腰椎ヘルニアで手術は少し待って!手術が必要な場合とが必要でない場合の判断

スポンサーリンク

腰に痛みを感じたり、足に痺れを感じて心配になりレントゲンとMRIを撮ると腰椎椎間板ヘルニアと診断された事は無いでしょうか? 

腰椎ヘルニアと聞くと治療方法として1番に浮かぶのが手術ではないでしょうか? 

実際に痛みやしびれを感じて手術をされた方も周りにいらっしゃるかもしれません。また手術をした方が良いと勧められたことがあるかもしれません。

 本当に腰椎ヘルニアになってしまうと手術をしなければいけないのでしょうか?この記事では手術をする場合としなくても良い場合の判断基準をお伝えしています。

 

腰椎ヘルニアとはどのような状態のことを言うのか? 

ヘルニアには腰痛のこともあれば頸椎のこともあります。また脱腸と言って鼠蹊部のところでヘルニアが出ることもあります。

ヘルニアと言うのはラテン語で飛び出すと言う意味があります。

腰椎椎間板ヘルニアと言うのは腰椎の椎間板の中にある物質が外に飛び出してしまうことというのが直訳になります。

背骨の中には脊髄神経と言って神経の大元が入っています。

ヘルニアで椎間板が飛び出してしまうことによって神経を圧迫してしまいます。椎間板のすぐ前側に神経が走っているので出方によっては大きく痛みを出したりしびれを出してしまいます。しかしヘルニアが出てもまれに無症状の方がいらっしゃいます。

 神経に全く当たらないと言う方はいらっしゃいませんが、少ししか出なかったり神経を避けるようにヘルニアが出ても痛みしびれをほとんど感じません。

 

 

腰椎ヘルニアになるとなぜ痛みしびれを感じるのか?

上記でご説明をしましたが、神経にあたるので痛みしびれを感じることがあります。それと同時にヘルニアになってしまった原因があるので痛みやしびれを感じるようになります。

ヘルニアになってしまうので神経を圧迫して痛みを生じてしまうのはひとつの原因なのですが、そもそもヘルニアになってしまった原因というのは必ず別にあります。

特に多いのは日々の疲労によって腰痛を生じてしまい体が限界を超えてヘルニアが出てしまうということです 。

単純にヘルニアだから必ず痛みと痺れが出るかと言われればそうではありません。

体の緊張が強くて結果的に痺れを生じてしまうというのはよくあります。

腰椎ヘルニアで手術が適用になる状態は? 

手術は絶対にしたくないと言っても絶対に避けられないこともあります。

それが内蔵障害をもたらす時です。

例えば排尿障害があったり、排便障害があったり、歩行困難な場合は日常生活がままならないのですぐに手術する可能性があります。

特に便や尿が出なくなってしまうと生死に関わるのでこのような状態が出ると絶対に手術をしなければいけません。

もちろん注射や薬で改善するならば良いのですが、神経をもろに圧迫してしまった場合は治る見込みがないのと時間があまりにも時間がかかりすぎてしまうので内臓に負担がかかります。

腰椎ヘルニアで内臓疾患を患った方ですぐに手術した方は私の周りにもいらっしゃいます。

 腰椎ヘルニアで手術をするメリットとデメリットは? 

 

手術が適用になるものとして排尿と排便障害があったときには必ず手術が必要と言う話をしていきました。

これ以外に関しては基本的に手術は反対です。手術をするメリットとデメリットをここではご説明していきます。

 

腰椎ヘルニアで手術をするメリット

  • 痛みしびれが改善する場合がある
  • 即効性を感じることができる

 

腰椎ヘルニアで手術をすることのデメリット

  • 痛みしびれが改善しない場合がある
  • 皮膚を切るので筋力がつきにくい
  • 手術をしていない部分のヘルニアのリスクが高い
  • 後遺症が残ることがある

 

このようなメリットとデメリットがあります。

 手術の最大のメリットはやはり即効性を感じることができることです。手術をしたことによっての痛みはありますが、その後は痛みや痺れが劇的に改善する場合もあります。

手術をすることで痛みが改善したり痺れが少なくなったという事例もよくあります。

しかしその一方で今まで少しのしびれしかなかったのに手術をすることで余計に痺れと痛みを感じるようになったというのも反対にあります。

手術は成功したけども痛みと痺れは残ったというのも患者さんの訴えとしてはあります。

色々な要因があるとは思いますが少なくとも手術をすることで必ずしも全てが解決するわけではありません。

反対に手術をすることで手術する前よりも症状が悪化するということもありま。

 

基本的に今ヘルニアになってもすぐに手術をしましょうというところは減ってきました。

メリットよりもデメリットの方が多いので手術を勧めるというのもリスクにしかならないため件数が減ってきているのが現状です。

安易に手術を勧められる場合は手術を受ける前に少し考える時間を設けてください。

手術は絶対にしたらダメというわけではありませんがメリットとデメリットをしっかり理解した上で受けるようにしましょう。

腰椎ヘルニアで手術をせずに治す方法とは? 

ヘルニアの治療する際に実際手術を受けなくても改善することは可能です。

私がヘルニアで来られた患者さんに指導している内容や治療方法をここではお伝えしたいと思います。

 

ストレッチをしてヘルニアの痛みしびれを改善する方法

ヘルニアで痛みをとる際にストレッチをして症状を改善することは非常に有効です。

痛みそしたら痛いのかで悩まれているならば是非ストレッチ方法を試してください。

1)太ももの前を伸ばすストレッチ

 

①壁に体をそらすようにしてたってください。壁に沿ってるほうの手を壁につけてバランスを取ります。

② 反対の手を膝を曲げた方の足首を持ち太ももの前をストレッチします。

③この際に腰が大きく反ってしまうと痛みを感じてしまう可能性があるので、 腰を反らすのではなく太ももの前を伸ばすようにしましょう。

④片足15秒間を目安にストレッチをして左右均等に行ってください。

上記は座ってもできる方法です。立ってでも座ってでもどちらもでも構いません。

 

2)お腹の前のストレッチ

①床にタオルを1枚 敷いて膝が痛くないようにします。

スポンサーリンク

② タオルがある方に膝をのせて反対の足は大きく前に出します。膝の角度が90°になるぐらいまで前に出してください。

③重心を前に出した膝の方に載せることでタオルの上に置いた膝の股関節の付け根がストレッチされていくと思います.

④この状態のまま15秒間停止をしてください。

 

このストレッチも腰を伸ばしてしまうと痛みが出る可能性があるので腰を反らすのではなく重心を前に奥様にしてください。

 

 

3)お尻を大きく伸ばすストレッチ

① 椅子もしくはベッドにあぐらをかくようにしながら足を置いてください。

②片方の足を後ろに伸ばし、台の上に上げた足の法に重心を大きくかけてください。

動画では右足をストレッチしているので右側の太ももの外側からお尻が伸ばされています。

 

注意点として腰が反ってしまうと痛みやしびれを感じてしまうので重心を前に置くようにしていきましょう。

このストレッチは非常に効果的ですのでぜひ行ってください。

 

4)股関節の内側を伸ばすストレッチ

① 足を大きく横に出し四股を踏むような形にします。

②重心を真ん中に落としていくと股関節の内側がストレッチされていきます.余裕があればこの状態のまま方を入れながら体を捻るようにしてください。

③腰をひねった状態で15秒間、 捻るのが厳しい場合はシコを踏んで体重を落とすだけでも構わないのでそのまま15秒間ストレッチしていきます。

 

以上が腰椎ヘルニアに効果的なストレッチになります。

急性期の場合は炎症が強く痛みしびれがひどいのでストレッチが全てできるわけではありません。

できる部分から行なっていき腰の負担を分散させるようにストレッチをしていてください。

実際にこれらのストレッチをして症状が改善されたという方がたくさんいらっしゃいますのでご安心ください。

 

姿勢身体の使い方を変えてヘルニアの痛みやしびれを改善する方法

ヘルニアが再発しないようにするためには体の使い方を変えなければいけません。

そのために絶対に必要なことが姿勢を変えることです。

姿勢が悪い状態で体を使っていると必ず痛みがぶり返しますそうならないためにも正しい姿勢で正しい使い方を体に覚えさせなければいけません。

姿勢を変える時に腰に痛みがあまりにも強い場合はコルセットなどを使って腰を固定する方法がおすすめです。

間違った方法で コルセットをすると逆に痛みを感じてしまうのである程度の知識は必要です。

下記の動画は産後の方に撮ったコルセットの付け方ですが、 共通する部分があるので一度ご覧ください。

 

立ち方と座り方に関しては横から見た時に一直線になるように座ります。

下の写真のように 耳と肩と股関節が一直線になるように座ります。

ヘルニアになってしまうとこの姿勢を保つのが非常にしんどいので、 お尻にタオルを敷いて 骨盤が立てやすい状態にしてあげることが姿勢をまっすぐにするポイントです。

 

立っている姿勢の時も同じように耳と肩と股関節と足首が 一直線になるような立ち方をするのが理想的です。

この状態も長時間続けると痛みが出てしまう可能性があるのである程度自分なりに角度が変えながら行ってください。

立っている状態では特に痛みがない場合は鏡で見たり誰かに横から見てもらい確認をしてもらうことが理想的です。

 

腰椎ヘルニアを治す事に対しての私の個人的な意見

私個人として多くの椎間板ヘルニアの患者さんを見てきましたが、ヘルニアの手術をして良かったと言う声は1度も聞いたことがありません。

私が腰椎ヘルニアを治療する上で手術と言う選択肢は極力避けるようにしています。

上記でお話しをしたように内臓障害が出ると手術受けることをお勧めしますが、基本的に腰椎ヘルニアと言うのは時間の経過とともに水分が体に吸収されていくので痛みしびれを感じなくなってしまいます。

それよりも再発しないようにしたり、周辺の椎間板に負担がかからないような治療方針に変えていかないといつまでたっても痛みを感じるようになります。

保存療法でも十分に痛みしびれを改善することができるので手術と言う選択肢は1番最後の最後にどうしようもない時に考えられればいいと思います。

まとめ

今回の記事では椎間板ヘルニアになった時手術が必要かどうかの話をしていきました。

何度もお話をしていますが私個人的には手術は全くおすすめをしていません。

内臓障害が出てしまい普段の生活でどうしようもない場合は手術を考えるというのも一つの手ですが、保存療法で改善された方がいいと。

実際に私が見ている患者さんでも手術をして予後が悪い方がとても多いです。

元の状態に戻すことはできません。

手術を検討されているならすぐに判断をするのではなく一度考えてみてください。

この記事は私の個人的な意見ですので一つの参考として考えてください。

またあなたの周りに同じような悩みを抱えている方がいらっしゃればこの記事をぜひ教えてあげてください。

スポンサーリンク

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。