膝の外側が痛い時の原因と考えられる病名

スポンサーリンク

運動すると膝の外側に痛みが出てくる。

階段の上り下り、日常的に歩いていても膝の外側に痛みが出てくる。

そのような症状が出てきて悩まれてはいないでしょうか?

膝の外側が痛い時に考えられる原因を知ることで痛みが出た理由や、対策を打つことができます。

また痛みが強いときには運動を中止したり日常的に気をつけて痛みを解消させることもできます。

もしあなたが膝の外側の痛みで悩まれているならばこの記事を最後までご覧ください。

膝の外側が痛い時に考えられる原因

膝が痛いといってもたくさんの症状や怪我、病名があります。

膝の外側が痛い時に考えられる原因として3つあります。1つずつ解説をしていきます。

 

①腸脛靱帯炎

腸脛靱帯炎とは整形外科などで膝の外側が痛いとレントゲンをまず撮られます。

レントゲン上では全く影響がなくこのような病名が基本的に付きます。

腸脛靱帯炎の原因として一般的には使いすぎ、ランナー膝と言って走りすぎによって膝の外側に痛みが出ることをいいます。

骨と腸脛靱帯がこしれてしまう事によって膝の外側に炎症が起きてしまい痛みが出るとされています。

骨と人体の間に滑液包と言ってクッションの役割があるのですが、この部分に炎症が起きてしまい痛みが出てきます。しかしあくまでもこれは原因の1つとして大元の原因ではありません。

腸脛靱帯炎はお尻の大臀筋(だいでんきん)と言われる筋肉からと大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)膝の外側に伸びているのですが、お尻の筋肉が硬くなることによって腸脛靱帯炎が伸ばされてしまい結果的にテンションのかかりすぎと使いすぎによって痛みが出てきてしまいます。

逆に言うと腸脛靱帯炎の場合は膝の外側を治療するのではなくお尻から筋肉を緩めて使い方を変えなければ治る事はありません。

逆に言うとお尻からきっちりと治療することと膝のねじれをとってあげることで基本的に痛みと言うのは感じさせることができます。

何もせずにほったらかしにしていると痛みが出てしまいますが、基本的には予後良好です。

治療方法としてストレッチを行ったりマッサージを行うことで軽減をしますが、最終的には使い方を変える必要があります。

単純に使いすぎによって痛みが出ている場合でも、自分の体にその運動量が合っていないと言うことなのでいちど運動を止めて筋肉トレーニングをしたり体のねじれ歪みを取る必要があります。

 

 ②膝の外側の靭帯を損傷している

膝には内側と外側の靱帯が2つあります。その他に前側についてる靱帯と後ろ側に付いている靱帯の2つあります。

よくスポーツ選手が前十字靭帯を損傷して施術をしましたと言うようなニュースを聞くと思いますが、これが膝の前側に付いている靱帯のことです。

外側と内側の靭帯は基本的に膝を捻ったり怪我をすることによって起こります。

スポンサーリンク

慢性的な動作の結果靱帯を痛めると言う事はあまり多くありません。

例えばサッカーをしていて急な方向転換に体がついていけずに外側の靭帯を痛めてしまった。

横から人にぶつかってしまい膝をひねってしまった。

このような怪我の時に外側の靭帯を痛めることが多いです。

外側の靭帯を痛めてしまった場合は、基本的に運動は中止となります。

何かしらの外力が加わって起こってしまったので包帯等で固定をし靱帯が回復するまで安静にする必要があります。

この時に無理をして運動すると治りが悪くなることや、靱帯の回復ができないため違和感が常に残った状態になってしまいます。

靭帯の損傷は必ず安静にしてください。

 ③外側の半月板を損傷している

半月板を損傷する理由としては大きく分けて3つあります。

1)体重が増えてしまい半月板に負担がかかる

2)スポーツなので急に端をしたり方向転換をすることによって痛める

3)膝にに直接物や人がぶつかったりして痛める

この3つが大きく関係してきます。

2)3)は運動していなければ基本的に怪我をすることがありませんが1)は単純に体重が増えてしまうことによって損傷してしまうので本当に注意をしなければいません。

体重が増えてしまうと使い方や体の状態が大きく変わってしまうのと同時に膝への負担が大きくなってしまいます。

このときの治す方法は体重を減らすしかありません。

変にストレッチをしたり体操したりすると逆効果なので1番体重を戻すのが難しいかもしれませんが治すためには方法がないので体重増加には充分に気をつけましょう。

半月板の損傷は靭帯の損傷と同じで基本的に安静にする必要があります。

半月板の損傷は場所によって全く治らない部分もあり注意を払う必要があります。もともと血流が悪いので半月板を損傷してしまうと治らないことの方が多いと理解して下さい。

そのような状態で無理をしてしまうと絶対に痛みや違和感が残るのでしてはいけません。

きっちりと運動や制限されている事はやめて治療に専念しましょう。

 

 

以上3点が膝の外側が痛い時に考えられる原因です。

①に関しては使いすぎや使い方が悪いことによって痛めてしまいますが、 ② ③に関しては怪我をすることによって痛めてしまう可能性が1番多いです。

特に③の体重の増加による半月板の損傷はすぐに減らせれるものではないので少しでも痛みを感じれば体重の増加を疑いましょう。

 

まとめ

膝の外側の痛みとして3つお話をしていきました。

運動をしていたり日常的によく歩かれるような仕事をされている方は腸脛靱帯炎になっている可能性が1番高いです。

痛みが出たときにMRIやレントゲンを撮り半月板や靱帯に異常がなければ基本的にしっかりと治療して直すことができます。

ただし痛みを我慢しながら運動を行ったり無理をすることによって痛みが改善しないどころかどんどんひどい状態になってしまいます。

痛みはほったらかしにせずにご自身でストレッチや体操して改善しないのであれば専門の医療機関を訪れるようにしてください。

スポンサーリンク

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。