしまうことによって親指が中に入ってしまいます。

この状態のままでいろいろな対策をしてもあまり効果が出ません。

指先で地面を蹴るのは非常にシンプルですが親指と人差し指で地面を軽く蹴るようなイメージで歩いて行きます。

初めて歩く時はロボットのような状態になってしまいますが慣れていくと指先で地面に触れている感覚がよくわかります。

動画でもご紹介していますので下記を一度ご覧ください。

②ストレッチをして足の柔軟性をつける

偏平足の方の特徴としてふくらはぎの筋肉と脛の前の筋肉が非常に硬い傾向にあります。

特にふくらはぎの筋肉が固いと足を持ち上げることができないので歩くときに非常に不利になってしまいます。

足を曲げた時に下の写真のように90度以上手前に曲げることができれば大丈夫ですが、90度もしくはそこまで曲がらない方に関しては柔軟性を高めないと扁平足を治すのに非常に苦労します。

ふくらはぎのストレッチをする方法は2つありますので仕事中や自宅でやりやすい方法をとって下さい。

 

壁を使ったストレッチ

1)壁に片方の足をつけて立ちます

2)写真のように足を上から見たとき中指と人差し指、そして膝のお皿が1直線上になるように伸ばしていきます

3)かかとは地面につけて指先を壁につけながら体重を前に倒していきます。ふくらはぎの後ろからアキレス腱までストレッチされていればきっちりとできています。

4)伸ばした状態のまま15秒間以上持続的にストレッチをしてふくらはぎを伸ばしてください。必ず左右均等に行いましょう。

 

床で行うストレッチ

1)床もしくはベッドの上で片方の足を正座。反対の足を膝を立てるようにして座ってください。

2)足を伸ばすときに踵ができるだけおかないように体重を前に倒していきます。この際にお皿と人差し指中指が一直線になるように気をつけてください。

膝が内側に入ったり外側に出たりしてしまうと効果があまりありませんので膝の位置は必ず確認しながらストレッチをしましょう。

3)立った状態のままと同じ量数で15秒間以上持続的に伸ばしていきましょう。

必ず左右均等に行ってください。

③極力裸足で歩くこと

子供の頃は裸足で地面を歩いたり外を歩いたりした経験は誰しもあると思います。

靴を履くと地面に直接足が触れると言う事は少なくなります。

また昔と違って畳の部屋よりもフローリングやクッションフロアなどの家が増えたので靴下を履いたまま生活をすると言う方も少なくありません。

とても薄い布でも靴下が1枚あるのとないのとでは足の使い方が随分と変わってきます。

裸足になって歩くことで、地面をうまく蹴ることができます。

歩き方に関しては①番でお話ししたのと全く同じ方法で歩きます。

家の中でも結構ですので少しの間でも歩くときには指先の親指と人差し指を使って歩くように意識しましょう。

家の中でもなかなか歩く機会が少ないと言う方もいらっしゃると思うので、その時は5本指ソックスを使うことをお勧めします。

人前で靴を脱ぐことがなければご本指でも見られることがありませんし、ストッキングの下に履くご本指ソックスも売っていますのでそれらを活用することをお勧めします。

5本指にすると指が非常に疲れます。

普段使っていないところを使うのでだるくなることもありますが、1週間もすればすぐに改善するのでご安心ください。

扁平足に効果のない対処方法

扁平足に効果のありそうな治療方法としてインソールと靴を変えると言うものがあります。一般的には足のサイズを測ってオーダーメイドで作るのがほとんどですが私は正直この2つは必要ないと考えています。

なぜ必要ないのかを今から説明をします。

①インソールをつける

扁平足どう診断されると1番最初に処方されるのはインソールです。

インソールと言うのは中敷のことで靴の中にクッションを入れるようなイメージを持ってください。

インソールをつけることによって足の負担を軽減させて扁平足を治すと言うものです。

しかし扁平足の原因でお話しをしたように、インソールをつけても歩き方が変わっていなければ全く無意味です。

インソールをつけた上で正しい歩き方をして、正しい使い方をすれば治すことができますが、扁平足になってしまった原因の1つとして体重増加によるものでしたらインソールをつけてもあまり効果を発揮しません。

もしそこで痛みが軽減してしまうとインソールをつけているから軽減してるのだけであって体重を減らさなければいけないと言う危機感は全くなくなってしまいます。

痛みが改善したから良かったと思わずにそもそもインソールをつけないと痛みが出てしまう状態と言うことを把握する必要があります。

 

②靴を変える

靴を変えると言うのもインソールとつけない理由は同じです。

オーダーメイドの靴もオーダーメイドのインソールを足にとっては負担が軽減してとても良いものです。

ただし、扁平足を改善させると言う意味では靴を変えて痛みが減っても治ったのではなく靴を履いているからマジに感じているだけのことです。

これで果たして治っていると言えるでしょうか? 

痛みを軽減させると言う意味では効果がありますが治すと言う意味では分けて考えなければいけません。

まとめ

いかがだったでしょうか? 

私も実際に多くの偏平足の方を見ていましたが、歩き方や足の使い方が非常に悪い方が多いです。

自分自身では正しく歩いているつもりでも足にタコができていたり指が浮いてしまったりしているとそれは正しくあるけていない証拠です。

インターネットで調べたり、YouTubeなど動画でいろいろな対処方法はあります 。

しかし自分の中で原因がわからずいろいろな方法を試したとしても正直良い結果は出ません。

まずは扁平足を治す前に偏平足になってしまう原因をつぶしていくことによって改善させることができます。

原因と治す方法をセットで考えながらこの記事をお読みください。

少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。