骨盤の歪みってどんな状態?本当に骨盤って歪むの?

スポンサーリンク

あーあなたの骨が歪んでいますね。

整体や整骨院にいかれた方は一度は言われたことがある一言ではないでしょうか?

実は多くの方が骨盤が歪んでいたり骨盤が開いていると言うことを勘違いされている方がとても多いです。

それも仕方がないことでインターネットで調べると間違った情報がとても多い現状があります。

骨盤が開いているや骨盤が歪んでいると言う情報は治療家にとってとても有利な情報なのです。

この記事では骨盤が歪んだり骨盤が開くと言うことに対して正しく説明をしていきたいと思います。

骨盤が歪んでいますねと言う真実

あまり大きな声では言えませんが骨盤が歪んでますねと言うとほとんどの方が

私は骨盤が歪んでいるから治療をしなければいけないんだな

そんなふうに思われると思います。

正直言うとなぜこの言葉が治療家にとってとても便利かと言うと

この言葉を言うと治療を受ける必要があると思ってもらえるから

全員がそんなふうに思っているとは考えているわけではないと思いますが、ほとんどの方は骨盤が開いていると言うとそれに反応するので治療からするととても便利な言葉になります。

これだけメジャーな言葉なのに骨

盤が歪むとか骨盤が開くときはどのような状態のことかを知らない方がほとんどなのです。

特に説明をしなくても骨盤が歪んでいるのは悪いことなんだとイメージを持っているので整骨院や整体院からするととても便利で簡単な言葉になってしまっています。

骨盤が開くってそもそもどんなイメージを持たれていますか?

あなたは骨盤が開くとはどの

ようなイメージを持たれていますでしょうか?

骨盤自体が横に大きく開いているようなイメージをもたれると思います。

それによって産後は太ってしまったりお尻が大きくなってしまったりと思っていると思います。

しかし実際は骨盤は真横に開くと言う事はありません。

また骨盤が歪んでいるから足の長さが違いますね。

というのも実際は骨盤が歪んで足の長さが変わっているわけではありません。

骨盤がひとりでに歪むと言うのは理論上考えてもおかしいことなのです。

骨と言うのは基本自分で動く事はありません。基本的に他の所と連動したり筋肉が重なり合うことによって歪みが出てきます。

動画でもお話をしています。

骨盤はどんな動きをするのか?

そもそも骨盤と言うのはどういう動きをするのかをお話ししたいと思います。

骨盤には左右に腸骨と言う大きな骨があります。そして真ん中に仙骨と言うホームベースの形をした骨があります。

この3つの骨で骨盤と言います。本来は腸骨は3つに分かれていますが、大人子供では違うのでわかりやすく一つの骨としてお話をします。

こに腸骨と仙骨の関節を合わせて仙腸関節と言います。

この仙腸関節は2〜3m程度しか動かすことができません。この仙腸関節が真横の開くことは理論上ありませんし、もし開くと完璧に脱臼をして下半身がバラバラになってしまいます。

恥骨離開をしてしまいます。

まずこの骨盤が開くと言うのは言葉がおかしいことがわかると思います。

骨盤が動く時には基本6つの動きです。

①骨盤の捻れ右側が前、左側が後ろ

②骨盤の捻れ左側が前、右側が後ろ

③骨盤全体が前に傾く

④骨盤全体が後ろに傾く

⑤骨盤が右側が上がる

⑥骨盤が左側に上がる

この6つの動きが骨盤の動きです。

ただし、厳密に言うと全て腰の骨が動いています。

文章で言うととても難しい感じになりますので写真を見ながら動き方を理解していただければ結構です。

骨盤が開くとはどういう状態のことを言うのか

産後は骨盤が開くので骨盤を閉じる矯正をしなければいけません

と言うような話をよく聞くと思います。

実際に子供が産道を通るわけですから骨盤が緩むと言うのは間違ってはいません。しかし上記でご説明した通り骨盤が開くと言うのは少しイメージが変わってきます。

先ほどお話しをした骨盤の動きの4つの中に骨盤が前に倒れると言うものがありましたが、骨盤が開くと言うのは腰がそってしまっててこの原理により骨盤の中が開くと言うのが本当は正解になります。

反り腰と言われるものです。

スポンサーリンク

 

単純に骨盤ががばっと開くのではなく腰の骨が関係し、それが要因となって骨盤が開くと言うことになります。

骨盤が開くと言うのは腰の骨がそってしまいそれにより骨盤の角度が変わるので結果的に開く状態になってしまいます。

骨盤が開くとは簡単に言うと腰の反りが強くなってしまった状態で、骨盤底筋群に傷がいってしまうのが原因になります。

だから産後は基本的に骨盤が開いていますよと言う表現になります。

骨盤が歪んでいて足の長さが違います。の間違い

次に足の長さが違いますと言う意味の説明をします。

骨盤が単体で歪むと言う事はまずあり得ません。必ず腰の筋肉やお尻の筋肉などが重なり合って歪むと言う状態は関係してきます。

そして股関節も大いに関係してきます。骨盤に歪みや開きがなかったとしても足の長さが違う事はたくさんあります。

そして産後でなくても骨盤は開いたりします。

まず股関節から説明をしていきます。長座で一度座っていただきたいですが、足の先を大きく外に向けながら足を伸ばしていってください。この時点で左右の長さは違うと思います。

股関節が外に向けば足が伸びます。

反対に内側に思いっきり向けてみてください。足が短くなりませんか?

股関節が中に向けば足が短く。

股関節が外に向くことを外旋に内側に向かうことを内旋と言います。

この外に向いたり中に入ったりすることで股関節というのは足の長さが変わってきます。

足の長さが短いと言う場合、このように股関節がねじれることによっても足の長さと言うのは変わってきます。

これらを全て骨盤の歪みと判断するのは大きな間違いです。

しかし、一般的に骨盤が歪むと体のバランスが崩れる

と言うような常識が頭にあるので骨盤が歪んでいて足の長さが違いますよと言う表現に変わっていってしまいます。

きっちりと勉強している人なら分かりますがそうじゃない方は万人受けするような言葉を使っています。

骨盤が開いているからお尻が大きくなるんです

この言葉はダイエットをしている方やエステなのでよく聞く言葉です。

実際にお尻が大きくなり足が太く見える方もたくさんいらっしゃいます。しかしこれは骨盤の歪みとは全く関係ありません。

男性よりも女性の方が圧倒的に足が太いと言う方が多いです。

そもそも男性と女性の骨盤の大きさは全く違います。

男性は横に狭く縦に長いです。

男性は縦に長く、横に狭い。女性は縦に短く、横に長い

女性は反対でに横に広く縦 い短いです。子供を出産するときに通り道を確保するために男性と女性では大きさが違います。

また女性の方が内臓が1つ多いため骨盤が大きくないと入れないと言うこともあります。

本題の骨盤が開いているからお尻が大きくなると言うのは、骨盤が開いているとかではなく股関節が内側に入っているから太ももの外側が太くなってしまいます。

股関節が内股になってしまい歩いていると外側に重心がかかるのがわかりませんか?

これが原因で外側に筋肉や脂肪が寄ってしまうために足だけが太くなってしまいます。

骨盤が開いているのではなく腰が前腕し骨盤が傾き股関節が内側に向いてしまうので足が太くなってしまうというのが正しくなります。

単純に骨盤だけを見ていても足の太さが変わる事はまずありません。

男性よりも女性の方が足が太い方が多いのは内股が多いのは女性の方が圧倒的に多いので差が出てきてしまいます。

骨盤がまっすぐになると何もしなくても痩せます。と言う嘘

骨盤がまっすぐになると何もしなくても痩せますと言うのは

全くの嘘です

骨盤がまっすぐになっても痩せる事はまずあり得ません。ただ骨盤矯正や整体を受けることでむくみが解消されて結果的に体重が減ると言うことはあります。

しかしこれは痩せたのではなくむくみが取れたので体重は減ったけれども体質が変わったわけではありません。

ここだけをアピールして骨盤矯正=痩せると言うのはちょっと間違っています。

骨盤矯正をすることによって姿勢が変わったり、痩せやすい体質作りをしたり、体の循環を良くしたりすることはできます。

あくまでも

痩せやすい体質を作る土台

と考えてください。

骨盤矯正をすれば全てが痩せると言うならば、食事管理や運動等は一切いらないことになります。

そんな事は絶対にあり得ません。

私も骨盤矯正をしますがあくまでも土台作りで行うと言うだけであり痩せると言う事は全くの嘘になるので言う事はありません。

骨盤矯正でダイエットができると言うような骨盤がある所には注意が必要です。

骨盤矯正と言う言葉が一人歩きしている

骨盤矯正と言う単語はここ数年で多くの方に認知されているような気がします。

しかし実際は骨盤の歪みを開くに対して詳しい方が少ないと言うのも正直なところです。

何でもかんでも骨盤が開いているから、骨盤が歪んでいるからとすべての原因を骨盤に絡めてしまうことによって、症状が改善しないと言う方が非常に多いです。

骨盤矯正が悪いのではなく正しい知識をあなたにもきっちり知っていただきたいです。

 

 

 

スポンサーリンク

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。