浮き指本当にインソールで治る?間違った方法だと変えって悪化しますよ!

スポンサーリンク

自分の足を見た時に浮き指になってはいないでしょうか?

浮き指になってしまうことで外反母趾になってしまったり、指が痛くなったり、指の付け根に痛みを感じるようになったりします。

見た目が非常に悪くなってしまうことによって、裸足になったときに自分の足が浮いてしまっていることがとても気になると思います。

よくある治療方法として、靴を変えたりインソールをつけたり、動画などを見て運動を行ったりなどたくさんの方法を試されていると思います。

特にインソールは必ずつけたほうがいいと言うような言われ方をして進められると思います。

しかし本当にインソールをつけただけで浮き指が治るのでしょうか? 

この記事では浮き指にインソールをつけてどのような結果をもたらすしまうのか、またどのようにして浮き指を治せばいいのかなどを具体的に話しています。

インソールを今からつけようと考えている方は、是非一度この記事をご覧ください。

 

浮き指を治すのにインソールは必要なのか?

インソールをつけても浮き指は治りません

浮きを治そうと思った時にインソールをつけても治ると言う事はまずありません。

インソールをつける事は決して悪いことではありませんが、あくまでも補助として使うものであって治すものではありません。

浮き指になってしまう原因として様々なものがありますが、歩き方、靴などが大きな原因としてあります。

特に浮き指を治そうと思った時に歩き方と足の使い方を変えなければ絶対に治りません。

治すためにインソールや新しい靴を変えたとしても使い方が変わっていなければ浮き指は改善する事はありません。

浮き指によって痛みが出てしまっている場合はインソールをつけることによって、一時的に痛みを改善することは可能なのです。

しかし、使い方が変わっているわけではないので時間の経過とともに痛みが悪化してしまいます。

 

浮き指にインソールを勧められる理由

 1番簡単でシンプルだからです

 浮き指を治そうと思った時にインソールをつけることによって足のアーチを作り負担を減らすと言うのが1番もっともらしくで簡単だからです。

インソールを作ることで治る

というイメージが間違えているだけであって、インソールを作ることによって歩きやすい状態を作りより素早く足の状態を改善させるというのは十分に可能です。

インソールをつけたからすべて大丈夫!

と言うのは大きな間違いですので、治すことと、補助として使うのは混合しないように気を付けて下さい。

 

必ずヒールをはかないければいけないけれどもどのようにして治すのか?

インターネットで調べると必ず浮き指の原因は、

ヒールを履いて痛い自分の足のサイズに合っていない靴を選んでいるから

というのが記事として書かれていることが多いです。

自分の足のサイズに合っていない靴を履けばもちろん痛みや、浮き指になってしまう理由はよくわかると思います。

ただし、ヒールを履いて痛いから履かないようにしましょうと言うのは無理があるかたもいると思います。

一見当たり前のように感じますが、中には必ずいかなければいけない仕事をされている方思い出せると思います。

そのような場合は一生治ることがないのか?と疑問に思うことがあると思います。

必ずしもヒールを履いているから痛みが出たり浮き指になってしまうかと言えばそうでもありません。

治すためには少しだけ意識をすることで改善への道を辿ることができます。

常に高いヒールを履かれている方は休みの日や通勤の時はスニーカーのような靴に変えることをお勧めします。

仕事中に関しては可能であれば少し低めのもの、もしくは普段の生活の中から歩き方を変えることで治すとができます。

全くはかないと言うのは現実的に難しいと思います。

手間はかかりますが治そうと思ったときには手間を惜しまず靴を二足用意してヒールを履く時間とヒールをはかない時間と言うのを分ける必要があります。

仕事の際ヒールしか書けないと言う方は、治るスピードが圧倒的に遅いですが、治らないと言うわけではありませんので諦めずに地道に行っていきましょう。

 

インソールを使わずに浮き指を治す方法

歩き方を徹底的に治すことを行っていきます。

上記で何度も説明をしている通り、浮き指になってしまっている方は歩き方がとても悪い傾向にあります。

下の写真を見ていただきたいですが本来指と言うのは力を抜くとまっすぐの状態になります。

しかし、浮き指になってしまうと地面からすべての指が平行ではなく浮き上がってしまっている状態になってしまいます。

下の写真は極端に反るようにしていますが、実際にこれぐらいと同じ位指が上がっている方もたくさんいらっしゃいます。

このような状態になると下の写真のように赤丸で囲んでいる部分に大きな負担がかかってしまいます。

浮き指で足の裏が痛いと言う形はこの部分に炎症起こしてしまう中足骨骨頭炎と言うものになります。

 

 

ここに炎症が起こることによって歩くときに、触れてしまい痛みを感じるようになります。

また、下の写真のように指の先が靴に当たってしまうことによってタコができてしまいます。

スポンサーリンク

タコができると言う事は常に刺激が加わっている証拠なので指が地面に着いていないと言うことです。

 

このような状況になっているならばすぐに歩き方と足の使い方を使う必要があります。

 

歩くときには非常にシンプルなのです。

踵からついて足の裏全体を地面につけ、蹴るときには親指から中指を残して地面を蹴るようにしていきます。

下の写真のようなイメージで歩きます。

踵からつく

足の裏全体で地面につく

親指と人差し指で地面をける

地面を蹴ると言いましても軽く触れている程度で、踏み締めたには行わないようにしてください。

注意点も動画でお話をしているので参考になさってください。

 

 

立ち姿勢

立っている場合は踵と親指小指の3点で地面をつかむようにしながら同じ位の力で重心をかけるようにしてください。

 

力を入れると言うても踏ん張るのではなく、全体に体重が均等に乗っている感覚的で大丈夫です。

例えば家事をしている時や炊事をしているときには立ちっぱなしの状態のことも多いと思います。

その時に足の裏の3つのポイントを意識しながら立つことによって重心が真ん中になります。

そのことにより指先全体が床につくため、体のバランスが良くなります。

 

靴に関して

上記でもう少しお話しをしましたが、ヒールをどうしてもはかなければいけないと言う方も必ずいらっしゃると思います。

非常に手間にはなりますが今からお話しする方法をとって下さい。

もし仕事中はヒールを履くなければいけない方は通勤中ヒールをはかないといけないと言うルールがなければ、スニーカー等のベタ靴に合わすようにしてください。

荷物にはなりますが治すためには必要です。

仕事中は普段と同じような物になると思いますが、立方に関しては上記でお話ししたようにできるだけ3つの点でバランスを取るようにしてください。

休みの日は基本的にヒールは履かず、必ずベタ靴にするようにしてください。

よく患者さんが普段5、6㎝のものを履いていて、休みの日は2、3㎝などの非常に低いものを履いているから大丈夫です。

と言うようなことを言われていますが、正直全く大丈夫ではありません。

普段に比べると確かに低いのかもしれませんが、一般的にスニーカーしかはかない方から考えると2、3センチでも非常に高いです。

私が履いたらおそらく足が痛くて歩けないと思います。

それくらい足の負担が大きいのです。

高い低いなどの基準は関係なくヒールがあるかないかのみで判断をしていただきたいです。

靴の選び方

靴を選ぶときには3つのポイントを選ぶようにしてください

  1. 今の段階で自分の足にフィットしているか
  2. インソールが薄くなりすぎていないか
  3. かかとはしっかりと固定されているか

上記3つを基準に選んでいただければ結構です。

デザイン性を重視の靴はフィットをしていてもインソールが非常に薄いと言う場合もたくさんあります。

また、踵が非常に柔らかい靴も中にはあるので下の写真のようにある程度かかとがしっかりしているものを選ぶようにしてください。

 

補足

現在私がはいている一番おすすめな靴です。長時間歩くときには必ずこの靴を履いています。

普通に売っているスニーカーで充分ですので 、オーダーメイドで作ったりしなくても十分いい靴が売っています。

靴の選び方の中にインソールが薄くないかというの入れていますが、通常の靴を履かれているならば特に気にする必要はありません。

 

結局インソールは必要ないのか? 

インソールが必要ないのではなくインソールをつけて浮き指を治す事はできないと言うことが結論になります

インソール自身は非常に効果的なものですし、足の負担を減らすためにはとても重要なものです。

しかし、インソールをつけたから全てが治るのかと言われれば正直治るものではありません。

あくまでも補助として考えていただきたいので処方された際にはインソールと別の治療方法を必ず合わせるようにしていきましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は浮き指にインソールが効果があるのか、また治すことができるのかということに焦点を絞ってお話をさせていただきました。

何度もお話をしているようにインソールは決して悪いものではありません。

あくまでも治すためのものではなく、治すために補助として使うということをご理解下さい。

インソールをつけるつけないの前に正しい足の使い方と歩き方、重心の取り方を覚えることが最も大切です。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。