正しいX脚の治し方

スポンサーリンク


X脚ってどうやって治せばいいんだろう?そんなふうにあなたは思っていませんか。

O脚の治す方法やストレッチの方法などは調べるとたくさんの記述が載っています。

X脚に関してはO脚と違い直すと言う情報が少し少ないと思いませんか。

X脚にはO脚とは違い体の使い方や改善するポイントが変わってきます。

私が実際に見ている方でもX脚で悩まれている方というのは非常に多くいらっしゃいます。そして自分なりに色々と対処方法を行っていてもなかなか成果が出ていないと言う方が多いのが現状です。

この記事ではX脚を直すための方法をお伝えするとともに、X脚の原因も同時にお伝えしていきます。

X脚の原因とは

X脚を直す前にまずは原因から知る必要があります。方法はいくらでも提供できますが、改善しても大元の状態が戻っていなければ必ず再発をしてしまいます。

一時的に改善させる事はとても簡単ですが、改善はもちろんのこと再発をしないところまで持っていくのが1番の目的です。

X脚の原因は大きく分けて3つに分かれます。

①内股になってしまい、足首の関節を使っていない

②歩く時手を振らずに体を揺らしながら歩く

③まっすぐにした時に膝が伸びない

この3つが原因です。O脚と大きな違いは③番の膝が伸びていない部分にあります。

O脚の場合はX脚とは逆で反りすぎてしまう傾向があります。

x脚の場合は内股になってしまい膝を伸ばさずに歩くためにぴょこぴょこと、歩いてしまう状態になります。

これら3つを改善させることでX脚と言うのは治すことができます。

正直なところ言うと自分で見てもよくわからないと言う部分があるので、客観的に自分の足や歩き方を見てみて判断をするようにしましょう。

以前に書いた記事に詳細に書いてある原因があるのでそちらも併せてご覧ください。

X脚の原因って何?

X脚を治すために必要な3つの方法

 ①足をまっすぐして、足首の関節を使う

1番多くの特徴として内股と足をベタベタつきながら歩く方法をとることが非常に多いです。

立ち方や歩き方を動画や写真でとるととてもわかりやすいです。

できれば家族や友達に撮ってもらったり自分自身で動画や写真を撮って確認するのが1番いいです。

立方

①かかとをできるだけつけて足の先はやや外側に向けるようにしていきます。

②つま先の角度はかかと合わせた状態から30度程度開くようにしてください。まっすぐの姿勢はこの足を30度程度開いた形が1番理想です。

③その状態から足の角度は変えずに、肩幅程度足を開いてください。その状態を基本スタンスとします。

まっすぐに立つ時はこの状態をできるだけ意識して足先が内側に入らないように気をつけましょう。

足を揃えてたたなければいけない時は踵を合わせてつま先は30度程度開くようにして絶対に内股もしくはまっすぐにならないように気をつけましょう。

歩き方

歩くときは上記の立ち方を自分の体になじませた状態からスタートします。

①自分の目の前に線があるようなイメージをしてください。

②その先の上を歩くようにしているのですが、この時に気をつけるポイントはかかとよりもつま先の方が外に向くようなイメージで歩いてください。

スポンサーリンク

かかとよりもつま先の方が内側に入ってしまっていると内股になっている証拠なので絶対に気をつけなければいけません。

足首を使う

足首を使うと言うのは、内股になると足の裏全体で地面を蹴るようになります。イメージで言うとベタベタ歩くような感じです。

歩き方はとても重要なです。踵からついて1番最後足の親指と人差し指が地面に当たるようなイメージがあれば足首が付けている証拠です

地面を踏みしめなくても構わないので指先がきっちりと地面に付いている感覚があれば大丈夫です。

以上3点がX脚を改善させるために必要なことです。これは基礎になりますのでここからお話しする内容をしっかりと行うようにしましょう。

 ②歩くときに必ず手を振る

2つ目のポイントは歩くときには必ず手を振るようにしましょう。当たり前に感じるかもしれませんが意識しながらいちど歩いてみて下さい。

おそらく意外と大手を振っていないと言う事実を知ることとなります。

X脚の方は方でバランスを取ろうとするので、体を前後に振るのではなく肩を左右に揺らしながら歩きます。

そうなると手を振らないので本来必要なバランスが取れなくなってしまいます。

自分では普通に振りすぎ違うかなと思う位が他の人から見たときにはちょうどいい位になります。

とは言ってもいきなり手を振ると言うのはなんとなく抵抗がある方もいらっしゃると思います。

ですのでここでも家族や友達に手を振って歩いている姿を見てもらいおかしくないかを確認してください。

ほとんどの場合自分の感覚だけでおかしいと言う事はまずないと思います。

手の振り方ですが前にたくさん振るのではなく後ろに引くような感じで振ってください。

日常生活で前の動作がたくさんありますが、後ろに引くと言うのはあまりありません。

振り子のようなイメージで後ろ側に振るように意識してください。

 

 ③膝を伸ばして歩く

歩き方とほとんど似ていますが、X脚の方は膝が内側に入っているため伸びきらない状態になっています。

膝が伸びない、手も振れないし、足も前に出ないし、内股も治らないし、全くいいことがありません。

意識的に膝を伸ばすと言うことも重要ですが、膝を伸ばすときに1番大切になっていくのが歩幅です。

いつも大きく足を出しているよりも1センチでも2センチでも構いませんので足を前に大きく出すようにしましょう。

そうすることで自然と内股が治っていくのでそれと同時に膝も伸ばしやすくなります。

立っている姿勢の時でも。1番でお話ししたような立ち方を行っていくと、自然と膝が伸びていくようになります。

以上がO脚を治すために絶対にしなければいけない3つの方法をお伝えしました。

 

まとめ

実際に読まれてみるとすごく難しい事はなかったと思います。

本当にこんなことでX脚がなるのかなと疑問に思った方もいらっしゃると思います。

しかし、実際にはこの3つの方法を気をつけるだけでもX脚を治すことが十分に可能です。

だまされたと思っていちどやっていただきたいです。

X脚と言うのは骨の変形でも病気でも怪我でも何でもありません。日常生活の積み重ねた結果が足に現れているだけです。

少しずつでも構いませんので、今回お話しした内容をぜひ日常の中で取り入れてください。

 

スポンサーリンク

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。