胸が痛い!肋間神経痛の治し方に最適な5つのストレッチ

スポンサーリンク

深呼吸をすると胸が痛む。

咳やくしゃみさっくりをすると胸に張りが刺さったような状態で痛みが続いてしまう。そのようなことで悩まれてはいないでしょうか?

病院に行き検査をすると特に心臓に異常があるわけではなく肋間神経痛と診断されてしまった。

自分自身で肋間神経痛を治すための方法が知りたい。

 こんな方に対してお勧めする5つのストレッチ方法をご紹介します。

 

肋間神経痛の原因はどのようなものなのか?

肋間神経痛の原因は様々ですが1番原因として多いのが

背中の筋肉の緊張が強すぎること

にあります。

肋間神経は肋骨の下に位置します。肋骨の下にあるのですが元の始まりは背骨にあります。

背骨から肋骨に神経が流れるので、背中の筋肉の緊張が強くなるとしびれが胸、わきばらに痛みを感じてしまいます。

例えば正座をすると足先しびれますよね?

しびれているのは足先ですが、圧迫を受けているのは膝の裏になります。

膝の裏が圧迫されるので神経症状として痛みを感じてしまいます。

この様に、しびれ、痛みが出ている部分と圧迫を受けている部分は基本的に違います。

肋間神経痛も同じで背中で圧迫を受けてしまい、痛みがでるのは胸、脇腹になります。

 

肋間神経痛と鑑別しなければいけない疾患

肋間神経痛と鑑別しなければいけないものもあります。それが心臓に関わる病気です。

心臓が悪くなったり狭心症、急性の心筋梗塞などでも胸が苦しくなってしまう症状が見られます。

また胃が痛かったり、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などでも同じような自覚症状を感じてしまいます。

自分自身で肋間神経痛と心臓、胃等の判断は非常に難しいと思います。

痛みを感じたときには1番初めに検査をされることをお勧めします。

もし検査をして何もなければ良いのですが何かあったときには手遅れになりかねませんのできっちりと検査を行ってください。

 

肋間神経痛を治すにはどうすればいいのか?

肋間神経痛を治すためには上記でご説明した通り背中の筋肉を緩める必要があります。

神経の出元は 背骨から出ているため背中の筋肉を緩めてあげることが1番大切です。

 背中の筋肉が緩んでくれるようになると神経の圧迫から逃れることができるので痛みしびれから解放することができます。

基本的に肋間神経痛の治し方としてはストレッチが非常に効果的です。

 

肋間神経痛の治し方に最適な5つのストレッチ方法

ここからストレッチの方法をいくつかお伝えしていきます。ストレッチをする際にいくつかの注意点があります。

 ①痛みが強く出ている場合は痛みが感じない程度にストレッチをしてください。

 ②朝1番で行う際にはストレッチの強度を強くやりすぎないようにしてください。

 ③ 1日の最後である晩もしくは夕方には必ず一度行ってください。

上記3つのポイントを意識しながらストレッチを行ってください。

 

1)脇腹を直接伸ばすストレッチ

 ①両手を頭の上で包組んででください。手の甲を上に向けて両肘を伸ばすようにしてください。

②お尻を横に出さないように気をつけながら真横に体を倒してください。脇腹ストレッチされていくのがわかると思うので片側ずつ5秒間ストレッチしてください。

③左右で10ずつストレッチを行ってください。

このストレッチの注意点として体が左右にねじれてしまうと伸びる場所が変わってしまうので必ず体をまっすぐの状態で伸ばすようにしてください。

2)肩甲骨を伸ばすストレッチ

スポンサーリンク

①足を肩幅位広げてとって下さい。

②体の後ろで手を組み胸を張るようにしながら肩甲骨をくっつけてください。

③肩甲骨がストレッチされていけば上を出来る限り上に持ち上げるようにしてください。

この時に呼吸を大きく吸いながら肩甲骨をくっつけ、呼吸をはくときに肩甲骨を緩めてください。

肩甲骨を緩めるストレッチと肋骨を伸ばすストレッチ両方ともすることができます。ポイントは息を大きく吸い込んで肩甲骨と肋骨を持ち上げることが大切です。

 

3)お腹の前面を伸ばすストレッチ

 ①うつぶせで 床もしくはベットに寝て下さい。

②ての力を使って上半身を起こすようにしていただくとお腹の前がストレッチストレッチされて行きます。

③伸ばした状態で10秒間以上ストレッチをください

お腹の前をストレッチするのですが腰痛がある方は腰がそってしまうので十分に気をつけながらストレッチを行ってください。

 

4)腕の後ろを伸ばし脇腹も伸ばすストレッチ

①膝を天井に向けて曲げた手を反対の手でつかむ様にいて持ちます。

②持った手を写真の様な方向にしながら体を倒していきます。

③写真だと左の腕は伸びて、左のわき腹も同時に伸びていきます。

 

④伸ばしたまま 5秒間持続して、左右で5回ずつ行って下さい。

 

5)体をひねるストレッチ

①床に仰向けに寝て下さい。

②両手を90度まで開いて大の字になるように寝て下さい。

③腰を左右にひねる際に膝と股関節の角度が90度になるようにストレッチをしてください。

④ストレッチをした状態で15秒間以上腰と背中を伸ばしてください。

ストレッチを行うことで背骨全体が伸びていくので非常に効果があります。 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は肋間神経痛に効果的なストレッチ方法を5つお話ししました。

肋間神経痛は基本的に背中の筋肉の緊張が強くなってしまい痛みを発症してしまいます。

痛みとしては心臓に突き刺さるような鋭い痛みがあるのですが、検査をした状態で何も問題がなければストレッチもしくは体操を行っていけば改善させることができます。

ただし1つ気をつけていただきたいことがあります。

期間が長くなればなるほど治りが悪くなってしまいますので、長期間痛みが続いてストレッチをしても改善しない場合はきっちりと病院もしくは治療を受けるようにしてください。

ひこばえ整骨院の肋間神経痛の治療

ひこばえ整骨院では肋間神経痛の治療を得意としています。

肋間神経痛を治す為に日常の癖、使い方、歩き方などから全て診ていきます。

そして、一人一人に合ったストレッチが自宅でできる方法をアドバイスさせていただいています。

もしあなたが膝の痛みで悩まれているならば是非下の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。