扁平足で痛みがある原因と自分でできる3つの治療方法

スポンサーリンク

日常長時間立っていたり、同じ姿勢をしていると足の裏が痛いと感じることはないでしょうか?

そして寝ている間に足の裏が痛くなったり、こむら返りの様に様にふくらはぎがつってしまって毎日が辛い。

そんな事で悩まれてはいないでしょうか?

足に痛みを感じると歩くことも普段の生活自体にも影響を及ぼすために毎日我慢しなければいけません。

足の裏が痛いと本当に辛いと思います。

この記事では、扁平足による痛みを解決するとともに、痛みの原因、自分でできる対策をお伝えしていきます。

もし足の裏の痛みで悩まれているなら是非この記事をお読みください。

 

扁平足とはどの様な状態のことを言うのか?

土踏まずがなくなっている状態を扁平足と言います。見た目でもわかりますし、確認する事もできます。

足の裏の痛みで病院に行くと

扁平足ですね。

と言われた方もいらっしゃると思います。

しかし、いったいどのような状態を扁平足と呼ぶのでしょうか?見た目でよくわからない場合もあるので、自分での見方もお伝えします。

 

足の炭(今は水でします)を塗ってどれだけ足の裏に跡が残るのか?(フットプリント)

そしてもう一つ行うのが

足のタコの位置

この2つの方法を取るのが一番確実です。

フットプリントと呼ばれるものですが、足の裏に墨汁などを塗り、それを半紙やなどの上に立つという方法です。

正常の方だと下の写真の様な足方になります。バランスがうまく取れている証拠です。

 

下の写真の様に墨汁ががつく範囲がとても多いと扁平足と判断をします。

ハイアーチと言うのは、偏平足の反対で土踏まずが沢山ある事をいいます。

また、下の画像の様にタコの位置にも気を付ける必要があります。

タコがある部分で足の何が悪いかを判断します。

 

ある程度タコの位置で悪い場所を特定できるのです。

一つの参考にして下さい。

悪い場所によってタコのでき方が違います。

あなたのタコはどこにありますか?

足の裏は体にとってどの様な影響を及ぼすのか?

体の中で唯一地面に接しているのが足の裏です。

全ての負担や体重を地面に逃がすために足の裏には土踏まずがあります。

その土踏まずがなくなってしまい、扁平足になると本来逃げるはずの体重が全て逃げずに上に反射されるようになります。

負担が逃げないという事は足にも腰にも肩にも全て負担がかかってしまうという事なのです。

足の裏はバネのような役割をしているので、体全身の体重を地面に分散させます。

このような状態が続くとふくらはぎがつってしまったり、足の裏に重心が乗ってしまうので痛みを大きく引き起こす原因となります。

 

 

扁平足が原因で足が痛くなる病名

扁平足が原因でいろいろな病名を引き起こすことがあります。

今からお話しするものが3つの病名についてお話をしていきます。

脳の状態も扁平足が原因で痛みを起こします。

もちろん扁平足があるから必ずこの症状が出るわけではありませんが、扁平足があることによって起こりやすいというこを理解してください。

 

・足底腱膜炎

足底腱膜炎と言うのは写真のように足の裏には足底腱膜と呼ばれる大きな筋肉があります。

この筋肉が足の裏を作っていて土踏まずの大元になるのですが、かかとの筋肉がくっついている部分で使いすぎや使い方が悪いことによって炎症を起こすことをいいます。

症状が強くなってしまうとかかとにトゲができてしまい大きな痛みを生じてしまうことがあります。

症状が強くなりとげがあまりにもひどい場合は、手術をして棘を削ると言う場合もあります。

主な症状として朝起きに足をついたときかかとに大きな痛みを感じたり、歩くだけでも大きな痛みを生じてしまうことがあります。

本当に痛みが強いものです。下記に詳しく教えておきますのでぜひ参考にして下さい。

足底腱膜炎の原因を知って痛みを治そう!

足底腱膜炎にステロイド治療は有効なのか?

・中足骨骨頭炎

中足骨骨頭炎(ちゅうそっこつこっとうえん)と呼ばれるのは下の写真をご覧いただきたいのですが、骨の指の付け根の骨を中足骨といいます。

この部分に大きな負担がかかることによって炎症が起きてしまうのがこの病名の特徴です。

中足骨骨頭炎の主な原因として靴があります。

ヒールを履いている方は指先が浮いてしまっているので中足骨の先端に常に圧がかかる状態になります。

この炎症起こしてしまうことによって痛みを引き起こすのが大きな原因です。

浮き指と言うのを聞いたことがあるでしょうか? 

指が地面から浮いてしまっている状態のことを言うのですが、指先を使っていない方は負担が先端にかかってしまうので、痛みを生じやすい傾向にあります。

男性と女性では圧倒的に女性に痛みを生じる方の方が多いのが特徴です。

 

・モートン病

モートン病はおそらくあまり聞きなれない病名だと思います。

モートン病と言うのは薬指と中指の間に限定的に痛みを出す病名のことをいいます。

下の写真をご覧いただきたいですが、写真の部分に痛みは生じやすいのがこの病名の特徴です。

この痛みは非常に強く、足をつくだけでも強い痛みを生じますし、歩くだけでも激痛やしびれを常に感じるような症状があります。

長年モートン病で悩まれている方もたくさんいらっしゃるので、非常に辛い病名でもあります。

原因は上記でお話をした浮指と言うのも原因の1つですし、扁平足も原因として挙げられます。

また靴が合っていなかったりヒールパンプスなどを頻繁にいかれている方はモートン病になりやすい傾向にあります。

モートン病を患っていて実際に痛みが改善された事例もあるので、下記にリングを貼っておくので一緒にお読みください。

改善事例からみるモートン病を治す為の方法

モートン病の対策としてインソールは効果があるのか?

 

なぜ扁平足になってしまうのか?

扁平足の原因は様々ですが、私が実際に見ている患者さんの原因をいくつかに分けて解説をしていきます。

 ①指先を使っていない

上記で説明をした浮き指に類似しますが、足は本来3つの点でバランスをとりながら体重を地面に逃すようにしていきます。

指先を使わないと言う事は3点でバランスが取れなくなってしまうので、2点でバランスを取るようなイメージで日常を過ごしています。

イメージとしては下の写真のような形でバランスを取るのですが、指先を使っていない方は2点で体重を支えます。

緑色の部分を使っていない状態です。

スポンサーリンク

本来はに2点で支えられるような構造になっていないのにも関わらず、無理矢理バランスを取ろうとしてしまうので扁平足になってしまいます。

 

扁平足になると言うよりも土踏まずが潰れてしまっているイメージを持っていただくと分かりやすいと思います。

事項でお話をしますが、バランスが悪いことによって歩き方もとても悪くなってしまいます。

 

 ② 自分に合っていない靴を履いている

次に多い扁平足の原因として、自分に全く合っていない靴を履いていると言う方がとても多いです。

足の痛みを患っている方は男性よりも女性の方が多い傾向にあります。

これらの理由として靴を選ぶときにおしゃれな靴や見た目を気にする方がとても多いので、機能性よりもデザイン性を重視される方がとても多いのが原因として挙げられます。

例えばハイヒールを履いている方や、パンプスや物などは見た目的にとてもきれいに見えるのですが、その反面足の負担は非常に多くなってしまいます。

ヒールを履いている状態で正しくあること言うのは非常に難しいというのが現状です。

ヒールを履いている方は上記で説明をした通り指が浮いてしまっているので指先の付け根に負担がかかることがとても多いです。

おしゃれの靴を選ぶことも決して悪くは無いですが、扁平足を直すのに当たって靴を選んで改善させると言うことも視野に入れなければいけません。

 

③歩き方がとても悪い

最後にお話をするのが歩き方がとても悪いと言うことです。

  • 1)指先を使っていないと言うことも
  • 2)手を全く振っていないこと
  • 3)お腹を突き出しながら歩いている

この3点が扁平足になっていることに共通する歩き方です。

扁平足の方はベタベタ地面を蹴るような形で歩いている方がとても多いです。

手を振らずに立っている姿勢もとても悪い傾向にあります。

極端ですが下の写真のような立ち方をされている方がとても多いです。

自分自身ではこんな悪い姿勢をしていないと思っているかもしれませんが、実際に鏡や写真で見るとこれに近い姿勢になっている方が多いです。

 

そして扁平足の方に1番多い特徴として手を全く振らずに歩いています。

手を振ることによって何が良いかといいますと、足を大きく前に出すことができます。

足を前に大きく出すことによって踵からついて指先で地面を蹴ると言うのがやりやすくなります。反対にに手を振らずに歩くと正しい歩き方がとてもやりにくくなってしまいます。

 

これら3つを改善することによって扁平足を改善する事ができます。

 

 

 

扁平足はそもそも治るのか?

扁平足って治るのですか?

という事を聞かれますが、

扁平足は治りません。

元も子もないような話をしますが、扁平足が治ると言う表現が間違えているかもしれません。

足の形で偏平足の方もいるので治るという表現は正しくないと思っています。

扁平足による痛み、怠さなどは治ります。

扁平足と判断された方が全て痛みや張りが出ているかと言われればそうではありません。

扁平足でも痛みがなかったり、特に体に影響がない方も沢山いらっしゃいます。

結局扁平足は使い方が悪くて体の影響を及ぼすのであって、痛みの原因が扁平足ではないと言うことです。

扁平足を治すのではなく、普段の使い方を変えれば痛みなどはほとんどでないという事になります。

 

扁平足にインソール、靴を履いて治るのか?

扁平足と診断されると一番最初に対処として、言われているのが

インソールを作りましょう。

と、言われます。また、

オーダーの靴をつくりましょう

と言うような事を言われます。本当に扁平足にインソールをつけて治るのでしょうか?

インソールを否定するわけはありませんが、

インソールをつけたところで根本的な解決にはなりません

インソールだけにかぎらずですが、インソールをつけて痛みが取れたとしたも、それは歩き方や使い方が変わったわけではなく、ただインソールを着けているかは扁平足の痛みが改善しているだけに過ぎません。

痛みが引けば良いのでは?

と考えられる方もいらっしゃいますが、痛みがひいてしまうとかえって痛みがひどくなってしまう可能性があります。

インソールを痛みを取るための過程として使うはいいですが、治すために使うのは違うので気をつけて下さい。

 

扁平足を治すための自分でできる3つの方法

ここでは扁平足を改善するための方法をお伝えしていきます。

歩き方、ストレッチ、マッサージの方法と3つに分けてお話しをしていきます。

・歩き方

上記でも少しもお話しをしましたが、歩き方を変えることは絶対的に必要です。

歩く時に気をつけて頂きたいことは

  • 手を振ること
  • 指先を使うこと
  • 姿勢を正しくする

この3つの方法を試して行うことが大切になります。

①手を振る

上記で説明をしましたが、振り子のようなイメージで手を振ります。

前に振るのではなく後に大きく振るようにしてください。

普段の生活の中で前で使うことがとても多いですが、後に手を振って動作をすると言う事はほとんどないと思います。

単純に振るだけで構いません。非常にシンプルですので歩く時に手を振ることを行なって下さい。

荷物を持っている場合は片方の手でも構いません。

是非実行してください。歩きやすいのがよくわかると思います。

 

②指先を使う事

歩く時にこの方法はとても重要になります。

インソールをつけていても外すことを前提に考えて指先を使い情報をマスターしましょう。

踵から地面に足の裏全体をつけるように地面に付けて足を切る際に親指と人差し指中指までを地面につけるように蹴ります。

指先を地面につけることによって体重移動がスムーズになります。

それによって体重がきれいに逃げてくれるので扁平足改善に非常に役立ちます。

下記に動画を載せておくのでそちらも参考にしてください。

指先を使いながら歩く方法と、それがしやすいトレーニング方法ものせています。

上記の動画は扁平足ではないですが、方法は同じです。

③姿勢を正しくする

姿勢を正しくして上記2つをしやすくします。

体のバランスが悪いまま普段気をつけても努力の割に成果があまりでてきません。 

一番多い姿勢はお腹を前の突き出すような姿勢が多いです。

正しく綺麗な姿勢をするには

大きく深呼吸をして下さい。腹式呼吸ではなく、胸式呼吸でおこないます。

腹式呼吸とは息を吸った時にお腹が膨らみます。

それに対して胸式呼吸とは息を吸う時にお腹が凹みます。

大きく息を吸った時に胸を張ることができて、お腹に力が入っているのがわかりますか?

この姿勢が一番正しい姿勢になります。

普段姿勢が悪い方はこの姿勢をすると体が正しく使えるようになるので筋肉が正常に動くようになります。

この方法でやり方がわからない場合は次の方法を試してください。

壁に体を全てつけてたってください。

つけるポイントとして頭、肩、背中、お尻、踵全て壁につけて下さい。

上記は壁につけてそのまま1歩前に出した状態を示しています。

その状態で一歩前に出てください。

とてもとてもしんどくないですか?

そのしんどい状態が一番正しい姿勢なのです。

その姿勢をキープできれば一番正しくて綺麗な姿勢になります。

 

・ストレッチ

次に紹介するのがストレッチです。

ストレッチをする意味として治すことも勿論大切ですが

前の疲労感を次の日に残さない

これが一番大切です。

動画の方がより理解しやすいので是非ご覧ください。

 

 

・マッサージ方法

マッサージもストレッチと同じ理由で行っていきます。

動画の方がより理解しやすいので是非ご覧ください。

上記の動画は扁平足ではないですが、方法は同じです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は扁平足で足に痛みがある場合の対処方法をご紹介しました。

対策はたくさんありますが、ストレッチ、マッサージ、そして歩き方。

これらを全て改善するだけでも痛みや状態を改善することができます。

面倒臭いところもありますが、是非試して下さいね。

スポンサーリンク

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。