肋間神経痛で左胸が痛い。痛みを取るためにしなければいけない事

スポンサーリンク

深呼吸をすると胸がピリピリ痛む。

咳払い、背中を伸ばすと胸の前に痛みが出てくる。

レントゲンを取っても特に異常がない。心電図をしても全く異常がないので最終的には

肋間神経痛ですね

と診断をされている。

でもなぜ左側だけ痛むのでしょうか?今回は肋間神経痛で、左側だけ痛みが出てくるのでしょうか?

今回は肋間神経痛で左胸が痛い。痛みを取るためにしなければいけない事として記事を書いています。

今現在痛みで悩まれているなら最後までご覧ください。

 

肋間神経痛の症状

肋間神経痛になると本当に心臓が悪いのではないかと不安になる位に胸に痛みがあったり、息苦しくなる事があります。

まずは肋間神経痛に特徴的な症状を書きます。

①深呼吸をすると肋骨、胸、背中が痛む

②体を捻じる、物を取るストレッチなどをすると痛みが走る

③寝返り等をするだけでも背中に激痛が走る

大きく分けるとこの3つが主な症状となります。

この様な症状が出てきたら肋間神経痛を疑います。

 

そもそも肋間神経痛とは何か?

肋間神経痛が何かというものがわかれば体に対して対策を打つことができます。

神経は全て背骨から出てきます。首からは手に出たり、腰からは代表的なものに坐骨神経と言われるとても太い神経が足にまで伸びています。

どの神経を全て背骨から先に伸びているイメージを持って下さい。

肋間神経も同じく、背中の骨から肋骨に沿って神経が出ていきます。

神経に痛みが出てくる特徴として、圧迫を受けている部分よりも必ず先でしびれが起こります。どういう事かといいますと、正座をすると足先が痺れます。

立てなくなるくらいまでなりますよね。しかし、しびれは足先でも神経を圧迫している原因は膝の裏の神経を圧迫をしてしびれが出てきます。

この様にしびれる場所としびれが出てくる場所に関係性はありません。

肋間神経痛も全く同じです。

肋骨が悪かったりするのではなく、肋骨の神経の初めで圧迫を受けて痛みやしびれが出てきます。

もうおもわかりですね。

そうです。背中です。

背中で神経が圧迫されて痛みやしびれが出てきます。

 

肋間神経痛の原因とは

上記で説明をした通り、神経の圧迫されている部分と痛みやしびれが出るところが違うという話をしました。

肋間神経痛の一番大きな原因は

猫背や姿勢不良により、背中の筋肉の緊張が強くなっていて圧迫を受けている

これが一番大きな原因となります。

姿勢不良などによって肋間神経が圧迫をされてしまって最終的に胸に前にしびれが出てしまいます。

しかし、両方に出ることよりも、左側に出ることが圧倒的に多いです。

心臓があるので、心臓の負担を避けるために左側でかばう事多いので左に出ることが多いと言われています。

背中の筋肉の緊張が強くて肋間神経を圧迫、そして痛みやしびれが前、横側に出てくる

というのが一番多い傾向にあります。

 

肋間神経痛を治す為の方法

次は肋間神経痛を治す為の方法をご紹介していきます。すごく簡単で効果的なものですので是非実践して下さい。

①お風呂にしっかりと浸かって体の筋肉の緊張を取り除く

②ストレッチをして筋肉の緊張の圧迫を取り除く

③休息をしっかりと取る

この3つが肋間神経痛を改善する為の方法となります。

 

一つずつ説明をしていきます。

①お風呂にしっかりと浸かって体の筋肉の緊張を取り除く

一番よくあるパターンですが、お風呂はやはりしっかりと浸かって筋肉をほぐしていく必要があります。

肋間神経痛を起こす方の特徴として、シャワーばかりになっている方がとても多い傾向にあります。

体も冷えますし、筋肉も緩むことがないのでどうしても疲労が溜まってしまいます。その状態が続くとある日突然痛みが出て悶絶するようになってしまいます。

毎日5分でもいいのでしっかりと湯船につかる様にして下さい。

 

②ストレッチをして筋肉の緊張の圧迫を取り除く

ストレッチは今から詳しく解説をしていきますが、ストレッチをしっかりすると痛みやしびれが直ぐに取れていきます。

症状が軽い方だと2日ほど行うと痛みが改善する事例もあるので時間を作って行なって下さい。

 

③休息をしっかりと取る

肋間神経痛はストレスが溜まり出ることがあります。

ストレス=肋間神経痛ではありませんが、

1)ストレスが溜まる姿勢が丸くなる

スポンサーリンク

2)姿勢が丸くなると背中の筋肉が硬くなる

3)それにより背中の筋肉が圧迫される

4)肋間神経痛が発症する

 

この様な流れて出てきます。ストレスを一切ためない事ができないですが、ストレスを解消する方法を持つことはとても大切な事なのです。

 

以上3つが対策となります。

どれも簡単で重要になってくるので是非一度行なって下さい。

今からストレッチの方法を具体的にお話をしていきます。

 

 

肋間神経痛に効果的なストレッチ方法

肋間神経痛に効果のあるストレッチ方法その1

①両手を万歳にします。背中に痛みがでるなら無理をしなくても結構です。

②手を伸ばしたまま体をサイドに倒していきます。この際に腰が出ないようにして、体の横側だけしっかりと伸ばすようにして下さい。

③お腹からわき腹が伸びている感覚があればストレッチができている証拠です。伸ばした状態で5秒間キープして、左右で5回ずつ行って下さい。1日3回行って下さい。

 

肋間神経痛に効果のあるストレッチ方法その2

①腕を顔の前で組みます。手の平が自分の方向に向くようにして下さい。

②手はそのままで、体を捻じりながらストレッチをしていきます。この時にポイントとして、手が捻じった方向の向いてしまうとストレッチ効果がないので、腕輪垂直のまま維持してください。

③片方に捻ったまま5秒間キープして左右で5回ずつ行ってください。 1日2回から3回行ってください。

 

 肋間神経痛に効果のあるストレッチその3

①床に足を開いて座ります。片方の足を曲げて片方の足を伸ばします。

②曲げている方に体をを倒していき股関節の内側を伸ばしていきます。

③足を伸ばしている方の内側がストレッチされていればうまくいっている証拠です。伸ばした状態のまま15秒間以上をストレッチをしていきます。

太ももの内側はあまり関係なさそうなイメージがあると思いますが、股関節をストレッチすることで背中の筋肉の緊張を取り除くことができます。

 

肋間神経痛に効果のあるストレッチその4

①写真の様な体勢になります。

右足を伸ばして左足をまげる。右手で左の骨盤を持ちます。左手で後頭部を持って右の方向に曲げて行きます。

②左の脇腹がストレッチされているのでこの状態のまま15秒間以上静止してください。

③左右均等に行い片側にセットを行い1日2回から3回を目安に行ってください。

 

下記に動画でも紹介をしています。参考にしてください。

 

肋間神経痛で気を付けなければいけない事

肋間神経痛で一番気をつけなければ行けないことが

ヘルペスです。

ヘルペスは水疱瘡の菌で、神経の上にでます。

それにより肋間神経の上にできて肋間神経痛になることがあります。

胸から背中にかけて痛みと発疹ができるのでしっかりと見極める必要があります。

病院にいき、見てもらうとわかるので診断はしてもらって下さい。

まとめ

肋間神経痛は胸に痛みがありとても不安になると思います。しかし肋間神経痛は基本的に治ります。

肋間神経痛の原因のほとんどは背中の凝り感や姿勢から来るものがほとんどです。

とても痛みがあるので心配になるのはわかりますがきっちりと治るものなので十分に安心してください。

上に挙げたように気をつけなければいけないことが水疱瘡の菌です。

これもきっちりと検査をすれば判断ができますので安心して下さい

 

スポンサーリンク

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。