産後に骨盤矯正が必要と聞くけど、なぜ骨盤矯正をしなければいけないの?

スポンサーリンク

産後に骨盤矯正が必要と聞くけども、なぜ産後に骨盤矯正をしなければいけないのでしょうか?

一般的には産後には骨盤を締めなければいけ なければいけないと 常識として出回っています。

整骨院に行ったり整体に行ったりインターネットで調べると骨盤の矯正をしなければいつまでも開いた状態などという謳い文句で骨盤矯正が必要と聞きます。

産後に骨盤矯正に行っている方もいれば行っていない方も実際にいらっしゃいます。

産後の骨盤矯正を受けていないのにも関わらず体が悪くなかったり体重が戻っていたり体型が綺麗な方もたくさんいらっしゃいます。

本当に骨盤矯正は受けないといけないのかと疑問に思わないでしょうか? 

実際に産後骨盤矯正をしなければいけないのかまたなぜ必要なのかの解説をしていきます。

 

産後は骨盤が開いているのか?

産後は基本的に骨盤が開くから骨盤ベルトをしてできるだけ安静にしましょうというようなことを言われます。

実際に産婦人科でもトコちゃんベルトのような 物を勧められます。

出産後は骨盤ベルトをして安静にすることが1番正しいです。ホルモンが出ていて骨盤が不安定になっているのでそれを安定にさせるために必要なものです。

皆さんのイメージとして 骨盤が左右に開いてしまうというものがなんとなくあると思います。

実際骨盤が開くというのは左右に開いてしまうというものではありません。

出産をするために 出産の前には ホルモンが出てきます。

聞かれたことがあるかもしれませんが リラキシンというホルモンが出てきたり女性ホルモンの量が大きくなり 恥骨や骨盤の筋肉を緩めるようにしていきます。

筋肉や靭帯を緩めることによって 子供が出やすい状態を作ってあげます。

妊娠後期になってくると赤ちゃんが下に降りると言うことを聞かれたことがあると思います。あれは骨盤周辺の筋肉を緩めて産道を確保するために行う1つの過程なのです。

この状態を一般的に開いているという風に言いますが 産後に常にホルモンが出ている状態になっていると思いますか?

実は出産を一か月ぐらいおおきにホルモンはどんどん少なくなっていきます。

なぜかはわかりませんが この事実がありながらいつまでも骨盤が開いていますなどというような言い方をされる方がとても多いです。

本当に骨盤が開いて ぐらぐらな状態になっているならば人は歩くことができません。

非常に言い方は悪いですが 骨盤をしめなければ痩せないし、腰痛が出るというのは実は間違っています。

実は産後に骨盤が開いていたり歪んでいるというのは本当は違います。

 

骨盤が開くとは、どのような状態の時に開くのか

上記の説明でホルモンの話をしました。

リラキシンと言うホルモンが出るので骨盤の周辺の靭帯が緩んでしまい、骨盤が開いた状態になります。

妊娠中に骨盤が開いてしまう理由としてホルモンももちろんありますがその他にも原因はあります。

①腰が反りすぎてしまって角度が変わる

②骨盤が捻れてしまい骨盤の中が広がる。

この様な状態の時に骨盤が開きます。 

骨盤が左右に開くと骨盤が脱臼するような状態になるので、基本的に骨盤が開ききると言うような事はありません。

下に動画で骨盤の歪みや開くとはどのような状態のことを言うのか詳しく解説していますのでそちらの動画も併せてご覧ください。

 

言葉で説明すると非常に難しいですが、骨盤が広がると言うよりも妊娠中にお腹が大きくなるため反り腰になってしまいます。

腰の骨と骨盤の関節の部分を岬角と言いますが、この角度が大きくなってしまうために骨盤の中が広がってしまいます。

腰が反ってしまう事で、この角度が大きくなってしまいます。

また骨盤と言うのは左右に開くのではなく上下にねじれるようなイメージを持ってください。

下の写真のような感じです。

骨盤が左右に捻じれて仙骨(仙骨も同じ方向に捻じれます)これにより骨盤の中が正常に比べて広くなってしまいます。

 

と言う事は別に産後だから骨が開くと言うのは間違ってはいませんが、ー産後じゃなくても骨盤は開きます。

男性の方でも骨盤が開きますし、出産をされていない方でも骨盤は開きます。開く種類と言うのがホルモンによって開いてしまうのが、歪みや姿勢によって骨盤が開いてしまうのがの違いになります。

開くと言う言葉があまり適切ではないので歪むとかぐらつきと言う方が本来は正しい言い方になります。

 

産後に骨盤が開く原因

 

先ほど産後にはリラクシンと言うホルモンが出るので骨盤が緩んでしまうと言うお話をしましたが、骨盤が開く原因はこれだけではありません。

上記でお話ししたように骨盤のねじれや骨盤の角度が変わってしまうことによっても開く原因となります。

そしてもう一つあるのが

①骨盤底筋群の筋力低下

②姿勢不良

この2つが産後に骨盤が開く原因となります。

妊娠中は妊娠をしていない時期に比べて非常に筋力が落ちてしまっています。

運動を今までしていないので仕方がないことです。

骨盤底筋群は骨盤の1番下にあるハンモックのような形をした筋肉です。

スポンサーリンク

この筋肉が緩んでしまうために筋力が著しく低下して内臓が下に落ちてしまいます。

実際には内部下垂と言うのは画像上には出ることがありませんが、私が今までにさんに見てきた中では内臓の位置が落ちてしまっている方は多くいらっしゃいます。

そしてもう一つ妊娠中に腰をそらす姿勢がそのまま産後も治っていないと言う事です。

姿勢が長期間そのような姿勢をしていたので体が慣れてしまったと言うのと、妊娠中、産後筋肉も著しく低下しているので姿勢をまっすぐにすることができません。

体を元の状態に戻すためにはもちろん矯正などをして治すことも大切です。

産後は1ヵ月間程度自宅で安静にしときましょうと言うのはぐらついた骨盤を元通りに戻すと言うことと、リラクシンで選んだ骨盤が1ヵ月間の間に元に戻るようにしていくのでこの間に動かないことが1番理想的です。

ベルトをして骨盤を締めると言うことも大切なのですが、筋力をつけると言うことも忘れずに行わなければいけません。

骨盤底筋群を鍛えるトレーニング方法は下記に動画で載せておきます。

 1日5分もあればできるものばかりなので是非行ってください。

 

ほったらかしにしていると骨盤は元のように戻るのか?

実際に何もせずに産後の骨盤が閉まる事はあるのでしょうか? 

ここで問題なのは何が原因で骨盤が緩んでしまったのかです? 

骨盤が緩んでしまうことによって開いてしまったものを元に戻すと言うのは体の機能としては当然です。

 出産前に出ていたリラキシンと言うのは出産後には出ないので、妊娠中のような骨盤を緩めると言うのは基本的には出ません。

体重がそこまで大きく増えていなく筋力も低下をしていなければ骨盤矯正などをする必要もなく自分の自然治癒力で治すことができます。

骨盤を締めるストレッチや体操すれば十分に間に合います。

しかし筋力が低下してしまった状態や、極端に体重が増えてしまった状態で骨盤矯正をしても元のような体型や筋力が戻る事はありません。

よく骨盤矯正をすることで痩せたと言う方がいらっしゃいますが、あれは単純に体にむくみがあり骨盤をすることでむくみが改善するので体重が減ったと言うだけのものです。

原因が浮腫によるものでしたら骨盤矯正をすることで解消することもできますし、骨盤が元に戻ったようなイメージを持たれます。

また骨盤を正せば細くなると言うような謳い文句もありますが

産後で5キロ太ったものを何もせずに骨盤矯正だけ減らすのはほぼ無理です。

そんな裏技があればとても嬉しいとは思いますが、体重が増えた要因はやはり食事を変えていく必要があります。

 産後特に多いのは以上にお腹が空いてしまうことと、間食の量が以前よりも明らかに増えてしまっています。

一時的に骨盤を整えてむくみが変わることによって細くなると言う事はもちろんありますが、体重が産前ように5キロ減ると言うのは特に関係ありません。

 1つだけ大きく変わるとすれば、骨盤がまっすぐになることで姿勢が正しくなります。そのことによって体重は変わらなくても姿勢が良くなる分だけ見た目は確実に変わります。

 

産後に骨盤矯正は必要なのか? 

産後に特に重要なところは、

何を目的に骨盤矯正を受けるのか

によって変わっていきます。

例えば増えた体重を減らすために骨盤矯正を受けると言うのであれば、骨盤矯正をしても痩せる可能性は非常に薄いです。

骨盤の周りの筋肉や自分の腹筋などの筋力が低下しているのにもかかわらず骨盤矯正をしてなんとかしようと思うのも効果はありません。

筋力が低下するならば筋力を鍛えるための行動を起こさないといけません。

ではどのような時に骨盤矯正をするのが良いのでしょうか? 

①痛みが出ている時

②自分の姿勢が明らかに変わってしまっている動時

この2つを感じた時に骨盤矯正をする理由があります。

痛みや姿勢を改善する為には骨盤矯正はとても有効です。

骨盤矯正をしながら全てが治ると言うわけではないので姿勢が原因だったり、使い方が悪かったりなどもあるので単純に骨盤だけが全ての原因と言うわけではありません。

それらを考慮しながら治療を受けていただいた方がいいです。

 

まとめ

産後は骨盤矯正をしなければいけないと言うイメージがあると思います。

実際に骨盤矯正をして効果はあります。

しかし、目的によって骨盤矯正をするべき時と特に必要がない時があります。

その2つをしっかりと見極める必要があります。まとめると

①骨盤が開くと言う意味を理解する

② 妊娠中と産後は開き親と言うホルモンが出て骨盤が必ず緩む

③それを早く閉めるために骨盤ベルトは融合

④出産後はホルモンが変わるのである程度自分の治癒力で戻すことができる。

⑤以前の体型や体重に戻るならば特に骨盤矯正はせず骨盤テイキングんを鍛えるトレーニングを行うことをお勧めする。

⑥産後から痛みを感じる場合はすぐに治療を受けたりストレッチを行ったりなどして体を元の状態に戻すようにする。

以上6つの点がこの記事の総まとめになります。

骨盤矯正の良し悪しと言うよりも、骨盤矯正が必要か必要でないかの判断をある程度行ってください。

間違っても骨盤がすべて整えば痩せるし、おしりも確実に小さくなりますよと言うような甘い誘いには乗らないように気をつけてください。

もしも判断が難しいと感じれば、一度専門の先生等に相談されてみるのが一番いいと思います。

 

 

スポンサーリンク

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。