すべり症でやってはいけない運動はどの様なものがあるのか?

スポンサーリンク

病院で腰椎すべり症と診断を受けてからあまり体を動かすことをしなくなってしまった。

治療のおかげか日常的に痛みで苦しむことはなくなり、もともとやっていた運動をしはじめようと医者に相談したら「運動はやめておいた方がいい」と言われてしまった。

また別の医者にはどんどん体を動かしたほうがいいと言われた。

すべり症の場合、もしかしたらしてはいけない運動があるのでしょうか?

今回はすべり症の方のやってはいけない運動についてお話していきます。

もしあなたが今から運動を始めようと思っているならばはじめる前にこの記事を最後までご覧ください。

 

すべり症とはどの様な状態なのか?

すべり症とは、腰椎が何らかの原因で本来あるべき位置からずれてしまった状態をいいます。

すべり症には種類があります。

腰椎分離すべり症

腰椎の本体部分である椎体と、後方で下の背骨と関節している椎弓部分が分かれてしまった状態を腰椎分離症といいます。

それが長らく放置されていると、徐々に椎体部分が元の位置からすべってしまい、腰椎分離すべり症となります。

このすべり症が一番多く一般的です。

 

腰椎変性すべり症

腰椎分離症がない場合でも、主な原因は不明ですが加齢などにより腰椎に変性が起こり、腰椎がすべりでてしまうことを腰椎変性すべり症といいます。

変性というのは、簡単に言うともろくくなってしまうことをいいます。

いずれの場合も前方方向へすべるものが多く、後方へのすべり症はまれになります。

前方へ腰椎が滑る形になるため、腰が反るような姿勢になります。

そのため、すべり症では基本的に反りがきつくなるような、大きく腰を反る運動をしてはいけません、と言われるかと思います。

事実、すべり症の場合腰を大きく反らす事はおすすめできません。

また、すべり症の原因のひとつに「腹筋力がない」ということもが挙げられます。

そのため腹筋をしましょう、ということも言われるかもしれません。

腹筋がない、ということでいくら腹筋の運動をしてもすべり症が治るわけではありません。

すべり症でいう腹筋ががない、のはお腹側にある筋肉を立っている時や歩いている時などの日常生活動作の中でうまく使えていないことが原因になります。

腹筋はすべり症を治す為や、症状を緩和させるために行なうものではないので特にやる必要はありません。

では実際どういった運動がやってはいけないのでしょう。

 

すべり症でやってはいけない運動5選

今まで運動が好きでしていた方もいらっしゃるかもしれませんが、すべり症があるということは多少なりとも運動のやり方を変える必要があります。

行いたい気持ちはおありますが症状が酷くなってしまうと意味がなくなってしまいます。

きっちりとリスクを理解した上で運動を行うようにしましょう。

ヨガ

ヨガでは多くのポーズで腰を反らせることになります。

ピラティスも同様の理由でおススメできません。

腰を反ることの他に、大きく体を捻るような動作もすべり症では控えた方がいいものです。

実際ヨガのインストラクターの方がすべり症で来院されることもあります。

すべり症でもヨガを行なう場合、強度を調節して、痛みのない範囲で行うのであればしても大丈夫です。

ハードな体勢などのヨガは控えるようにして下さい。

 

登山

登山は体にいい、と思いがちですが実はこれもすべり症ではおすすめできません。

理由としては、荷物の重さです。

体の動き的にはよく歩くことがメインとなるため悪くはありませんが、登山のような重装備になると長時間の歩行でだんだんと疲れてきてしまいます。

すべり症ではただでさえ腰椎が前方にでており不安定になっているあめ、重い荷物を背負うことでその不安定な腰に負荷がかかってきて症状がきつく出ることもあるのです。

痛みを我慢して登山するのは勿論ですが、次に日に痛みがでる、2,3日後に痛みを感じるなどの場合は直ぐに中止をしましょう。

今の体に合っていない証拠です。

 

水泳(バタフライ)

水泳はすべり症でもしていただいて大丈夫です。

ただし4泳法のなかでバタフライは腰を反るフォームが入ってきます。

スポンサーリンク

これはすべり症の人の場合負担になります。

他の泳ぎ方であればそこまで負荷がかかるわけでもないため、行なっても大丈夫です。

特に水中のウォーキングは、すべり症の人にはむしろしていただいた方がいいものです。

 

トライアスロン

トライアスロンのように激しいスポーツ、体に強く負荷のかかるスポーツは基本的におすすめできません。

スイム→バイク→ランニングの順に行なっていくトライアスロンですが、いくら強度を落とすといっても運動量が多すぎます。

スイムかバイクかランニング、というようにトライアスロン形式ではない方法で運動する事をおすすめします。

したい気持ちはわかりますが、体の事を考えるとぐっと我慢も必要です。

 

痛みを我慢しての腹筋

基本的に痛みがでているのに我慢して続けた方がいい運動はありません。

腹筋に関しても、同じことが言えます。

先ほど述べたように、腹筋を鍛えたからといってすべり症が治るわけではありません。

痛みがでないための予防を目的として行なうのであれば腹筋も一つの方法です。

ですがいわゆる上体起こしのような腹筋は腰に負担がかかり過ぎてしまいます。

腰に負担をかけないように、呼吸をうまく使った腹筋を行うなど、やり方を考えましょう。

 

自分にとって正しい運動を知るにはどうしたらいいのか?

 

自分のからだに合った運動を知るためには、まず今の状態から把握することから始めましょう。

前方すべりがほとんどですが、人によっては後方のすべり症の場合もあります。

すべり症でしてはいけない運動は大きく変わりませんが、状態把握は詳しくできていた方が当然わかりやすいです。

基本的に運動をして、運動の途中で痛みが出る、運動をした後に痛みが出る、運動をした後にだるさや痛みが出る、ということがあればその運動はあなたの体にとっては負担が強かった、と言う事がわかります。

いきなり精一杯運動するのではなく、思っている3割くらいの力で運動する、それが大丈夫であれば次は5割くらいの力で運動する。

そしてそれも大丈夫であれば今度は7割くらい、最後に10割くらいの力でやってみる、というような段階を踏むかたちで運動の強度を上げていきましょう。

いきなりめいっぱいの力で運動してしまうと、体が負荷に耐えられない、ということもあります。

そうなった時に痛みがでたり、体の状態が悪化したりする可能性もあります。

すべり症の場合、腰の不安定は変わらないので運動するときは慎重に行いましょう。

もともと運動をしていた方は、痛みが少し軽減したら以前のように動かせる、と思ってやり過ぎて再発する、という傾向も多いです。

腰椎ですべりが起きた時、現実的にそのすべった状態が元通りになるわけではないため全く同じように運動することは難しくなります。

ですが時間をかけてゆっくり運動できる範囲を広げていくことは可能です。

治療からリハビリまでを時間をかけて根気よく続けていきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はすべり症でやってはいけない運動はどのようなものがあるのか、についてお話ししていきました。

すべり症だから運動は全くしてはいけない、ということではありません。

逆にバリバリ動いて筋肉をつけて治しましょう、ということでもありません。

すべり症に関しては鍛えれば治る、という問題ではないことを理解しておきましょう。

ですがすべり症だからといって運動を諦めてしまう必要はありません。

自分にできる、自分に合った運動を見つけることができると継続的に運動することができ、すべり症での痛みが感じずに過ごすことができるようになります。

少しでもこの記事があなたにお役に立てれば幸いです。

周りにお困りの方がいらしゃればこの記事を教えてあげて下さい。

ひこばえ整骨院のすべり症の治療

ひこばえ整骨院ではすべり症の治療を得意としています。

全てをトータル的にみて、すべり症を改善して行きます。

そして、一人一人に合ったストレッチが自宅でできる方法をアドバイスさせていただいています。

もしあなたがすべり症で悩まれているならば是非下の記事をご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。