産後から腰痛に悩まされている。治すにはどうしたらいいの?

スポンサーリンク

妊娠中から腰に痛みがある。

出産をおきにどんどん腰痛が悪化している。

そんなふうに悩まれてはいないでしょうか?

妊娠中に悩みの種として多い腰痛ですが出産後も腰痛に悩まされる方が非常に多いです。

なぜ出産を終えたのに腰に痛みが続くのでしょうか?

今回の記事では出産後に腰痛が続いてしまう原因と治し方についてを詳しく解説していきます。

 

妊娠中と出産後の体の変化

妊娠中の出産後とそして妊娠前の体の状態を比較して説明をしていきます。

 ①妊娠前

特に多いパタンでご説明をすると、妊娠前には痛みなどがなかったけれども常に腰がだるいなどの症状を持たれている方が多いです。

仕事をしていたり普段の生活で疲労が溜まることによって腰がだるくなったり痛みが出てしまったりします。

ストレッチをしたり睡眠をしっかり取ったりすることで体の疲労が取れていくのが特徴です。

 

②妊娠前期

妊娠中の前期ではそこまで大きな腰の痛みというのはありませんが、中期になってくると少しずつ腰に違和感を感じじたり、人によっては妊娠中の前期の段階で痛みを感じる方も多くいらっしゃいます。

この時期は痛みよりもだるい感覚やしんどいと言う状態の方が多い傾向にあります。

 

③妊娠中期

この時期になってくるとお腹が少しずつせり出してくるので腰痛を感じることが少しずつ出てきます。

体が大きく変化することによって起こってしまうのがこの時期です。

腰がそってしまうことと、体の筋肉が少しずつ弱くなってしまうのがこの時期になります。

弱くなると言うのは子供が大きくなるので体に脂肪を溜め込もうとする時期になるからです。

 

④妊娠後期

臨月に入る前にはお腹の大きさが急に大きくなるので腰を大きくせり出してしまいます。

これが原因で腰が痛くなったり恥骨が痛くなったり股関節に痛みを感じたりします。

ひどい人だとぎっくり腰になってしまったり、腰椎椎間板ヘルニアになってしまうと言うこともあります。

 

⑤出産後

出産後は基本的に1ヵ月程度安静にする必要があります。

安静にする必要というのは、子宮が回復する時間が必要と言う事と、骨盤底筋群と言われる子供を支えていた筋肉が傷ついてしまっているのでそれを修復する時間が必要です。

この時期から腰痛を感じる方が圧倒的に多いです。

単純に筋力が落ちているわけではなく体の中で傷ついてしまっている組織を修復するために安静にする必要がありますが、その時間が取れない方は辛さを感じる方が多いです。

 

出産後に腰痛を感じる理由

① 1ヵ月間安静にすることができない

②妊娠中から腰痛を感じてしまい症状がさらに悪化してしまっている。

③妊娠中の姿勢がそのまま負担として残ってしまっている。

 

上記3点が出産後に腰痛になる主な原因です.

1つずつ説明をしていきます。

 

① 1ヵ月間安静にすることができない

1つ目の主な原因と言うのは本来安静にしていただきたい直に安静にできないと言う状況の時です。

多くの方は自分の実家に里帰りをされる方が多いのですがご実家が遠かったりするとどうしても自宅で安静にできない時と言うのがたくさんあります。

そうなってしまうと本来体が修復するのにかかる時に体が修復することができないので過度に体を使ってしまいます。

そうすることによって体自体に負担がかかり最終的に腰痛を感じるようになってしまいます。

 

②妊娠中から腰痛を感じてしまい症状がさらに悪化してしまっている

妊娠中に腰痛を感じてしまい、お腹がどんどん大きくなってしまって腰がそってしまうことによってさらに腰痛が悪化してしまうパターンです。

妊娠中はどうしても腰がそってしまい体が不安定な状態になってしまいます。

しかし多くの方はその状態で家のことをしたり仕事をがんばりすぎてしまうために体を必要以上に酷使してしまいます。

体の使う場所が変わるので全体に脂肪がついて筋肉が低下してしまいます。

 

 ③妊娠中の姿勢がそのまま残っている

妊娠中はどんなことでも必ず腰がそってしまいます。腰が座った状態で筋力が落ちるので体の状態は負担がかかりっぱなしになってしまいます。

そのような状態で日常生活を送ったり育児を行ったりするので腰に大きな負担がかかってしまいます。

上記②番と共通する部分がありますが、妊娠中やそれ以前から腰痛を感じていらっしゃる方はより腰の痛みが強くなってしまいます。

 

以上3つのポイントが産後に腰の痛みが出てしまう方の大きな理由です。

 

産後にはベルトが必要なのか?

この質問は誰もが1度は思われたのではないでしょうか?

実際に必要と言われる方もいらっしゃれば、特に必要じゃないと言う方もいらっしゃいます。

ここからは私の見解も入れていますので1つの参考にしてください。

骨盤ベルトを行う理由として2つあります

①傷ついた骨盤底筋群を安静にさせるためのもの

②腰がそっていたものを直し、育児の疲労を軽減させるためのもの

この2つが主に骨盤ベルトを行う意味合いです。

私個人としては骨盤ベルトは必要と考えています。体の中で傷ができてしまったものは時間をかけてゆっくりと元に戻す必要があります。

骨盤ベルトをつけたからといって早く治るわけではありませんが、普段を軽減させることができるので自然治癒力を高めると言う意味があります。

骨盤ベルトにもたくさんの種類がありますが、正直どのようなものでも構いません。

スポンサーリンク

骨盤ベルトそのものが大事なのではなく、つける場所によって効果が全く変わってきます。付け方に関しては下記に動画を載せておきますのでご参考にしてください。

産後に腰痛を治すために必ず行わないといけないこと

さんごの腰痛を治すために行わないといけないことをご紹介します。

治すためにはある程度期間が必要になってくるので初期から必要なものとその後に行わないといけないことの2つに分けてお話をします。

 ①姿勢を元の状態に正す

産後は下の写真のような姿勢になっています。この状態が長期間続くと腰の負担と股関節の負担が増えてしまいます。

そり腰になっているわけではありませんが、重心の位置が全く変わってきます。

重心がおへその前に変わってしまうために、腰の負担が大きく変わってしまいます。そのせいで下腹出てしまいお尻が垂れてしまいます。

産後に太ってしまったり、体型が変わるのは体重の増減はもちろんありますが姿勢が大きく関係します。

正しい重心と言うのは写真の様に横から見たときに真っ直ぐになっている状態の事をいいます。

方法はとてもシンプルです。

1)息を大きく吸い込んで肋骨を大きくあげていきます

2)お尻の穴をぐっと締めていきます

この2つを

行います。

不良姿勢になるとお腹が前に突き出すような姿勢になってしまうのと同時に、重心がお腹の前に寄ってしまうのでお尻を締めて、肋骨を上に上げることで正しい姿勢をとることができます。

また正しい姿勢を行うことでお腹の中の筋肉インナーマッスルを使うことができるのでわざわざ運動する必要はありません。

 

②産後2ヶ月以降は骨盤底筋群を鍛える

産後2ヶ月程度は基本的に傷ついたにしたり大きな運動しないほうがいいです。

逆に2ヶ月が経過した頃には骨盤の傷も安定してくるので少しずつ運動を始めていきます。

運動と言いましても筋トレを行うのではなく骨盤周辺の筋肉を元の状態に戻すための運動を行っていきます。

具体的な方法は下記に筋トレの仕方を動画で載せておきます。すべて行うのではなく3つから4つ程度を基準に行ってください。

骨盤底筋群の鍛え方 その1

骨盤底筋群の鍛え方 その2

骨盤底筋群の鍛え方 その3

 

③体の柔軟性をつけて腰の負担を軽減させる。 3つのストレッチだけまずは行ってください。

腰の方端を軽減させるためにストレッチを行っていきます。

腰を直接ストレッチすることも大事なのですが、腰だけでなくその周辺を伸ばしてあげることによって治癒力を上げる方法をとります。

 

1)股関節の柔軟性を作るストレッチ

①仰向けになって寝ます。畳の上でもベッドの上でも布団の上でも構いません

②写真のように片方の足を上げて、反対の足を組むようにしてスタンスを決めます。

③足の間から手を入れて反対のては膝頭を持ち自分の胸のほうに近づけていきます。

④足を組んだ方のお尻がストレッチされると思うのでそのまま15秒間以上持続します。

このストレッチを行うことでお尻の緊張を取ることができます。お尻の筋肉が柔らかくなることで腰にかかる負担を軽減させることができます。

このストレッチは必ず行ってください。

 

2)腕の裏とお腹を伸ばすストレッチ

①壁に向かって自分の足2つ分後に開いて立ってください。

②壁に向かって両手を伸ばし万歳のような姿勢をとって下さい

③腰をそらすようなイメージで腕を伸ばしていきます。肩甲骨の間、腕の後ろ側、体が硬い方は胸の前やお腹の前が伸びると思います

④ひじを曲げてもらっても構わないのと腰をそらしすぎると痛みが出てしまうので痛みが出ない程度で行ってください。

⑤ストレッチをした状態で15秒間以上伸ばし続けてください。

猫背を解消するのに非常に効果があるのでこのストレッチも必ず行ってください。

 

3)股関節を大きく上げて腰をひねるストレッチ

①床に仰向けに寝てください。ベッドの上でも構いません。

②この状態のままで腰を捻って行きます。

③腰をひねるときには股関節を大きく曲げて胸に近づけるように腰をひねっていきます。普通にひねるのではなく股関節を曲げることによって腰だけを集中的にストレッチさせることができます。

無理はしないでいただきたいですが腰を捻った状態で15秒間以上伸ばしていきます。

 

まとめ

産後はどうしてもお母さんの負担が増えてしまいます。

子供さんの相手をしたり、実家が遠かったりするとどうしても日常の事まで全て行わなければいけないこともあります。

産後一ケ月間は出来る限り安静にすることが1番望ましいですが、もしも難しい場合はベルトをしたりストレッチをしたりして体の普段を極力減らしていきましょう。

腰痛が全て自分で解決ができない場合はプロに任せるのも1つの手段なので視野に入れときましょう。

この記事があなたのお役に立てる事をお祈りします。

スポンサーリンク

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。