骨盤矯正をすると本当に痩せるの?

スポンサーリンク

骨盤矯正をすると痩せる

という記事や広告を読んだりすることはありませんか?

テレビや雑誌などでも骨盤矯正で痩せる、と謳った商品を宣伝していたりしますよね。

気になるのは、骨盤矯正で本当に痩せるのでしょうか?

そもそも骨盤矯正で痩せるのはなぜなのか。

今回は骨盤矯正で痩せるかどうかについてお話していきます。

骨盤矯正で痩せる??本当の意味

結論から言います。

骨盤矯正だけでは痩せません。これは事実です。

骨盤矯正をする、というとあなたは何のためにそれをしようと思いますか?

出産したから、生理痛がつらい、O脚を治したい…、いろいろあるでしょう。

中でも一時期ブームになったと言っていい骨盤ダイエット。

「骨盤矯正で痩せることができる」「簡単に痩せられます」

運動せず、食事も我慢することなく、サプリメントで高いお金を出さなくても、たった一回骨盤矯正するだけで痩せる。

正直本当にそうであれば夢のような話ですね。

ただし、骨盤矯正を行うことで痩せやすくなる、という表現を使うならばそれは本当とは言えるでしょう。

骨盤矯正で痩せる、とは

 

単純に骨盤矯正は痩せる為に行なうものではありません。

よくエステなどでなかなか体重が落ちない、体型が変わらないときに「骨盤が歪んでるから痩せにくいんですね」と言われた、ということを聞きます。

ですがそれは、あくまで痩せない一要素でしかなく、必ず他にも痩せない理由があるはずです。

骨盤が歪むとどうなるの?

骨盤が歪むと確かに太りやすくなります。

理由としては、骨盤の中には内臓がしまわれており、骨盤が歪むことで内臓の機能が低下します。

つまり食べたものの消化と吸収、そして排泄という行程が行われる機能がすべて低下するため、痩せにくくなるのです。

女性は特に子宮も骨盤の中に納まっている為、骨盤が歪むことから生理痛の症状や生理前の前駆症状がきつい方も多いのです。

こういった歪みによって起こる不調を骨盤矯正で改善する、ということは確かに可能です。(個人差はあります)

ですが、食べても太らない体になったり運動しなくても代謝が上がって消費カロリーも増えて自然と痩せる、と言う訳ではありません。

なぜ痩せる人はいるのか?

骨盤矯正をすることで内臓の位置を整えたり、姿勢を真っ直ぐにすることで今まで使われていなかった体の部分が使えるようになるため、痩せやすくなるのは確かです。

ですが何をしなくても勝手に脂肪がなくなるわけではなく、骨盤矯正で得られる変化は脂肪ではなくむくみが減って感じるものなのです。

実際、産後の骨盤矯正を行なうことでむくみが改善し、腰回りがすっきりした、足が細くなった、体重が3~4キロ減った、という方もいらっしゃいます。

これは妊娠中お腹の中の赤ちゃんが大きくなるにつれ、骨盤も開いて下半身への血流やリンパの流れを悪くしていたものが、出産後も骨盤の開きがもとに戻らず、骨盤周りから下半身にかけてのむくみがきつく残ることによります。

骨盤を正常な状態に戻すことで、姿勢が整い本来の代謝に戻ることでむくみが改善されます。

そのむくみが取れた状態を人によっては「痩せた」と表現することもあります。

授乳による体重減少

あとは単純に授乳による体重減少も考えられます。

ただしこれには個人差も大きく、もともとの代謝がいい人は産後の反応が出やすかったり、むくみもとれやすいのですが、妊娠前や妊娠中の生活習慣、食習慣が乱れ過ぎてしまっている人は反応が出にくいことに加え、単純に現在進行形で痩せにくい生活習慣を送っている可能性が非常に高い、ということも考えられます。

出産以外の骨盤の歪みからくる体重増加は、骨盤の歪みはあくまで一要素でありそれ以外の生活習慣・食習慣が原因で太っているため、たとえ骨盤矯正をしたからといってそのほかを変えないのであれば効果は望めないでしょう。

つまり「骨盤矯正で痩せる」というのは正確な表現とは言えないのです。

言葉だけが一人歩きしているという事なのです。

骨盤矯正の作用

だからと言って骨盤矯正がダイエットに関して全く効果がないというわけではありません。

産後だけではなく、普段からの姿勢や体の使い方が悪く、骨盤が歪んでいる場合でも同じように姿勢が変わったり、内臓の働きが変わることで痩せやすい状態にはなります。

ですが痩せたいのであれば骨盤矯正に糖質制限を加えて行なったり、体を引き締めたいのであれば運動を行う必要があります。

骨盤矯正をする上で大切な事は

姿勢

です。姿勢が悪いと痩せにくいだけでなく、体型が悪くなるからそれを改善するための行っていきます。

骨盤矯正で痩せる為に必要な事その1

例えば、すごい便秘がちであったり、生理痛がきつい人は、もともとの内臓の働きが弱くなっている可能性が高く、代謝が低くなっています。

そういった人がダイエットの為だと食べるものを極端に減らしてしまうと、さらに摂取カロリーが低くなり体が食べたものを体内で燃焼しようとしなくなり、代謝が低下したまま痩せにくい状態から抜け出せない悪循環に陥ります。

代謝が低下していたり、生理痛がきつい人は骨盤が歪んでいたり、肋骨が下がっていたり、体のバランスも悪くなっています。

スポンサーリンク

それらを改善しながら、カロリー制限ではなく正しい食習慣に変えていくことで体のバランスを整えることもできるため効率よく痩せやすくなるのです。

骨盤矯正で痩せる為に必要な事その2

運動して体を引き締めたい人でも、猫背、反り腰、内股、がに股など使い方の癖が強いと、運動しても使う筋肉が偏ってしまい、太ももの前側や外側に筋肉がついてたくましくなってしまったり、お腹の筋肉が使えていないのでなかなかお腹が痩せないなど、体の使い方が悪いと気になる部分がなかなか痩せない、逆にたくましく見える、などのように逆効果になってしまうこともあります。

そういった場合はまず体のバランスや使い方を正しい状態に戻してから運動することで、全身をバランスよく動かせるようになります。

そうなると使う筋肉が均等になるため運動して体を引き締めることの効率もあがるのです。

このようにダイエットする場合には生活習慣、食生活を改善しつつ、骨盤l矯正はそれらの効果を高めるために行うものといえます。

決して骨盤矯正したからといって何をしなくても痩せる、なんてことはありませんので間違えないようにしましょう。

骨盤矯正と部分痩せ

骨盤矯正がダイエットの効果を高めるために有効なのはお話していきました。

ですが骨盤矯正があまりダイエットに有効に働かない場合もあります。

それはセルライトがついた場所の部分痩せです。

セルライトは部分痩せの天敵

セルライトは老廃物の塊であり、体の中で燃焼されなかった燃えカスのようなものです。

これは一度できてしまうと、食べないダイエットをしても、運動をしてもなかなか減らすことができず、それがついている部分は痩せにくいままになってしまうのです。

セルライトに関しては、エステで使うような超音波の機器を使って直接分解していく方法が確実で効果が得られやすいのは事実です。

自分でなくす方法はないこともないですが、正直数年がかりで改善されていくものだという覚悟は必要です。

セルライトの原因

セルライトの原因はむくみと食べ物です。

難しい話をすると、セルライトは終末代謝産物と言われるもので、糖質の摂り過ぎが原因で糖とたんぱく質が化学反応によって結びつきできたものです。

さらに糖質は水分を引き付ける働きがあるので、摂りすぎるとむくんでしまうのです。

つまり糖質の摂り過ぎがセルライトの原因に繋がっているのです。

セルライトが今後つかないようにするのであれば、むくまないために食習慣、生活習慣、を身に付けていくことが大切になります。

そういった意味では内臓の位置を正常にする骨盤矯正も必要となります。

ただし、今までについてしまっているセルライトをなくすことは、骨盤矯正ではできません

そのため太もも、下腹、などのような部分的に痩せたいところにセルライトがついているならば、まずはセルライトがを分解していくこと、それと同時に今後セルライトが付きにくくなるように、を合わせて行うことで部分的に痩せることが可能になります。

運動して痩せたい場合にも、セルライトが多くあるとその部分はなかなか痩せず、セルライトがあるということは血液の流れが悪いので膨張した筋肉がついてしまいやすく逆に太って見えてしまいます。

部分的に痩せることを目的とするならば専用の機械と食習慣、生活習慣の改善と骨盤矯正を合わせて行うことがベストだと言えます。

骨盤矯正で体型の変化はでる

逆に、骨盤矯正だけで痩せたようにみえることはあります。

それは姿勢が改善されるからです。

姿勢改善で痩せてみえる

例えば産後にお腹がぽっこりして戻らない、太ももの前側ばかりが太くなる、お尻がおっきくみえる、など、これらは脂肪のつき方によるものもありますが、姿勢を改善することで見た目の変化は得られるものです。(原因によるため個人差はあります)

妊娠、出産、抱っこの影響で腰が反り腰になり、お腹を突き出すような姿勢が癖になっている場合、反り腰を治せば見た目が変わるためお腹のぽっこり度合いもなくなります。

太ももの前側ばかりが太いのは体を支える重心が前にめりになっているため、体の使い方を改善できれば見た目の変化が出てきます。

お尻がおっきく見えるのは、骨盤が開いたわけではなく、骨盤の下に付く股関節が捻じれているからそう見えるだけです。

太ももの骨の横側にある出っ張りが、股関節が内側に捻じれてしまうことで本来の位置(斜め後方)より前側に見えるため、お尻から太ももの外側が出っ張って見えるのです。

これは股関節の捻じれを戻して、歩き方や立ち方の改善を行うことで見え方は変わります。

×痩せる 〇痩せて見える

ただしすべてに言えることですが、単純に体重が増加した分が減るわけではないので体重は減らないため、「痩せる」という表現には当てはまりません。

つまり体重が増えて太ったのであれば脂肪の量も増えている為体重も落そうとしない限り、痩せることはありません。

あくまで姿勢を改善することで痩せるのではなく、姿勢を改善することで痩せて見えるのです。

姿勢を変えることに骨盤の傾きの調整は不可欠です。

もちろん骨盤だけではなく、肩甲骨、背骨、首、股関節などの矯正も必要になります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

よく当院にも「骨盤矯正で痩せますか?」と直球の質問をいただきます。

正直に「骨盤矯正だけでは痩せません。」とお答えはさせていただきます。

当院で行なっている骨盤ダイエットは先ほど述べたような、部分的に痩せることに特化しております。

骨盤矯正、超音波の機械、食生活の改善を合わせて行なっていきます。

もちろん全体的に体重を落としたい方にも対応しています。

もし気になることがあるようであれば、お気軽にご相談ください。

スポンサーリンク

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。