息をするのも胸が痛い!痛みを感じる時には考えられる5つの原因

スポンサーリンク

突然走る胸の痛み。

息を吸ったり吐いたり、下着が擦れるだけでも痛みが走る。

これはいったい何のか?

なんでそこに痛みが走るのか?

今回は突然出てくる胸の痛みについてお話していきたいと思います。

胸の痛みを放置しておくと内臓的に危ないことも実際にはありますきっちりと判断をして対策を打てるようにしていきましょう。

 

胸が痛い時に考えられる5つの原因

胸の痛みを生じる原因として5つ考えられます。

  1. 肋間神経痛
  2. 心筋梗塞
  3. 狭心症
  4. 気管支炎
  5. 逆流性食道炎

これら5つが考えられます。

全て完璧に自分で自己判断ができるわけではありませんが、知識を少しでも知っておくことによって自分での対策もある程度行うことができます是非覚えて参考にしてください。

一つずつ説明をしていきます。

肋間神経痛

痛みが出る場所は背中、わき腹、胸、肩などです。

背中の筋肉の緊張、姿勢不良が一般的な原因ですが、帯状疱疹の影響で痛みが出ることもあります。

背中側からでる肋間神経が筋肉や骨に圧迫されることで痛みがでているため、緊張をとること、姿勢を改善することで痛みはなくなります。

深呼吸や咳払いでも強い痛みを生じます。

心筋梗塞、狭心症と間違えるくらいの痛みを感じます。

 

狭心症

狭心症は胸の痛みや圧迫感、息苦しさなどを感じるものです。

心臓を動かす筋肉(心筋)に血液を送る役割のある冠動脈(かんどうみゃく)が、コレステロールがつまったり、もろくなった血管壁がはがれたりすることで、血管の通り道が狭くなっていき、心筋へ必要な栄養や酸素が送られなくなってしまった状態になることで起こる一過性の心筋虚血。(血液がいかなくなること)

痛みは30分以内に納まるもので、それ以上持続した場合、心筋梗塞を疑います。

狭心症は2つの種類に分かれます。

労作性狭心症

からだを動かした時に一時的に心臓が酸素不足になることで胸の痛みや圧迫感が起こるものです。

安静時狭心症

安静時、寝ている時やじっとしているときに冠動脈の痙攣が起こることで痛みが起こります。

 

この2つの見極めは非常に難しいので注意が必要です。

上記に当てはまるなら直ぐに内科などの受診をおすすめします。

 

心筋梗塞

狭心症では冠動脈の血管の通り道がだんだん狭くなってきた段階で起こりますが、心筋梗塞では完全に血管が詰まってしまってしまい、心筋に酸素や栄養が流れなくなった状態でおこります。

心筋に栄養が行き渡らなくなるため、心筋が壊死してしまい、壊死した筋肉は二度と元に戻りません。

発作の発症から時間が経てば経つほど心筋の壊死は進んでいきます。

激しい胸の痛みは30分以上持続して起こります。

冷や汗や吐き気、息が詰まるほどの激しい胸の痛みがある場合は心筋梗塞の可能性もあります。

心筋梗塞は発症後から処置までの時間が短ければ短い方が助かる確率が高くなります。

我慢はせずにできるだけ早く病院で診てもらいましょう。

 

気管支炎

主に発熱、のどの痛みのような風邪の症状がでてきますが、咳のし過ぎで胸の痛みが発生することもあります。

他にも筋肉痛のようなこわばりが首肩背中などにでてきます。

5~9歳のこどもで、咳が止まらなかったり胸の痛みが続く場合、マイコプラズマ肺炎になっている可能性もあるため注意してあげましょう。

大人でも気管支炎によって胸の痛みを生じる事があります。

風邪症状と似ているため、比較的わかりやすいのが特徴です。

 

 

逆流性食道炎

胸が締め付けられるように痛む、ピリピリ痛む、焼けるようにムカムカする感じがでてきます。

心電図などでも異常がなく、胸にずっと違和感がある、むかつきが続いている、という場合はこれを疑います。

酸性の強い胃酸が食道まで逆流してしまうことで、食道がただれてしまうことで起こります。

暴飲暴食が続いたり、食後に2時間も経たずに就寝する習慣がある、などが重なると起こりやすいです。

胸の痛み➕喉の痛みも生じてしまうため、逆流性食道炎の場合はまず病院に行きましょう。

スポンサーリンク

 

 

ほとんどの場合、肋間神経痛が胸の痛みの原因になることが多いです。

これらの中で見分ける場合、痛みの出る場所や、胸の痛みに伴う他の症状についてもよく見ておくことも大切です。

 

自分の中で肋間神経痛という風に判断をしても必ず一度病院を受診するようにしてください。

今回はお話をしていませんが帯状疱疹のようなヘルペスでも同じような症状が出てしまうので注意が必要です。

内科的な疾患の場合は治療やストレッチで改善するものではないので全てを自己判断するのではなくまずは病院を訪れて判断を仰いでください。

注意

整形外科では内科的疾患が見る事が難しいです。できれば内科などから受診する事をおすすめします。

肋間神経痛の原因

痛みの原因の大半は肋間神経痛の事が多いです。

ここでは自分で出来る対策をお伝えします。

肋間神経痛の原因は大きく分けて

  1. 肩、背中の動きが悪くなって起こる
  2. 背骨の動きが悪くなって起こる
  3. 猫背、姿勢不良で起こる

これら3点が肋間神経痛の主な原因です。

全ての原因で共通しているのは、背骨や肋骨周辺の筋肉や骨が肋間神経の通り道に触れたり、筋肉の繊維同士で神経を締めてしまったことで、肋間神経痛は起こります。

特によくみられるのは猫背姿勢から起こる肋間神経痛です。

姿勢が崩れると筋肉の使い方も変わってしまい、偏りがでてくるとこのように背中側の緊張が強まることで肋間神経痛を引き起こします、

肋間神経痛は一度なると癖になりやすく、姿勢が原因なのにそれを改善していないから何度も繰り返してしまうのです。

つまり肋間神経痛の改善には姿勢の改善が必須になります。

 

肋間神経痛を解消する為の方法

肋間神経痛のときのすぐできる対処法として3つお伝えします。

体を温める

体を温めることで血流が良くなり、筋肉同士の硬さなどを少し和らげてくれるので神経の締め付けが弱まります。

部分的に温めるならカイロや蒸しタオルのようなもので背中を温めて、全身の場合はお風呂に浸かる、というように温めると症状は和らぎます。

ストレッチ 

ストレッチでは肩胛骨を動かすように行いましょう。

痛みが強い時は大きな強いストレッチができないため、ゆっくり少しずつ行うようにして下さい。

肋間神経痛に効果的なストレッチ方法に関しては動画でご紹介しているので合わせてご覧ください。

動画の方がより理解しやすいです。

姿勢

姿勢は猫背にならないことが最重要です。

ですが体を反らすように、胸を張り過ぎる姿勢もよくありません。

背中が丸くなるような猫背の姿勢や、頭や顎が前に出ている姿勢では、常に肩~背中の筋肉が緊張していることになります。

そういった姿勢にならないよう、頭は常に背骨の真上に乗るように姿勢を意識してみましょう。

24時間意識し続けるのは無理な話ですが、気が付いた時に姿勢を整える、姿勢を変える、というような繰り返しで、だんだんと意識できている時間が長くなっていきます。

一日中意識していなければならないわけではなく、一日の中でも数秒から数分意識できるように気が付くことが大切です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は息ができないほど胸が痛むときに考えられる5つの原因についてお話していきました。

胸の痛みの原因は肋間神経痛であることが多いです。

ですがそれ以外にも重篤な病気のサインである場合もあります。

我慢して状態が悪化する前に、先に必要な検査を受けるようにしましょう。

激しい胸の痛みがあるときにレントゲン、心電図、内科的検査などで異常がない場合は肋間神経痛です。

いずれにせよ痛みがあっても、すぐに痛みが引いたから、と放っておくと更なる重症化をする可能性が高いです。

それぞれきちんと原因を判明させて痛みをとるための治療を受けましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。