モートン病の対策としてインソールは効果があるのか?

スポンサーリンク

歩くたびに中指と薬指の間に痛みや痺れが出てくる。

病院に行きレントゲンを撮るも特に異常は無し。そのような状態で最終的にモートン病と診断をされて悩まれてはいないでしょうか?

モートン病の治療方法として1番多く出されるのがインソールだと思います。

インソールをつけて様子をみましょうと言われることが非常に多いです。

また靴を変えたりインソールをつけて痛みを改善させると言う方法が一般的ですが、実際に靴を変えたりインソールをつけることによって痛みを改善させる事はできるのでしょうか?

今回はモートン病の対策としてインソールをつけることによって効果が出るのかと言うお話をしていきます。

 

なぜモートン病と診断された場合インソールを進められるのか?

基本的にモートン病と診断をされるとインソールを勧められることがほとんどです。

なぜモートン病と診断されるとインソールを勧められることが多いのでしょうか? 

インソールをつけて足の負担を減らす

靴を変えたりインソールをつける理由はここにあります。足の負担をとりあえず減らして痛みを軽減させると言う方法は1番主として考えられます。

インソールをつけることで痛みを軽減させてそのまま治るかどうかを見たいためにこのようなことを行います。

一般的にモートン病と診断をされると治療方法としては靴を変えるかインソールをつけるかのどちらかしかないと言うのも正直なところです。

このような理由からとりあえずインソールをつけて痛みの改善がどうかを判断するために行っていきます。

 

インソールをつけることで痛みは軽減改善するのか?

 1番気になるところはインソールをつけることによって痛みが軽減したり改善する事はあるのでしょうか? 

私が今まで多くの方のモートン病を見させていただきましたがインソールや靴を変える事で改善したと言う事では非常に少ないです。

痛みが多少軽減すると言う事はありますがそれでも多少と言う程度です。

モートン病を直そうと思った時にインソールをつけても軽減はしても改善をすると言う事はありません。なぜならインソールで痛みが消えても根本的な原因を改善するわけでは無いからです。

そもそもモートン病の根本的な原因を改善しなければ痛みが引く事はなかなか難しいです。

あくまでもモートン病にインソールを作るのは治すためではなくて症状を軽減させるためだけです。

 

モートン病の原因と言うのはどのようなものなのか? 

モートン病にインソールがあまり効果がないと言うことをお伝えをしましたがなぜモートン病になってしまうかと言う原因を知れば理由がわかると思います。

モートン病は中指と薬指の間に神経の圧迫を受けることによって痛みを感じることをモートン病と言うふうにいます。

痛み止めでは足をついただけでも強い痛みを感じたり、朝の起き上がりなどでも強い痛みを感じます。

モートン病は非常に激痛が走ります。原因として色々と言われていますが私が考えているのは大きく分けて3つあります。

①浮指によって足のバランスが悪い

②小指側に重心がかかりすぎている

③内股になっている

この3つが主なモートン病の原因になります。

モートン病は男性に比べて女性の方が圧倒的に多い傾向にあります。

理由は上記でご説明した通り靴に1つの要因があります。

女性はヒールを履くことが多かったり内股になっている方が男性に比べて圧倒的に多いです。

 

①浮き指によって足のバランスが悪い

浮き指と言うのは指先が使えていない状態のことをいいます。自分の足を見たときに足の裏が扇のように広がっていると浮指と判断していただいても構いません。

スポンサーリンク

指が使えていないと言う事はそれだけ足にかかる負担が増えてしまっていると言うことです。

体重が本来はしっかりと地面に逃げるはずなのに逃げ切っていないときに起こってしまいます。

重心が逃げていないと言う事はそれだけ足にかかる負担が増えてしまうのでモートン病の原因となります。

 

②小指側に重心がかかりすぎている

外側に重心がかかりすぎてしまうと小指薬指中指に負担が増えてしまいます。

普段が増えすぎてしまうとその分だけ足にかかる負荷が増大してしまいます。

熱のかかりすぎによって痛みが大きく出てしまい神経症状を引き起こします。

普段をいかに減らすかが非常に大事なのと歩き方を修正することが大切になります。

 

③内股になっている

内股になることで浮指にもなりやすい状態にもなるし外側に重心がかかりやすい状態にもなります。

内股は男性に比べて女性に圧倒的に多いです。という事は外側に重心がかかるのも内股になってしまうのも浮指になってしまうのも女性が多いということです。

 

この中で1つだけ起こっていると言うよりは複合的にできてしまっているのがモートン病の原因なのです。

 

モートン病改善しようと思った時に上記を治さなければいけません。

モートン病にインソールが必要かどうかは原因を見ていただくとよくわかると思います。

詳しい治し方に関しては、改善事例があるのでそちらを参考にして下さい。

 

改善事例から見る。モートン病の正しい治し方

 

モートン病にインソールをつけてはいけないのか?

インソールは非常に有効でとても優れています。モートン病にインソールはだけでも構いません。

インソールをつけるときのポジションをきっちりと考えておかなければいけません。

モートン病治すための方法と、痛みを軽減させるための方法で考える必要があります。

モートン病を治すためには歩き方や使い方、体重のかけ方を全て改善する必要があります。

インソールをつける理由と言うのは痛みを軽減させるために作るものなのでインソールをつけながら歩き方を改善していけば苦労することなく痛みを改善することができます。

インソールをつけて直そうと言う考えはなく、インソールをつけながらたらしい。使い方を修正していくと考えてください。

 

インソールはいつまでにつけておけばいいのか?

インソールは今後一生つけなければいけないのでしょうか? 

痛みが改善して症状が安定してきたらインソールは外すことをお勧めします。

インソールそのものが悪いわけでは無いのですが、インソールを作ることによって痛みが軽減をしてしまうとそれに頼り切ってしまうからです。

もともとインソールをつけなくても痛みがない足の状態だったにもかかわらず、インソールをつけないと痛みがぶり返してしまうというのは治ったわけではありません。

そのようなことを考えたときにインソールをつけ続けると言うのはあまりよくなく、最終的にはインソールを話しても痛みや違和感が出ない状態にまで改善することが必要です。

 

まとめ

今回はモートン病を治すためにインソールをつける必要があるのかまた効果があるのかと言う内容でお話をしてきました。

インソールそのものが非常に良いものなのですが、治す事と痛みをとりあえずきかすと言う事は全く関係がないと思ってください。

インソールをひいて痛みが軽減するのなら症状がまだ軽いと言うことなので早めにきちんとした治療受けることをお勧めします。

またインソールをしても痛みがひかないと言う場合は症状が悪化している可能性があるのでどちらにしても治療受けて痛みやしびれを取るようにしていきましょう。

この記事を読まれていてどうしてもあなたのお役に立てれば幸いです。また友達や家族にモートン病で悩まれている方がいらっしゃればこの記事を教えてあげて下さい。

スポンサーリンク

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。