O脚を治すときに必ずしなければいけない3つの事

スポンサーリンク


O脚だからきれいなズボンが履けなかったり、人の目を気にして歩いたり日常生活を過ごしており、足があまりにもだるくて仕事が常にしんどい。

そんな悩みを持たれておりませんか? O脚を治そうと思った時にいろいろな方法があります。

例えばO脚専用の靴を履いてみたり、インソールをつけてみたり、膝にゴムバンドを巻いてみたり、DVDを買ってみたりなどたくさんの選択肢があります。

いざ選ぼうと思った時に迷うのはもちろんそうなのですが、これらを使ってO脚が治る人と治らない人に差が必ずでてきます。

そしてO脚になっている方とO脚になっていない方では必ず共通点があります。その共通点をしっかり解消すればO脚を治すことが可能です。

もし今あなたがO脚で悩まれているならこの記事を最後までご覧ください。

 O脚の方に必ずある3つの共通点

①内股になっている

②小指側に重心がかかっている

③お尻の閉まりが悪い

以上3点が O脚の方に必ずある3つの共通点です。

順番に説明をしていきます。

 ①内股になっている

O脚の方は必ず内股になっています。女性に多いのもこの内股が原因によるものです。

しかし、内股と言うのは足先だけで判断をしてしまうと内股に見えないと言う方も実際にはいらっしゃいます。

どういうことかといいますと、

内股は股関節を中心に見るものだから

1番わかりやすい例でいいますと、仰向けで寝た時に足先だけが中に入っていたり、立った時に誰が見てもわかる位内側に足が入っているとあなたは内股だねと言うふうに納得をしてくれます。

しかしO脚の方に

あなたは内股まですかと聞くと必ず

いいえ私はがに股だと思います。

と言う返答が返ってきます。これは見た目だけで内股が外判断しているからそのようになってしまいます。

実は内股かどうかを判断するには股関節に対してお皿の位置で判断をします。

写真のようにぱっと見た目はがに股に見えますがお皿の部分だけを見ていただきたいです。

上の骨と下の骨に対してお皿が内側に入っているのがわかるでしょうか?これが内股の1つになるのですが、一般的にはこの形はがに股のような状態になっています。

O脚になると必ず膝が内側に入るので脚のお皿がどんどん外に向いていきます。

試しに股関節を内側にして下さい。膝が中に入り、膝の隙間が更に広がるでしょう。

この写真を見た時にわかりますか?左側の写真太ももに対しても脛に対しても内股になっているのが?

逆に右の写真を見て下さい。お皿が反対に向いているのがわかりますか?

O脚の方とO脚でない方の違いはここにあります。

これがお皿をみる時にポイントです。

 

②小指側に重心がよっている

内股とセットで考えて頂きたいですが、内股になると必ず小指側に重心が寄ります。自分の足がどこに重心が寄っているのかなかなかわからないと思うので、日常的によく履く靴の裏を見て下さい。

どの部分がすり減っていますでしょうか?楽しく歩いていたり重心がきっちりとよってる状態だと、かかとの外側と親指と人差し指の指先がすり減ります。

もしそこ以外がすり減っているのなら、歩き方と重心がきっちりとできていない証拠になります。

外側が擦り減っています。歩き方に偏りがある証拠です。

写真のような部分がすり減っているのが1番正解です。

踵の外側と、親指、一指し指が擦り減っているのが正解です。

小指重心になってしまっていることと、内股になっている事はほぼ同時に起こるため両方とも改善させる必要があります。

③お尻周りの締まりが悪い

何を言っているんだと思われた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、O脚の方はお尻周りの締まりが非常に悪いです。

どういうことかといいますと、 O脚じゃないかたはきっちりと骨盤がまっすぐの状態になりお腹もへこんだ状態になっていますが、O脚の方はお腹を突き出すように前側に重心が寄ってしまいます。

写真を見ていただきたいですがこのような状態になっているためお尻の筋肉をほとんど使わなくなります。

結果的にこのような状態になるとお尻の閉まりが悪いため、膝がまっすぐに伸びなかったり重心が外側に寄ってしまうのでO脚になりやすい傾向にあります。

一度ご自身の脚をみて頂きたいですが、膝が伸びきっていないのとお腹を前に突き出すように立っていませんか?

お尻の閉まりが悪くなってしまうとまっすぐに立つことができないのでどんどん症状が悪化してしまいます。

 

以上3点が O脚になってしまう方も共通パターンですが、O脚を治そうと思ったときにはこれがと全く反対のことをしなければなりません。

まずは自分の体をしっかりと理解することから始めていかなければなりません。

スポンサーリンク

 

 O脚を治すときに必ずしなければいけない3つの事

①内股を治す

②親指と人差し指のほうに重心を寄せる

③お尻をしっかり閉める

この3点を中心にO脚を治すためには必須になってきます。

 ①内股の治し方

内股を治す前にまず自分が内股だということを理解する必要があります。

できれば短パン、ズボンを履かずに鏡の前に立ち両足を揃えて下さい。

その時に、太もも、膝のお皿、脛をみて下さい。

その際に、お皿が脛や、太ももよりも内側にあるなら内股になっている証拠です。

足先が外とか、歩き方がガニ股とかは基本関係ありません。お皿の位置がどんな方向にあるかのみで考えてください。

もしも、お皿の位置が内側に入っている場合は以下のことを順番に行ってください。

膝のお皿を外側、足先は30°程度開きます。

①両方のかかとを合わせて足先を外に向けるようにします。足先は約30度位かけて行きます。

②太ももの力はできるだけ使わずお皿だけ外に向けるようにします。その状態で鏡を見るとはじめに見た状態よりもO脚が改善されているのがわかると思います。

③立つときはその状態を維持し、歩くときにはその状態を作ってから歩くようにしていきます。まずは足に内股じゃない状態を作ってあげることが大事なります。

基本的にストレッチをするときは、あぐらをかたり、股関節を外側にもっていくような形にしていきます。

1番は歩くときに気をつける必要があるので、歩き方と立ち方をマスターましょう。

これが内股です。O脚を助長してしまうので、膝のお皿を外に向けます。

 ②小指側に重心がよらないために

次に行うことが小指側にいかに重心が乗りすぎないようにするということです。

膝が内に向いてしまっている状態だとどれだけ頑張っても親指に重心をとすると言う事は不可能に近いです。

もし無理矢理した状態で行ってしまうと逆に足がしんどくなったりだるくなったりする可能性があるので注意が必要です。

1番綺麗な歩き方として踵からついて親指と人差し指で地面を蹴るように歩いていくのが1番理想的です。

しかしこの状態をしようと思った時に①で行った膝を外側に向けると言うことを行うことが大前提となります。

必ず両者はセットで考えてください。

もし今履かれている靴がすり減ってしまっているならば気をつけても正直難しいことがあります。

その場合は新しい靴から始めて、どの部分が1番すり減るかをしっかり把握することが1番大切になります。

今ある靴で何とかしようとせずに新調した靴で行うのが1番理想です。

ここまでくると買い直しが必要です。

 ③日常からお尻を締める

お尻を締めると言われても正直意味がわからないこともあると思います。

①から③は単体で行うのではなく必ずセットで行うように考えてください。

お尻の締め方は、鉛筆を1本用意してください。

①番の時に行った体勢をしてもらい、内股を治した状態にしていきます。その状態の時にお尻の穴に近い部分に横向きに鉛筆を入れます。

その鉛筆をお尻の力だけで閉める様にして下さい。

ここでのポイントは、太ももの力は使わずに教えだけを使って鉛筆を閉めるようにしてください。

お尻をしっかり締めることで姿勢を綺麗に保つことができます。

それによって歩き方や立方内股までも改善させることができます。

時間を作るのが大変なので始めは朝と晩の歯磨きをする時に鉛筆を股に挟むと言うことから始めて行ってください。

慣れていけば日中の歩く際にも意識できるようになります。

以上3点がO脚を改善するために必ずやっていただきたいことです。色々な方法や考え方はありますがこの3つと言うのは基本的に変わることはありません。

お客は体の構造上をパターンというものが決まっています。

今この記事を見ているあなたもおそらくO脚だとは思いますが自分の足をしっかりと見て少しずつで良いので改善を図りましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はO脚を治すときに必ずしなければいけない3つの事というお話をしていきました。

o 脚で悩まれる方は本当にたくさんいらっしゃいます。しかしほとんどの場合対処方法や治し方を間違っていることが非常に多いです。

せっかく時間やお金を投資しても間違った方法で行ってしまうと無意味になってしまいます。

一番初めは現状把握から始めてご自身の足を理解するように行っていきましょう。

ひこばえ整骨院ではO脚の治療をとても得意としています。

上記でご説明した通り悪い痛い部分だけを見るのではなく姿勢から全て改善して体にかかる負担をできるだけ減らすようにしていきます。

もしあなたがO脚で悩まれているならば一度下記をご覧ください。

スポンサーリンク

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。