肋間神経痛で腕まで痛くなってくる。そんな時に行って欲しい3つの対処方法

スポンサーリンク

背中やわき腹、肋骨にかけてが痛む…、深呼吸をしたら痛みが出てくる。

一体何が原因でしょうか?

実はこれらは肋間神経痛の症状です。

心臓病かと疑うくらい激痛を感じたりする事もあります。

肋間神経痛のときしばらくしたら治るだろう…、と置いておいてしまうと痛みの範囲が広がってしまうことがあります。

最初は背中、わき腹、肋骨、などから痛みが出てきて、腕にまで痛みを感じませんか?

なぜ腕にまで痛みが広がってしまうのかと不安になりませんか?

今回は、肋間神経痛になってしまい胸だけでなく、腕にまで痛みを感じる様になってしまう原因について詳しく解説していきます。

 

なぜ肋間神経痛になると腕が痛くなるのか? 

肋間神経痛の炎症、痛みがそのまま腕の神経にまで広がるからです。

肋間神経痛とは、背中側から肋骨沿いにかけてついている肋間神経に何らかの原因で痛みが発生した状態をいいます。

原因は様々で、肋骨が折れて骨が神経に触れたり猫背や姿勢の影響で筋肉や背骨に圧迫されて起こるもの、ストレスから神経過敏になって起こるものなどがあります。

肋間神経痛の原因のなかで最も多いのが、姿勢の悪さから背中の筋肉が緊張することで起こるものです。

肋間神経痛が起こってしまうと、腕を上げたり体を捻ったりなどの動作に制限が出てきてしまいます。

肋間神経自体は腕の方まで伸びているわけではありませんが、動きが制限されることによって脇の下や肩甲骨付近でも筋肉の緊張がみられ、それが腕に伸びる神経を圧迫してしまうのです。

姿勢自体を改善すれば間接的に背中だけでなく、脇や肩甲骨周辺の筋肉の張っている状態も改善します。

 

肋間神経痛の原因は?

 

肋間神経痛の原因は大きく分けて3つあります。

  1. 肩、背中の動きが悪くなって起こる
  2. 背骨の動きが悪くなって起こる
  3. 猫背、姿勢不良で起こる

基本的に全て背骨、肋骨周囲に付く筋肉が硬く緊張してしまうことで肋間神経の通り道に触れてしまったり、骨と筋肉、もしくは筋肉同士で絞めてしまうことで肋間神経痛は起こります。

中でも肋間神経痛で原因となりやすいものは、猫背姿勢です。

猫背、と言わないまでも姿勢の悪さや体の使い方が悪ければ、肋間神経痛が出てしまいます。

猫背になることで背中が丸くなり、背骨を支えている脊柱起立筋群の緊張が強くなっていきます。

姿勢は体の使い方の大部分を占めるため、筋肉を柔らかくしても使い方や姿勢が改善していないと肋間神経痛を再発する事になります。

肋間神経痛は一度なると癖になりやすく、姿勢が原因なのにそれを改善していないから何度も繰り返してしまうのです。

中には背中の筋肉が急にひきつって、ぎっくり背中のような状態になって肋間神経痛を引き起こす方もいらっしゃいます。

これに関しても本人にとっては急に痛めた、という感覚だと思いますが、結局は姿勢の悪さが継続的に一定の筋肉に負担をかけ続けてしまい、結果的に急な痛みが現れた状態なのです。

 

 

肋間神経痛と鑑別しなければいけない病気

肋間神経痛と思っていたら違う病気、怪我だったということも少なくありません。

ここでは肋間神経痛の症状に類似しやすいものをご紹介します。

肋骨骨折

単純に肋骨が折れていることもあります。

本来骨自体に神経は通っていませんが、骨を覆う骨膜(こつまく)には神経が集中していることと、折れたことでずれた骨や骨の欠片の周りでは炎症反応が起こるため、周辺の神経が痛みを発します。

肋骨自体、肋骨の一部分が痛い、痛む部分を押さえると痛みが増大する、じっとしてて痛む、寝ていても痛む、などが肋骨骨折の症状の特長です。

自己判断ではわかりにくいものですので、疑いのある場合はまず整形外科でのレントゲンを撮ってもらうことも判断の方法としては有効です。

 

狭心症、心筋梗塞

胸が締め付けられるような激しい痛みや息苦しさがでます。

15分以上の持続的な激しい痛みが胸の真ん中あたりにでる場合は心筋梗塞を疑いましょう。

心臓を動かす心筋に酸素や栄養などを送る冠動脈(かんどうみゃく)というものが、心臓の周りに巻きついて心臓を動かしています。

その冠動脈が何らかの原因で狭窄して血流量が低下してしまい、心臓が動かせなくなったものを狭心症といいます。

じっと動かずにいれば多少痛みが軽減されます。

冠動脈の流れが閉塞されたときに起こるのが心筋梗塞です。

狭心症とも似ていますが、心筋梗塞は血液の流れが途絶えている為、初めの発作から時間が経てば経つほど心筋の壊死が進み、予後が悪くなります。

症状が悪化するほど痛みの程度や頻度が多くなっていくため、異常を感じたらすぐに病院に行き、精密検査をしてもらいましょう。

 

帯状疱疹

ヘルペスウィルスの感染で水ぼうそうのウイルスで、胸や脇腹などに痛みが出ることもあります。

帯状疱疹は神経に沿って症状が現れ、特に皮膚表面の症状がわかりやすくあります。

水ぼうそうのウイルスであるため、脇や肋骨に沿った皮膚表面に水疱や発疹などがでてきまます。

痛みの他にかゆみを伴う症状が出ます。

帯状疱疹だと思えばすぐに病院行き、薬を処方してもらいましょう。

 

肋間神経痛の時に痛み止めと湿布は効果があるのか?

 

痛み止めを飲んで、一時的に痛みが和らいだとしてもまた薬の効果が切れたら痛みが再発してしまいます。

痛みを感じないようにしているだけであるため、そのまま無理をしてまた痛みがぶり返す可能性も考えられます。

痛みがきつい時は少しでもましになれば、と飲んでしまいがちですが、薬頼りにならないように注意しましょう。

スポンサーリンク

基本的にロキソニンやボルタレンのような薬が処方されたり、もしくは神経痛に効果のあるリリカを処方されることもあります。

どの薬も痛み止め、というだけあって作用も強いものです。

飲み続けると胃が荒れてしまうこともありますので、用法用量は守って服用しましょう。

肋間神経痛の場合、原因が筋肉の緊張から起こっていることが多い為、温めることが有効です。

お風呂に浸かったりカイロで背中周りを温めるほうが痛みは和らぎます。

 

肋間神経痛で腕が痛い時にできる3つの対処方法

 

肋間神経痛で腕が痛くなった時にできる対処法をご紹介します。

体を温める

先ほども述べたように、肋間神経痛は背中や肩の筋肉の緊張から起こることが多く、血液循環を良くしてあげるほうが楽になります。

お風呂で湯船に浸かって温まると全身の血流が良くなります。

部分的にカイロや温める道具を持っている場合は、脇や横腹、腕に痛みを感じてもまず背中から温めるようにしましょう。

肋間神経の根元は全て背中側から出ています。

先の方だけ温めるよりも根元から温めた方が効果的です。

 

肩甲骨を動かす

ストレッチというほど伸ばすことがしんどいときでも、できる範囲の動きで肩甲骨を動かしましょう。

肋間神経痛になる人は肩甲骨周りの動きが少なく、連動して背中も固くなっています。

適度な運動をしたり、ストレッチをして肩甲骨を動かしましょう。

肩甲骨のストレッチ

①両手を体の後ろで組みます。

②組んだ手を斜め後ろ下方向に伸ばしていき、肩甲骨同士を寄せて胸を開くようにします。

③呼吸を止めないように深く呼吸を繰り返し、15秒~20秒程維持したら、手を放して一気に脱力します。

この体勢になると痛み出てしまい、行うのが難しければ、

①バスタオルを丸めたものを背中の下に置きます。

②その上に背骨がくるように両手の平を上に向けて広げた状態で仰向けに寝て、1~2分間ゆっくり呼吸を繰り返します。

このストレッチでも大丈夫です。

無理のない範囲で行いましょう。

肩甲骨を動かすことで呼吸をしやすくして、背骨、肋骨の動きを良くしていきます。

そうすることで痛みを早期に軽減する事ができます。

動画でもご紹介しているのでそちらをご覧下さい。

こちらの記事も合わせてご覧下さい。

胸が痛い!肋間神経痛の治し方に最適な5つのストレッチ

2018年2月5日

姿勢を改善する

今の痛みを改善する為には、まず痛みの出る姿勢から改善しましょう。

背中が丸くなるような猫背の姿勢や、頭や顎が前に出ている姿勢では、常に肩~背中の筋肉が緊張してしまいます。

そういった姿勢を出来る限り避けるように、頭は常に背骨の真上に乗るような姿勢を意識してみましょう。

胸を張るような姿勢は一見姿勢が良いように見えますが、これも背中の筋肉に負担がかかります。

背中や腰にはそこまで力を入れずに、肩の力を抜いて姿勢を正す練習をしていきましょう。

実際に私が治療して痛みが取れた方の事例も下にあります。

肋間神経痛の改善事例からみる正しい改善方法

2018年3月22日

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

肋間神経痛で腕まで痛くなることもありますが、すべては背中の筋肉や背骨、そして姿勢からの影響なのです。

痛み方や痛みの出る場所は人によって異なりますが、症状がきつい場合は我慢せずにまずは病院を受診しましょう。

自己判断で放っておかないようにしてください。

そして姿勢が原因でなる肋間神経痛に関してはしっかり治すためにも期間は必要です。

こればかりは即効性はありません。

ですが姿勢を正しい状態に改善できれば、肋間神経痛の症状は改善しますし再発も防ぐことができます。

肋間神経痛の原因に書いた通り、筋肉の硬さ、背骨の動き、姿勢の問題をしっかりと治療しなければ痛みを繰り返してしまう可能性を常に抱えていなければなりません。

痛みが出てから姿勢の癖を変える場合、自分自身の感覚だけでは正直改善しませんし1~2日くらいで姿勢が改善して定着するものではありません。

しっかりと時間をかけて治療することをお勧めします。

もしこのような症状がある場合、一度当院にご相談ください。

 

 

 

スポンサーリンク

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。