頭が痛い時に痛みを改善する為のおすすめ飲み物

スポンサーリンク

頭が痛くで日々の生活が辛いなど感じた事はありませんでしょうか? 

頭痛の原因は様々でそれに対応する対処方法もかなり変わってきます。

今回は頭痛になった時お勧めできる飲み物をご紹介したいと思います。

頭痛の種類によって飲み物の種類が異なります。

頭痛によっては飲んではいけないものとタイミングによって飲んでも良いものに分かれます。

それを知らないと逆に物の症状が強く出てしまうことがあります。

しっかりとした知識を理解するだけでも間違ったことをせずに済むので頭痛に困っているならこの記事を最後までお読みになり参考にしてください。

 

頭痛の種類

頭痛には3つの種類があります。

①緊張性頭痛

②片頭痛

③群発性頭痛

これら3つの種類が頭痛してあります。

簡単にそれぞれの違いをお話ししていきます。

 ①緊張性頭痛

よく緊張性頭痛は聞かれることが多いと思いますが、単純に肩こりが起こってしまい首こりが継続することによって頭痛を生じるのが緊張性頭痛です。

筋肉が硬くなってしまうことで血液の流れが極端に悪くなり、体がしんどくなってしまう状態のことをいいます。

非常にシンプルではあるのですが筋肉を緩めることによって痛みが改善します。

 

②片頭痛

片頭痛と言うのは両側に頭痛が出るのではなく、基本的に片側どちらかに出るのが特徴です。

緊張性頭痛とほぼ間逆の原因によって起こります。

どういうことかと言うと、緊張性頭痛は血液の流れが良くなると改善しますが、片頭痛になってしまうと血液の流れが急によくなってしまうと頭痛が出てしまいます。

この時点で何となく対処方法が違うと言うのがわかると思います。痛くなる状態が2つで違うからです。

片頭痛の原因として首のヘルニアがあったり頸椎症と言う首の症状がある場合は発症しやすいです。

この2つの物の目安として温めたときに痛くなるのが温めたときに反対にいたくなくなるのかでどの頭痛が出ているかを判断します。

 

 ③群発性頭痛

頭痛の中でもあまりなじみのない言葉だと思います。

郡発性頭痛とは決まった時間に決まった場所に頭痛が出てくるのが特徴です。

例えば夜に必ず頭痛が出てきたり睡眠を取った後に鈴が出てくる場合など何かをした後には必ず出ると言うようなイメージを持ってください。

この頭痛の特徴として男性に圧倒的に多いのが 1つです。

女性に比べると3倍から7倍程度多くなります。

上記の頭痛と違い非常に鋭く痛みがありこめかみ上から側頭部まで頭痛を感じます。

三叉神経痛のような痛みを感じで顔全体に痛みが出てしまう方も中にはいらっしゃいます。

特に飲酒と深い関係があり、アルコールをとると症状が強くなってしまう傾向にあります。

群発性頭痛の原因は実ははっきりと解明されていません。脳の血管が関係あるだろうと推測はされていますが断定的な原因と言うのは見つかっていません。

もう一つの創造として目の奥が非常に痛くなると言うようなものがあり、目の奥の血管で炎症が起きてしまうのでこめかみの上から目、ほっぺたまで痛みが出るとされています。

 

頭痛の原因

頭痛の原因は様々ですが、2つの頭痛の原因について解説していきます。

①緊張性頭痛の原因

緊張性頭痛の原因は肩こりや首こり姿勢の後によって起こることがほとんどです。

通常の肩こりとほとんど同じですが、凝り感が体中に出てしまい血液の流れを悪くしてしまうため頭に血流がいかずに痛みが出てしまうというのがメカニズムです。

緊張性頭痛は頭痛の中でもポピュラーではありますが、物だけでなく首や肩や肩甲骨周りまでしんどさを出してしまうのが大きな特徴です。

 

 ②片頭痛の原因

片頭痛の原因ははっきりとした理由がないのも1つの特徴です。1番大きいのはストレスと関係があるとされています。

片頭痛になるとこめかみに痛みを感じたり、目の奥が急激に痛くなったり人によっては吐き気で倒れてしまうと言う方もいらっしゃいます。

この頭痛の特徴として2つの原因があります。

1つ目が血管が拡張してしまって起こる頭痛

2つ目が三叉神経を圧迫してしまい起こる頭痛

どちらにしてもホルモンであるセロトニンが大量に放出されてしまいこれらを刺激して血液の流れが急激に良くなってしまい、周りの神経に炎症を引き起こしてしまうことが原因とされています。

セロトニンと言うのは血小板から放出されるものですが、それがたくさん放出されるためにストレスが非常に深い関係にあります。

ストレスが原因ですよと言われればでは何をすればいいの?という疑問が湧いてくると思いますが非常に難しい問題でまず自分が何にストレスを感じているのかを洗い出す必要があります。

ストレスの見つけ方や解消方法は別の記事でご紹介していきます。

 

以上が頭痛に対する知識となりますがここからはタイトルにもあるように飲み物についてお伝えしていきます。

緊張性頭痛に効果のある飲み物

緊張性頭痛は上記でご説明した通り筋肉の硬さによって起こってしまうのが特徴です。

緊張性頭痛を改善しようと思うと体の筋肉を緩める必要があります。

スポンサーリンク

いろいろな方法としてマッサージやストレッチなどもありますが、それ以外にも食べるもの飲み物を工夫することによって緊張性頭痛を改善させることができます。

 

 1番わかりやすい方法として暖かい地域でできる飲み物食べ物は基本的に体を冷やします。反対に寒い地域でできる飲み物食べ物は体を温めることができます。

飲み物に関しては色が濃いものほど体を冷やします。逆に色が薄いものほど体を温めます。

体を温める飲み物

  • 白湯生姜湯
  • ほうじ茶
  • たんぽぽ茶
  • ごぼう茶
  • レモンティー
  • ウーロン茶

これらの飲み物は基本的に体を温めます。お茶の中でも飲むと体を冷やすものもあるので注意が必要です。

体を冷やす飲み物

  • 牛乳
  • 豆乳
  • 清涼飲料水
  • コーヒー
  • 白ワイン
  • 緑茶
  • 麦茶

この中でも特に気をつけなければいけないのが清涼飲料水とコーヒーです。

清涼飲料水はジュースの事ですが食品添加物が原因で筋肉が硬くなってしまいます。

清涼飲料水を飲んで体に良い事は一切ありません。

添加物を丸呑みしているようなものなので緊張性頭痛があり体の筋肉が固い方には絶対に避けていただきたいものです。

次にコーヒーですが、コーヒーは基本的に暖かい地域からしか作ることができません。

コーヒーの原産国であるエチオピアやブラジルなどは1年中暑いですよね?

暑い地域でできる飲み物と言うのは体を冷やして体温をコントロールしようと言う働きがあります。

このような理由からコーヒーは体を冷やす飲み物とされています。1日に2杯から3杯以上飲まれる方は特に注意をしなければいけません。

飲み物1つでも大きく変わってくるので注意をしなければいけません。

効果のある飲み物を知ることも大切ですが、効果がない飲み物を理解することも重要です。

 

片頭痛に効果のある飲み物

次にお話をするのが片頭痛に効果のある飲み物です。

偏頭痛を改善するために必要な要素がビタミンB12とマグネシウムです。

これらが入っている飲み物を積極的に取ると解消することができます。

  • 豆乳
  • ココア
  • 常温のお水
  • 緑茶
  • 紅茶
  • ハーブティー

 

これらを見るとよくわかると思いますが、緊張性頭痛と反対の飲み物をとることが多いです。

緊張性頭痛は上記で血管が拡張することによって症状が改善をしますとご説明をしました。

それに対して偏頭痛と言うのは血管が収縮することによって頭痛が治まります。

ただし1つ気をつけるべきことがあります。

カフェインを摂りすぎると緊張性頭痛が反動として強く出てきてしまいます。

頭痛が改善する事は良い事なのですが、飲みすぎるとかえって症状を強く出してしまうのでノンカフェインなどを選ばれて取ることをおすすめします。

コーヒーも確かに効果がありますが落とす気をつけなければいけないことがあります。

血管を収縮させる作用がコーヒーにはあるので一時的に症状を改善させることができるのですが、飲みすぎると血管の拡張と収縮が何回も起きてしまうので帰って頭痛を酷くしてしまうことがあります。

コーヒーは基本的に1日1杯から2杯程度に抑えておきましょう。

 

群発性頭痛の治療方法

群発性頭痛は今のところ治療方法として薬を処方することが1番有効とされています。

ストレスの原因等が分かりカウンセリングや解消方法があると言うならばそちらを優先してもらえば良いのですが、全く自分の中で記憶がない場合は薬で抑えると言う方法が1番大切です。

 ストレスが全くないと言うのは非常に難しいかもしれませんが、何が原因でストレスを感じているということがわかるだけでも改善をさせることができます。

はっきりとあなたは緊張性頭痛あなたは偏頭痛あなたは群発性頭痛と言う区別が数字のように出るわけではないので、上記の飲み物を参考にしていただきながら試してみるのも1つの方法と考えています。

 

頭痛の危険性と鑑別

頭痛で1番気をつけなければいけないことが他の病気との鑑別診断です。鑑別診断をたくさん言うと非常に長くなりますので特徴的なものだけあげたいと思います。

 

  • ろれつが全く回らない
  • フラフラしてまっすぐに歩くこともできない
  • 普通に目を開けているだけでもまぶしくて目を開けることができない
  • 回転性のめまいがある
  • 左右で視界の見える場所が違う

 

このような症状が出た場合は単純な頭痛ではなく脳に異常をきたしている場合が多いです。

特に視界の見える場所が違うこととろれつが回らなくなってしまうと脳梗塞の可能性があります。

脳梗塞は頭痛を一緒に併発するため特に鑑別診断が必要になります。

上記のような症状が出れば飲み物がどうのこうのと言ってる場合ではありませんのですぐに脳外科に行くようにして検査を受けて下さい。

まとめ

今回は頭痛に対して有効な飲み物に関してお伝えをしていきました。

100%ではありませんが頭痛の鑑別診断もある程度はお伝えしています。

 1つの参考にしながら飲み物を変えると言うことも試していただきたいです。

実際の私が見た改善事例として、アルコールを毎日飲みコーヒーも1日3杯以上飲んでいた方が頭痛で毎日眠れない位の辛さがあったにもかかわらず、これらを改善することによって部数が全く出なくなったと言う事でもあります。

それくらい頭痛は飲み物と大きな関係性があります。

ぜひ今回の記事を読まれて参考にしてください。また周辺に同じようなことで困っている方がいらっしゃればこの記事をぜひ教えてあげて下さい。

 

スポンサーリンク

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

膝や腰が悪かった祖母を治してあげたい一心で幼少より治療家を目指す。 18歳から修行を始め順調にキャリアを積むも23歳で父親の体調に異変が。 必死に治療を続けるも症状は改善せず、結果ステージ4のガンが発覚 見つかった時には余命1年。涙が止まらないくらい後悔 後悔を糧に、妻と子供の協力を得て休日もセミナーや勉強会で技術を身につける。 全国の方にYouTubeを使って健康情報を発信し本を執筆。 健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も実施。