O脚を治すために、猫背を自分で矯正する方法。

スポンサーリンク

あきこさん
斉藤先生。O脚を治すためにいろいろな方法がありますが何を1番の基準にしたら良いのでしょうか? 
さいとう
そうですね。たくさんの方法があるので色々と迷いますが、O脚を治す上で絶対にしなければいけない事は正しい姿勢を知ると言うことです。
あきこさん
姿勢ってわかってはいるけども治すの1番難しいですね。どのように治したらいいのでしょうか?
さいとう
 1番注意しなければいけないことが猫背なのですが、今から姿勢を直して自分自身でO脚を矯正して、改善する方法をお伝えします。
あきこさん
よろしくお願いします。

あなたもこの記事を読まれていると言うことは、O脚に悩まれていると思います。

 O脚を治すためにたくさんの方法があり、いろいろなことを言われている方が多いです。何をどのように信じれば1番いいのかとても迷うと思います。

私が実際にO脚の矯正をしたり指導するときには姿勢と言うものを必ず重要視しています。

なぜ姿勢と言うものを重要視しているのかと言うことをお伝えするとともに、自分自身で治す方法をお話しさせていただきます。

 

 O脚になっている方は猫背の方がほとんど!?

 O脚になっているその共通点として猫背が必ず挙げられます。

下の写真をご覧いただきたいんですが、下腹を突き出すようにしながら猫背になり顎を前に出しているような姿勢が 1番多いです。

このような姿勢になることでなぜO脚になってしまうのでしょうか? 

猫背でO脚になる方の共通点

  1. 肩が前に入る
  2. 顎が前に出る
  3. お腹を突き出す
  4. 股関節が内側にねじれてしまう
  5. 小指側に重心がかかる

以上5つの点が猫背によるO脚になる方の共通点です。

猫背になることで股関節が内側にねじれてしまう傾向にあります。

これは上半身のバランスを股関節や足で取ろうとするためです。

下の写真の状態になってしまいます。

股関節が内側にねじれてしまうと必ず体重が外側、小指側にかかってしまいます。

これも上記と同じように上半身と股関節のバランスを取るために外側に重心を寄せて保とうとするからです。

お腹が前につき出ることによって腰がそってしまうので反り腰の原因にもなります。

腰がそってしまうことも O脚の方では必ず見られる症状なのです。

 

猫背になってしまうと上記でお話しした5つのポイントが全て重なってしまいます。

1番困る事は全て自分自身で自覚できないと言うことが挙げられます。

 O脚になっている方は自分自身の状態が把握できないので猫背になっていたり、股関節が内向きにまわっていたり、小指側に重心が上がっていると言う自覚はほとんどありません。

だからこそ自分自身を知ることが1番重要になるのです。

股関節が内側にねじれることによってどのような影響を及ぼすのかは下記に詳しく載せていますのでそちらを合わせてご覧ください。

これはやめて!!O脚の間違った治し方

2017年9月26日

O脚を治すときに必ずしなければいけない3つの事

2017年9月11日

猫背を治す為の行なって欲しい簡単な矯正方法

猫背を自分で矯正するには、いかに自分が猫背かと言う事を認識しなければいけません。

自分が猫背だと認識できないのに姿勢を真っ直ぐにしましょうと言うのはとても難しいと思います。

自分が猫背だと知る事が一番解決をするのに大切な事です。

自分で猫背を知る方法

仰向けになり、手のひらを上に向けて下さい。

この時に肩が地面から浮いていないでしょうか?

次に立った状態で壁に全てつけて下さい。

この時に壁から肩が前に出ていないでしょうか?

これら2つの事をして両方とも当てはまるなら猫背の可能性が高いです。

可能であれば自分の横からの写真を撮影して下さい。

違う方に協力してもらう必要がありますが、横から写真を撮影します。

この際に下の写真の様になってはいないでしょうか?

スポンサーリンク

正常な姿勢と比べて下さい。

ポイント3はつ

  • 顎が出ていないか
  • お腹が出ていないか
  • 膝が伸びているか

これら3つに当てはまるのであれば猫背になっています。

この状態を上の写真の様に真っ直ぐな姿勢になる事が一番の目的です。

 

手のひらを上に向けて肩を開く

一番シンプルで一番大切な方法をお伝えします。

普段手を使う時には基本的には手の甲が上、手のひらが下に向きます。

包丁でものを切る時、掃除機をする時、時を書く時、パソコンを触る時、ほとんどの場合手のひらが下に向きます。

この様な状態が続くと肩が中に入ってしまい、猫背が続きます。

作業をしている時はとても難しいと思いますが、この様な時に一番大切な事と言うのは

手のひらを上に向ける事

です。

手のひらが上に向くと肩が開くのがわかりますか?

下の写真の様なイメージです。

多くの方は姿勢をよくする時に、胸を開く事を一番にすると思います。

しかし、胸を張ると下の写真の様に胸は張れますが首が残ってしまうのが分りますでしょうか? 

正しい姿勢と思ってまっすぐにすると逆に猫背になりO脚に悪影響を及ぼします。

手のひらを上に向けるのはいつでもどこでもできます。

場所を選ばずできる場合には非常に効果があります。必ず手のひらを上に向けるということを意識しましょう。

 

顎を引く

上記でもお話しをしましたが、猫背の方の共通点として顎が前に出ています。

猫背の方の姿勢は下記の写真の様なイメージです。

顎が前に出てしまうと股関節が内側に入り、小指側に重心が寄ってしまうため、O脚を助長しまいます。

顎を引くと言うのは下に引くと言うのではなく後ろに引くと言う意味です。

わかりにくいので下の写真をご覧ください。

 

壁に背中をつけたとき顎を引いた状態になります。

 

後頭部をつけた状態のまま姿勢を維持して1歩前に進んでください。

その状態が顎が後ろに引けている状態なのです。

感覚を足の裏に置いていただきたいですが、足の裏全体が地面に付いているのがわかるでしょうか?

先ほど猫背の場合は重心が偏ると言うお話をしましたが猫背の状態と、顎を引いた状態の足の感覚を感じてみて下さい。

猫背の場合は小指側に重心がかかっているのに対して、顎を引いた正しい姿勢にすると足の裏全体に重心がかかっているのがわかると思います。

 O脚の原因として重心のかけ方が悪いというのがありますが、猫背になり顎が上に上がってしまうことによって起こってしまいます。

 

猫背を解消するための方法はたくさん言われていますが、今お話しをした顎を引くことと手のひらを上に向けること。

この2つを集中的に行うことで改善することができます。

 O脚を解消するためにも猫背を改善することが必須になってきますので必ず行ってください。

動画でもご紹介していますので、是非参考になさって下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか?

O脚を治す為に猫背を改善したいといけないということがご理解頂けましたでしょうか?

O脚を治す為には沢山の方法があります。

たくさんの方法はありますが、絶対に猫背を治さなければO脚が一時的に改善してもすぐに再発をしてしまう可能性があります。

昔から私は猫背だから仕方がないです・・・

と諦める前に、まずは上記でお話をした内容を試して下さい。

きっと猫背が解消してあなたのO脚にも良い影響を及ぼしますよ。

 

ひこばえ整骨院のO脚の治療

ひこばえ整骨院では、O脚の治療をとても得意としています。

O脚が足の部分だけ施術を行なっても効果はあまり起こりません。

足のだけの問題だけでなく、体全体の影響が足にでています。

その様な理由から姿勢、歩き方、立ち方など、体の使い方から見ていきます。

もし、あなたがO脚を改善したいと思わているなら下記をご覧下さい。

スポンサーリンク

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。