モートン病を治す為に行ってほしいマッサージ方法

スポンサーリンク

あなたはモートン病と診断されてどのような対策をされていますか?

ほとんどの所ではインソールをつけたり、安静にしたり、新しい靴に変えたりなど直接私に関わることをすると思います。

そのような方法でモートン病による痛みや痺れが改善しているならば特に問題はありません。

次に言われるのが足のマッサージ方法をしましょうと言うことが多いです。

私自身もマッサージをお勧めしているのですが、正しい方法で正しい手順で行わなければマッサージと言うのは全く無意味になってしまいます。

マッサージを行っている方でも痛みや痺れが改善したと言う方もいらっしゃれば、全く変わっていなかったり逆に症状が強くなってしまう場合もあります。

これらはなぜ起こってしまうのでしょうか?

この記事にはモートン病に効果のあるマッサージ方法をお伝えするとともに、正しい手順をお伝えしていきます。

もし今から行おうとしている方が今現在行っている方はこの記事を参考にしながらご覧になってください。

モートン病に効果のあるマッサージ方法

モートン病に効果のあるマッサージ方法をいくつかご紹介をしていきます。

マッサージをする前に気をつけていただきたいことがあります

マッサージの最中に痛みや痺れが増幅する場合はすぐに中止をしてください

押している強さは気持ちいい程度にとどめてください

晩に必ず行っていただきたいですが、湯船につかるもしくは足をした状態で必ずマッサージをしてください。

シャワーしか当たらないと言うのは基本的に効果はないと考えてください

モートン病に効果的なマッサージ方法が動画でもご紹介していますので、是非合わせてご覧になってください。

 

すねの横をマッサージする方法

下の写真のようにすねの外側の骨から外くるぶしにかけて10から15区画に分けるようにしてください。

親指でラインを押すようなイメージで上から順番に抑えて行きます。

10から12区画に分けて上から順番に3回抑えるようにしていきます。

痛みがある何かかわらず必ず両方とも均等に行ってください

次に行うのが足の裏と甲を手のひら全体でつまんでいきます。

全体で9回つまんでいきます。

 

足の外側を緩めることによって足の外側の負担を減らす事ができます。

 

足の骨の矯正とマッサージ

足を組んで頂き、足の裏の指を掴みます。下の写真の様な感じで行なって下さい。

手を写真の様に掴んで指前後に揺らすようにしていきます。

この時のポイントとして、大きく関節を引き離すようにして上げると上げると関節が動きます。

できるだけ大きく動かす事がポイントですので、全ての指で行なって下さい。

 

指の真ん中をマッサージする

指の真ん中を5区画程度に分けて下さい。下の写真の様なイメージです。

親指で真ん中を重ねるようにして、指先から順番に踵に向けて押していきます。

気持がいい程度でマッサージを行なって下さい。

 

動画でもご紹介しているので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

えんぴつを使う矯正方法

鉛筆を2本用意てい下さい。

足の指の付け根に鉛筆を2本置いて、その鉛筆を押しつぶすようなイメージで踏んで下さい。

この時に意識して頂きたいことが、

踵と指先を全て床に付けること!!

大事なのでもう一度

踵と指先を全て床に付けること!!

この指先をつけることがとても大切なのです。

モートン病になる方は指が浮いてしまう浮き指になってしまう傾向にあります。

その状態を改善するのはこの方法です。

歯を磨いている際に行なって下さい。

 

 

 

以上がモートン病に効果のあるマッサージ方法です。

矯正の方法もいくつかご紹介しましたが、指先をうまくいかに使うことができるかとても重要になります。

動画は3つご紹介していますので理解を深めるためにもぜひご覧になってください。

モートン病で行ってはいけないマッサージ

実はモートン病に行ってはいけないマッサージがあります。

それは痛みや痺れがある状態で強いマッサージをしてはいけないと言うことです。

マッサージの種類等ではなくどちらかと言えばマッサージのやり方に近い部分でもあります。

本当に多いですが、マッサージをした方が良いと聞いて痛みや痺れがあるので我慢しながら行っていると言う方が非常に多いです。

たくさんやったほうがいいと言うのは間違いで、適切な回数で適切な方法を行いながらマッサージを行うようにしましょう。

目的はあくまでも症状を軽減もしくは改善することが大切だからです。

行うことが目的にならないように気をつけてください。

モートン病になぜマッサージ方法は効果的なのか?

モートン病にマッサージは疲労を取って、次の日に疲労を持ち越ししないことにあります。

モートン病は疲労が溜まれば溜まるほど症状が悪化してしまいます。

足の負担を少しでも軽減させることによって痛みがなくなったり、しびれが軽減する場合がよくあります。

マッサージをして全て改善すると言うわけではありませんが、痛みが出ない状態にすることは可能なのでそのような理由でマッサージ方法が異非常に効果的なのです。

 

マッサージと一緒に治すべき歩き方

マッサージも非常に大切ですが同時に歩き方を変えていく必要があります。

モートン病になっている方は指先がうまく使えていない方がほとんどです。

歩き方を正しくしない限り足の負担が増えてしまうのでマッサージと同時に歩き方も変えていく必要があります。

詳しい手順と方法については下記のリンクをご覧ください。

手術をするのはちょっと待った!モートン病を手術しないで治す方法

2018年7月6日

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はモートン病に効果のあるマッサージ方法をお伝えしました。

マッサージと同時に歩き方も変えていくとより効果的に痛みや痺れを改善させることができます。

上記でもお話をしましたがマッサージはあくまでも全て治すために行うのではなく、前日の疲労感を次の日に持ち越さないために行います。

お風呂の中で必ず1日回行い、ゆっくりしている時にも隙間時間を使ってマッサージをすることができるので、ぜひ定期的にマッサージを行ってください。

ひこばえ整骨院のモートン病の治療

ひこばえ整骨院ではモートン病の治療を得意としています。

全てをトータル的にみて、モートン病を改善して行きます。

そして、一人一人に合ったストレッチが自宅でできる方法をアドバイスさせていただいています。

もしあなたがモートン病で悩まれているならば是非下の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。